ステンドグラス悪童日記

ステンドグラスパネル。生徒作品

今日,鍋の残り汁でおじやを作り,卵とじにしようと割ったらゆで卵だった。
美川憲一似のパネルを作った人の作品です。
花のガラスはスペクトラムを使用。高価なガラスじゃなくてもいい感じに仕上がったいます。
写真は撮ったが上下にいまいち自信がありません。
逆さまだったらごめんなさい。
家に取り付けますが,このサイズ(700×1130)で4枚目ぐらいです。
まだ入る所があるみたい。
どんな家だろう?


猫のステンドグラスパネル。生徒作品

ステンドグラスの日記なのにステンドのことを忘れがちな私のブログ・・・たまにはコメントを載せないといけないですね。
生徒作品です。かわいい猫だね。
話は変わるが,最近コーヒー豆がなくなるとタイミングよくもらえる。しかも欲しいその日に。3回連続だ。私の日頃の行いが、いかに良いかがうかがわれる。
最後に(一昨日)持ってきた人は実家が喫茶店で、自分で初めて焙煎したものだという。
璃房近くの靴屋さんで働く友人を訪ねたが留守だったので渡しそこなったらしい。だから飲んで、ってそんな正直に言わなくても・・
「五味さんの為に初めて煎ってみたの,お口に合えばうれしいけど~飲んでねっ♡」
ぐらい言われると私の無色の人生にほんのりと淡い色の光が灯るんですけど。
いや~もしかすると・・・
私に飲ませたかったのに,友人に持ってきたように、とは考えられなくはないだろうか。
そうに違いない。昔から女性の気持ちに鈍感だ。
私の無色の人生は,想像力の豊かさで多少カバーできる。


世の中では血液型の本が流行っているというが。

生徒思いの私は自分の仕事を後に回し、ガラス棚の整理をした。
メーカー別だった物を色別にしてみた。
大きい順並べると整理整頓された感じがする。
誰にも触って欲しくない。
だが在庫をかかえると明るく年が越せないので仕方ない。
そもそも生徒のためだった。よく、そこを忘れる。
ガラス棚にメーカーや色の指定,。価格は外側に向ける、などと書いた。
自己犠牲の精神を全面に出し,押し付けがましい私はA型だ。(性格は血液型に関係ないと思うが)細かいA型の私に管理される生徒も大変だ。父A母OなのでAOと言うらしい。
AOの私は、時としてO型のずぼらさもある。
けしてO型がずぼら、と言っている訳ではないのだが。
ちなみに私の周りにはB型が多い。
B型は世間では冷たくされているが嫌いではない。
B型の人は、過去いろんな場面で「ここはこうするだろう~」という予想をことごとく裏切ってきた。なので何も期待してないから楽である。
A型の繊細かつきめ細やかに人を思いやる姿は,私を見ているようでつらい気がする。
生徒の同意は得られないかもしれないが・・・


7時から飲み会なのに

前歯がとれた。
まだ仮歯だ。
とれたまま飲むか、差し込んで飲むか。
指で押したら入ったのでこのまま舌で押さえてもたせよう。
ポルシェはまだ見つかっていない。


早朝、マンションの外に出ると。

愛車のポルシェ(折りたたみ自転車)がなくなっていた。??
天使のいたずら?・・・ではないな。置いた場所がポッカリ空いている。
人を疑うことを知らない私はカギなどかけない。
朝のウォーキングはポルシェ探しの旅になった。
まずは駅だ。駐輪場にはない。次はマンション、早朝から自転車置き場を注意深く探している姿は自転車泥棒のようだ。
探しながら千駄ヶ谷の商店街にある下着屋の前を通ると(ランジェリーショップみたいなおしゃれな店ではない、ビニールに入ったグンゼYGとか売ってるお店)ウィンドウに上半身だけのマネキンがいて、ここ数年店に不似合いの紫セクシー系キャミソールをつけていた。っが今日ピンクのひらひらに変わっていた。いつも見かける60代ぐらいのおじさんが着せ変えているのか、おじさんの趣味を垣間みることができる。家族は止めないのか・・・
あれは若い娘ではなく,若作りの人が着るな~。など考えていて愛車のことをしばし忘れた。
私の集中力は邪念に弱い。
写真を撮る勇気はないので載せられないのが残念だ。
っで,私の自転車はいま何処?


