ステンドグラス悪童日記

昨日のこと

エミリー・ウングワレー展に行った。最終日だった。
絵のことを語る人は「マチスの絵の前では、自分が恥ずかしくなってしまう」(色彩感覚が凄すぎて)などと言ったりもするが、それほど理解力もないので単純な感想。
1回目は初期の点描が良かった。2回目は(また最初に戻って見る)それ以外の作品もよく思えてきた。見なれないものに慣れたのだろうか。見ながら次に行こうか、やっぱりもうちょっと見ていよう、と思える絵がいくつかあった。写真はその1つ。
アボリジニ(オーストラリアの先住民族)の話で「獲物が捕れたときは、遠く離れていてもそれが分かった」と聞いたことがある。それからから興味があり。民族音楽のCDを聞いたり「裸足の1500マイル」という映画を見た。オーストラリアのお土産は民芸品を頼む、一緒に撮ってみた。
出しゃばって出てきたワニ君、キミはハワイだろう。


璃房の窓から

19日から今日まで木曜以外は教室だった。作品展やエアコンの故障などで曜日を増やした。
昨日は、朝は10時から10時間ぶっとうしだった。前日が夜11時までだったのできつかった。
今日は4時半に教室が終わり、ちょっと横になったら1時間の深い眠りで、体の力が入らない。
起きて空を見たら綺麗だったので写してみた。遠くで雷がなっている。


璃房の夏

2週間壊れていたエアコンが新しい物に変わった。
小さくて不安だったが効きは良い。
エアコンが入ったにもかかわらず、使わず窓を開けている。
ワイルドさのない野生児のようだ。
扇風機とすだれには助けられた。
スイカを入れて夏って感じで撮ってみました。
スイカって久しぶり。
そういえばカルピスも最近見てないな~。


テレビの話

昨日は漢字の間違いを2回も指摘された。
週末は実家にいたのでテレビの話。
野茂はあっぱれ!だ。
 
桑田、清原に甲子園で投げ勝った投手が亡くなった。翌日の試合で投げた息子にグッときた。
石井啄郎の言葉につまった男泣きにも。
「時をかける少女」を見た。こんなにおもしろかったっけ?私の記憶の中では「転校生」と「謎の転校生」がブレンドされている。
ジブリのアニメが放送されると、生徒の女子高生ちゃんは決まって「先生見ましたか~」と聞いてくる。どれが好きか、誰が好きか?土曜に聞かれたので「ラピュタ」と答えた。
「ラピュタには男心をくすぐる何かがあるんだ」(大人の意見に興味津々だ)
「例えば、女の子が空から降ってくる」とか。(非現実的だ)
時をかける少女は学習しておいた話題にはついていける、女子高生ちゃんが昨日来たので
「時をかける少女見た~」と聞いてみた。
「え~そんなのやってたんですか」って・・・寂しかった。


猛暑

暑い。室温32度だ。
嬉しいこと、そうじゃないこと。
壊れていたエアコンが新品になる。   来週の木曜日には。
なので扇風機をネットで買った。コンビニ決済だと先払いなんだ~注文してから気がつき、3時までと言うから急いでコンビニに。(代引きだと1~2日遅れるというので)
少しでも涼しくなればとブルーのパネル。作品展用に作った。
販売もできるので売ってみようと思う。
グリーンの色違いも作った。それはアンケートの回答者へのプレゼント用。額に入れてアップします。


ランプにサンドブラスト

イタリアの風景をデザインしたランプを製作中の生徒が、窓をサンドブラストして欲しい、と言うので、アートスクールの先輩サンライト企画の東條さんにお願いをした。今回で2回目だ。
カッティングシートをカットして送り、サンドをかけて送り返してもらう。
そんな仕事はやってないかもしれないが、知り合いのよしみで、またお願いした。
サンドの機械がない人は、お問い合わせしてみては?相談に乗ってくれると思います。
ミクシーで技法と情報のコミュ二ティーを開設しているジュンさん。と言った方が分かるだろうか?
今日,届いたガラスを見て予想以上の出来上がりに,生徒も喜んでいた。
オパールセントのガラスにサンドブラストするので差がでるか不安はあったが、これは効果的だ、使えると思った。掘り方を見て,時間がかかったことは想像できる。ご苦労をおかけしました。
作品は8月の作品展に出展する予定。作品展の詳細は後日またブログにアップします。


