• TOP
  •  > 
  • 2009年

ステンドグラス悪童日記

今年もお世話になりました。

 しばらくブログは放置プレイ。

去年の今頃は掃除しながら毎日書いていた・・・
大晦日の昼食はペヤングソース焼きそばだった。
今年も大殺界、後厄のわりに良い年が過ごせたような気がしてます。
(残り数時間で何もなければ)
年末の飲み会で「やっと後厄と大殺界が終わる」と言った私に。
「先生、水星マイナスはあと1年あるよ」
「えっ、うそっ!」
占いは悪いことだけ信じる。(何度も言うが)
疑うことを知らない素直な性格、自己暗示にもかかりやすい。
教えてくれなければよかったのに~。
でも、この程度なら来年も平気そう。
来年もくだらないこと書いてます。
きっと。
今年もありがとうございました。
では良いお年をお過ごしください。

ステンドグラス体験教室。山梨県甲府。

師走のマインドコントロールにはまって何かと忙しい。気がする。

免疫力が落ちた私は、イブに向け多くの女性達に狙われている唇にヘルペスができた。
山梨県の甲府教室の生徒作品
091220_110904.jpg
ウェルカムボードです。甲府教室は月2回なので、一気に進むことができませんがよくできました。
来年1月17日(日)13時30分~山交百貨店5Fで体験教室をします。
興味のある人はぜひ参加してください。
091220_112439.jpg
花のモチーフ。1500円。
他にも3000円のミラー~7500円のテーブルランプまで。
宝石箱もサンプルが出来たらアップします。
写真の花は、青山教室ではできません。
当日はイケメン講師(甲府火曜担当)と自称イケメン講師の私がお相手致します。
(去年もこんなこと書いたな~)
今、甲府教室は5人です。もう少し増えるといいなと思います。

ヒュージングのフリット制作。

 JINを携帯電話で見た。10時過ぎに電池が切れた。(中谷美紀があかんべーした頃)

最後はどうなったのだろう?

金曜は生徒の木村さんの工房(親の会社)に行った。
がらすらんどで一緒にガラスを見た後、電車で2時間の所、車で4時間で送ってもらう。(渋滞で)
091218_190338.jpg
私のより大きい窯。部品を製作中
091218_185640.jpg
ヒュージング用のフリットも自分で作る(砕く機械がある)
ガラスは粒の大きさで几帳面に分けられている(意外だ!)
091218_190811.jpg
こちらはアロマランプの試作品です。ベースも自分で作っています。
機械で金属盤の文字をくり抜いたり、スランピングしたり。
木村さんは2回連続で美術展に入賞しています。
教室には数ヶ月に1度、作業はせずずっとしゃべりに来ます。
ここで試行錯誤しながらいろいろとやってる『やるな~』と感心しました。
木村さんは、ジローラモとラッキー池田を足した感じです。

みかんの配り方。と生徒作品。

前回、『なんか書き忘れていた』と思ったこと。

新聞での記事で・・・。
子供の頃『地図でエッチな地名を探して喜んだ』そんな経験は誰にでもあるものらしい。
私はそんなバカな子ではなかったので辞書で調べては喜んでいた。
大人になり、その地名を訪ねた人の本が出版されたらしい。
バヌアツの『エロマンガ島』
バリ島の『キンタマー二高原』(ここで吹き出してしまった)
日本にも『やりきれない川』(友達になれそうな川だ)や『珍小島』などあるらしい。
「どこ出身?」
「珍小島」
「えっ?どこ?」
「ち・ん・◯・じ・ま!」
乙女も口に出すのかな。
ま~会話風にするなって。
そんな地名を国内外100ヶ所以上も訪ねたらしい。
時間の無駄づかいだ。嫌いな生き方ではない。
(こんなことを書きたかったのかー。)
教室では毎年生徒の実家で収穫したみかんを送ってもらう。
今年2回目で前回より大きい。
いつもは3つずつあげたが、土曜まで持たないと思い「ここで食べるだけね」と言った。
「なんでここで食べるだけなの?意味分からない」と生徒の言葉に(ムカッ)
「土曜まで持たないじゃん」(ちょっと強め言う)
優しい先生で通している私の反応に、別の生徒が『チラッ』と見た。
(落ち着けみかんじゃないか)
帰り間際にも。
「なんでここで食べるだけなの?意味分からない」(カチン!)
「大きいから土曜までもたないじゃん」と強めに言い。(落ち着けみかんだ)
「みんなに行き渡るように」に徐々に弱めて行き。(みかんが1個か3個かだ)
言い終わる所でいつもの口調に戻し着地した。
だいたい私が生徒と言い争う時は、飲み会をドタキャンしたとかそんなレベルが多い。
ブログのネタにされても怒るな生徒よ。。人間が小さいのは父親ゆずりだ。
昨日できた生徒作品
091215_140700.jpg
顔が分かりづらいがフュージングしてあります。クマじゃありません
(間違われていた)
091215_133817.jpg
この時期の定番。カラフルにしても無色でも綺麗ですね。
誰とイブを過ごすのでしょうか?(なんて聞けません)
091215_204907.jpg
初めてのテファニーランプ。
花と背景はヤカゲニーのSPです。落ち着いた感じになります。
「君の可愛さは5つ星なのでみかん5つ」なんて言ってみたい・・・

