ステンドグラス悪童日記

ティファニーランプ。

 昨日はカズのゴールに熱くなる。

ワールドカップのゴールより喜んでしまった。
生徒作品です。最近の作品からティファニーランプを集めてみました。
IMG_1257.jpg
背景の色がいいですね。
IMG_1252.jpg
色の差がハッキリしていい感じです。
IMG_1317.jpg
ベースがなかったので電球を入れて写真だけ。あやしい感じですね。
ブログもサボり気味でコメント短め。
今週の平日教室はお休みです。
明るいうちに出て、暗くなったら帰ります。
 
私の工房と住まいがある区は計画停電もなく、食料にも困ることはありません。
被災について何か言いたいのですが軽く感じてしまい、言葉もみつけられません。
今日ラジオから被災地に向けた『ひかりのまち』って曲が流れ、いい曲だと思いました。

蓮とカキツバタのステンドグラス。

 門灯を花のデザインのステンドグラスに作り替え。

元はプラスチックが嵌ってました。
IMG_1299.jpg
背景のガラスはココモ、花 葉はヤカゲニーです。
角や下など色を変えようか迷いましたが同じ白で。
真ん中のボーダーだけ、淡い色が入ってます。
IMG_1297.jpg
蓮の花にはココモとウロボロス、葉は淡い緑のグラデーション。
名前入りです。
ご希望は昭和初期風でしたが、いい花の形があったので提案したら通りました。
取り付けた写真。
110313_213835.jpg
110313_213859.jpg
今はお寺の蓮をデザインしています。シンプルに描き直し。
知合いの作品で散華って言葉をしりました。
仏さんの供養にまき散らす花びら。
そんな意味合いのものが入ってもいいのかも。
今、静岡震源の地震がありました。
どうなるのかな,嫌な感じです。

丁稚奉公ちゃん。来る。

 ある日突然メールがきた。

『そちらで使ってくれ、給与はいらない』みたいな内容だ。
どこの誰かは知らないし・・・(表現として,大阪人です)
最初は男か女かも分からなかった。
でも、なんかおもしろいかも。お互いの為になればと先週から来てます。
最初はパネルの拡大から。
10分の1のデザイン画を10倍する。のだが・・・10㎝間違ってる。(おいおいっ)
今日はルーターで合わせるのとコパー巻き。
ゆっくりでいいから丁寧にやってもらってます。
IMG_1289.jpg
燕子花の門灯。ある程度お任せなのでデザイン画にない葉を追加(右の尖った形)
IMG_1290.jpg
こちらは蓮。ちょうど他のデザインで描いていたのでいい形がとれました。
こちらは淡い色調。透かすと緑,青は白に近くなります。
白に近くなり過ぎたピンクは色を合わせながらきり直し。
ステンドグラスを習うのにもっといい所はあるかもしれない。
っていうよりあるのだろう。でもここに来てしまったのだから,ここのやり方で少し頑張ってみてください。
そんなことを考えながら、いっこうに良くならないTHE K-? SK-?の心配もしているこの頃です。

プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (125)
  • 施工例 (62)
  • 教室 (309)
  • 日々のこと (188)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2017年11月 (6)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up