私の反省癖

今日は朝5時前には工房にいた。
朝型に切り替えたいのだが、なかなか長続きしない。
朝、昨日のブログをチェックして思った。
相変わらず意地悪な感じの文だ。(悪い癖のようだ)
本当はアンケートの提案もうれしいし、アイスクリームを食べて「少し涼しくなった気がする」と言ってくれた生徒にも感謝の気持ちもあるのに。エアコンのこともっと謝っておけばよかった。
日曜日に仕事をするのが好きだ。ラジオはFMTOKYOに合わせる。バイトがいると福山雅治の番組が始まると「あ~始まっちゃった」とよからぬものが始まったみたいに言うが,午後は各番組楽しみにしている。
今日はちょっと浮気して,大槻ケンジと安斎肇がゲストの番組を聞いてオモシロかった。あの人間性?ちょっと変わった道を行くのが良いと思った。
今日も暑かった。窓を開けて短パン、タンクトップで作業した。
夜が明るくなって行くのが好きだ。朝型は3日は続くだろう。
写真は23㎝に切って,上から下に緩やかにカーブさせようと思ったが、切り終わって並べた時、青のイメージが直線の方が合うと思い直し,16㎝に切り直した所。


ガラスの耳

今日は暑かった。33度を超えたらしい。
こんな日に限ってエアコンが壊れている。(2台中の1台だが)
壊れている日に限って、大家さんが旅行中で。
そんな日に限ってハンダ付けの人が多く。
追い打ちをかけるようにフュージング用の窯を使う。
写真はアンティークガラスの端の部分。捨てるにはもったいないのでとっておいた。
教室展にプレゼント用につくるのと、1つはちゃんと作品にしようかな~。
教室展ではアンケートを配り、今後の作品作りの参考にするらしい。そのアンケートに答えた人に抽選で私が作った小作品をプレゼントするらしい。
はっきりしない言い方は、生徒の提案で私が動いているからだ。
(働されていると言ってもいい)
今日も、猛暑の中アイスクリームを買いに行った。
(自分から言い出したので,行かされたとは言えません)
生徒が帰った後,頂き物のメロンを1人で4分の1食べた。


生徒のステンドグラス作品

生徒が仕事を取ってきた。私にではなく自分でやっている。
デザインやガラスなど多少の相談は受けたが、ほとんど自分で考えた物だ。
最初はおおざっぱでルーターに頼りきりの仕事だったが、出来上がってみるとなかなか良かった。
私にはない、違うものを持っていると感じた。これが個性なのでしょうか。
ガラスはアンティークからヤカゲニー、スペクトラムの型ガラスまで、何でもありだ。
1000SPや1302SPとクラッケルのアンバーなどが相性が良く感じられた。
ケイムも6ミリから12ミリまで使った。
今日取付けが終わって、みんなからほめられたそうだ。
写真はいまいちかも、透過光だと綺麗なのだが。


昨日のこと

きのう鼻血が出た。鼻血なんて十何年ぶりだろう。
夕飯を買いに行く途中で、韓国人に(中国人かも)道を聞かれた。先月も韓国人に聞かれた。
知り合いの言葉を思い出した「道を聞く時は美人に聞く。その方が親切に教えてくれる」
ただ思い出しただけだ。
帰りは、明治公園で雷を見ていた。新宿の先の雷雲がピカピカすごかったので、買い物袋を2つぶら下げたまま、思わず立ち止まって見入ってしまった。
30m先にいたカップルが立ち上がって帰っていった。(君たちを見ていた訳じゃないんだ)
部屋に帰り、掃除洗濯、風呂、腹筋、2人目の恋人を額縁に入れた。
 
ビールを飲みながら、杉みき子の『小さな雪の町の物語』を読んだ。
やはり良かった。


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (125)
  • 施工例 (62)
  • 教室 (309)
  • 日々のこと (188)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2017年11月 (6)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up