ステンドグラス作品。教室。

 私のカレー鍋は『ねとっ』としている所が中年男性を連想させるらしい。

(私がではなく、鍋の写真の雰囲気が)
(かれい臭ってギャグを思いついた、が辞めた。)
リベンジのリベンジ。昨日はブイヤベース鍋。
チキンとニンニク、鷹の爪で煮込んだ後。エビやカキ、白子を入れた。美味かった。
これで丸1週間鍋だ。明日の朝まである。
『こういうしつこい性格がいけないのかな』
生徒作品です。
  
091209_213513.jpg091208_121910.jpg
091208_120104.jpg091208_194703.jpg
小さいランプは壁に映った色が綺麗ですね。
バラはワーデンのモールド。初めての大作で仕上げるのに苦労していました。
ヒマワリはお酒の瓶に穴をあけ、ダイオードも自分で配線。
璃房最高齢のおじいちゃんの作品。次も酒瓶です。

カレー鍋

いつも何かが1味足りない。               
                                    

091207_205201.jpg

                                                                                  鶏ガラを入れてみた。
泡だらけになった。
091207_213514.jpg
生徒が『トマトも丸ごと入れた』そんな言葉を思い出し入れた。
出来上がった鍋はおいしそうじゃない。
月~水曜まで食べた。工房はカレー臭かった。
木曜にリベンジ。今度はキムチ豆乳鍋、白菜はもう飽きた。キャベツで。
カボチャは溶け出し、ニンニクスライスは入れ過ぎて部屋にいると目が痛い程だ。
091210_132418.jpg
やはり何か足りないな。愛情かな。
「愛情を込めると、本当に料理がおいしくなるのよ」
と本の中で、ボルシチを作る主人公に母親が言っていた。
そうか~込めるのか。受け取るばかりだったな。
明日の朝まで鍋が残っている。キムチ鍋なのにカレー鍋のもとも入れてしまった。
土曜の教室もカレー臭い。
マイブームが終わるまで我慢して欲しい。

ステンドグラス作品。教室。

 今日は生徒お勧めのカレー鍋をしようと、近所の低農薬八百屋で白菜だけを購入。残りの具材をスーパーに買いに行く途中、カレーが食べたくなりカレー弁当を買ってしまった。

先週、後輩の黙禁会(作品展)を見に行った。
『アートスクール卒なの、私もだよ。頑張ってるね~」
などとフレンドリーに話しかけられる性格ではなく、話したいが帰ってしまった。
私に話しかけるなオーラが出てるのかな~昔からそう感じることがある。
週末、ベテラン生徒と飲む。(現役3名、OB3名と私)
「もう月謝下げろと言わないから、ごちそうさま~」
(おごれっと‥そりゃ~OBに月謝は関係ないだろう)
バルサミコをチョコレートと言っては突っ込まれ。
クロワッサンにバターを塗ろうとして制止される。
生徒は私がツッコミを入れられると喜ぶと思っている。
私は生徒が喜ぶのを裏切らないように日々過ごしている。
最近の生徒作品。
091128_143242.jpg
      
モールドは田中アートグラスで購入。いろんな色で試してもいいですね。
ベースになる部分を木の幹で立体的にしてもいいし、目玉を眠そうにしてもいい。
レインボーフクロウもいいかも。(7色。よくないか・・・)
091202_152645.jpg
入会して9ヶ月目の生徒作品。3作品目かな?細かいカットは大変そうでした。
背景の乳白色と透明ブルーの差がはっきりしていて綺麗でした。写真は陽が落ちかけた頃なので色が分かりにくいかな。
白菜どうしよう。

ミニストップで・・・

 コーヒー頼んで驚いた!