デッサン教室と昨日の夢

昼・夜・朝・昼と鍋ではさすがに飽きた。
ヌードデッサンばかり張り切ってやってる訳じゃないので静物も載せてみた。
次で仕上げだが,めったに入らない予定が入ったので1週早く仕上げた。
今週は体験の方に1000円おつりを少なく渡してしまった.すぐに気が付いたので良かったが・・・これも天使のいたずら。。のせいにしてはいけないことです。すみません。
ブログに12年が過ぎ,13年目に入りました。と書いたが、14年目だった。
ま~これぐらいの間違いならいいか。
昨日、父の夢を見た(亡くなってはいない)箸を投げつけて怒ってしまった。
しばらくして,声を出して泣き始めた。途中から泣いているのは母に変わった。そんな夢。
1~2ヶ月前,急に父が子供の頃に行った家族旅行の話をしだした。
確か三重に行った時か,ホテルを探して車をゆっくり走らせていると,旅行者と気付いてかお婆さんが、「うちの旅館はいかがですか?」と話しかけてきた。父は部屋の広さを聞き、「それじゃあダメだ。」と車を走らせた。私は後ろを振り向きながら、お婆さんが悲しそうな顔をしてるのを見ていた。「あのお婆さんがかわいそう」父の方へ向き直りそう言うと「狭くてもいいか?」「狭くてもいい」そんなことでそこに泊まった。
もう30年以上前の話だ。昔しは優しかった息子を思い出していたのだろう。最近は怒りっぱなしだ。
真夜中だけはいつも素直に反省するのだが。


味は悪くないが見た目がね~

フランスへステンド留学がほぼ決まりそうな女子高生ちゃん。
ライバル関係のボクちゃんより有利な立場にある。
そんな2人が昨日久しぶりに顔を合わせてチクチクやっていた。
「ボクちゃんさんでもゴキブリ怖がるんですか~」
「(八王子の女子校生ちゃん家は)カブトムシが玄関に飛んで来るでしょう」
そんな話をしていたら,ゴキブリが現れた。(仕込んだ訳じゃない)
殺虫剤で格闘するボクちゃん。
「この殺虫剤ハエ・蚊ようじゃないですか~」(文句を言うな!)
「ゴキブリと格闘する男って素敵」ッと女性に言われ机の下に逃げ込んだゴキブリに追い打ちをかける。もう少し若いOLに言われるなら私も張り切るのだが(M見てたら許せ)
それを横目で見ながら,他人事とクールに作業する男性生徒。年末に結婚する自分達のウェルカムボード作りに夢中、デザインはハートがいっぱいだ。
「またブログに書かれるよ」って書けと言わんばかりに自称ニートちゃんが言うので書いた。
昔バイト先のビデオ屋で「笑顔がない」とチェックしにきた人に言われたそうである。
君なら笑顔無しでも大丈夫。ってここで人妻口説いてどうする?
いろんな生徒がいる。
あ~そう言えば、女子校生ちゃんが帰ってから「あの中学生」ってボクちゃんが言ってた。
私が言わなければ知られないらしい・・・言いはしない。
そんな私の昼飯は今期初の1人鍋。旬のキノコに魚、あと寂しさのエッセンス。
これで明日の昼まで大丈夫。ただ見た目がね~。


10月7日は設立記念日

10月7日で璃房を設立して12年が過ぎた。13年目に突入。
毎年何かの節目には時報とともに目標など決めるのだが,生徒からメールをもらうまで忘れていた。
『恋人は仕事』の私が誕生日を忘れるなんて・・・
正確に言うと数日前まで憶えていたのだが。言い訳してもしょうがない。
きっと結婚したら結婚記念日も忘れるな~。
「そんな心配より結婚の心配が先だろう。」
突っこまれる前に自分で言ってみた。


天気のいい日は!

写真のように布団を干す。
ま~どうでもいい話だが・・・
明治公園では,園児がワムの歌でおゆうぎの練習をしていた。(チューチューチュッ.曲名はフリーダムだったか?)
1列に並び1人おきに右、左と交互に体を傾け、青や黄色のぽんぽんを振りながらリズムを取る。あまりのかわいさに立ち止まって見ていた。
ブログにと思い写真を撮ろうとしたが,父兄がいたのでやめた。
変な人だと思われても困るし。
ちゃんとした所で働いているサラリーマン風には見えないよね~。などと考えながら、気持ちの良い天気の中,近所の茶店にミートソースのスパゲティーを食べに行った。


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (125)
  • 施工例 (62)
  • 教室 (309)
  • 日々のこと (188)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2017年11月 (6)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up