「てっ!」(山梨式驚き方)
『何度でも使えるCOFFEE PASS』
120円で28日まで何杯でも飲めるカードをもらう。
「これって、明日来ても飲めるの?」確認してしまった。
1日1回とも書いてない。
じゃあ毎日でも1日2回でも、お盆を持って生徒分でも・・・悪知恵駆け巡る。
こ・れ・は~デフレだ。喜んでばかりはいられないのだろう。
不景気だのデフレだの言われるたびに思う。
『真面目な仕事をしていれば大丈夫。』
表面的不安症候群科潜在的楽観者属ホモサピエンスの私だ。って長い。
ちなみにWikipediaでホモサピエンス(ひと)最後まで読むと面白い。
水曜の教室が終わり、ビールを飲みながらクールダウン。パソコンに向かう。
ま~どうでもいい話だが、無感動男がYouTube – ネタでも泣けるなど見ていた。
クールダウンも終わった・・・帰ろっ。

ステンドグラス作品。教室

続けて生徒作品です。
                        091017_132230.jpg091028_104848.jpg091028_162429.jpg091017_160741.jpg

どうやったら写真のサイズ変えれるのかな?いまだに使いこなせず。

私が現代に生きのは難しい。
先週ですが、川奈ステンドグラス美術館とグラスマレライミュージアムに行きました。正直それほど期待はしていませんでしたが良かったです。
川奈は予想より多く作品があった。マレライはシャフラットの作品以外にも日本の作家5~6人の作品がありました。入館料はステンドグラス経験者は400円、経験のない観光客は無料でした。私は払うつもりなく見ていましたが、『これだけ集めたのだから・・・』っと見終わってからお支払いしました。
ついでに
アンモナイト博物館、
アフリカンアートギャラリー
池田20世紀美術館
を巡りました。
化石は面白みがあり、池田美術館は思った以上に良く、企画展の王舒野展も見ごたえありました。
アフリカンはリサイクルアートも同時開催していましたが、なぜ?って感じ・・見せ方は残念でした。純粋にアフリカンアートだけで良かったのに・・・。
伊豆はB級美術館の宝庫。見てはいませんが他には。
ジュディオング資料館
岩崎宇宙美術館   
怪しい少年少女博物館(何、置くんだ?)
また伊豆に行っても~ たぶん行かないな。(宇宙には興味あり)
長くなりますが、日曜テレビのこと。
魁皇の勝ち越したのにうれしそうじゃない顔が印象的でした。
全体的にあんな冷めた大相撲は最近ないと思う。しらけ具合は鶴竜で最高潮(最低潮?)に達し、最後の朝青龍のやる気に少し救われた気がした。
ボクシングは内藤にプレッシャーがあったのかな?
亀田は左が当たるのを分かってたし、良く見えていた。戦術があった亀田に対し内藤は左が来るという警戒が甘かった(予想以上に早かったのかな?)動きに年齢差は感じないので、対策を練ってもう1度戦って欲しい。
JINを見た。生徒に人気の大沢たかおはどの役も同じだが、内野聖陽は役の幅が広いと感じた。中谷美紀もすごみがでてきたと思う。
ついでに、ジョージアのクリスマスバージョンのCMは好きだ。
一気に書き過ぎた。

最近の生徒作品

091028_134113.jpg091111_125740.jpg091111_161855.jpg091117_142248.jpg091117_180948.jpg091104_140611.jpgやっと画像の入れ方覚えたよ~。でも位置の動かし方がいまいちだ。

なんかぎこちないブログになってる。

プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (126)
  • 施工例 (65)
  • 教室 (311)
  • 日々のこと (189)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2017年12月 (6)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up