ステンドグラス悪童日記

ローズブッシュ

璃房の生徒さんには福山ファンが多いのですが、結婚しましたね。

だいたいこういう場合祝福されないことが多いのですが、今回は相手が良かったかも。
福山も良い人見つけたな、っと思いました。
上から目線もなんですが。
今できたばかりの生徒作品です。
ローズブッシュ ステンドグラス
前にも途中経過を紹介したバラのランプです。
ヤカゲニーのガラスを花に、ウロボロスを葉に使っています。
紫色は探すのに苦労しますね。
難しい色を良く組み合わせました。ガラスの濃淡も上手に取れています。
ベースも定番ですね。よく合っています。
それにしても千原ジュニアは天性のお笑い気質、というかお笑い運持ってますね。

バラのステンドグラス。制作過程

東向の陽当たりの良い窓で、透明のガラスがご希望です。
取付けると、朝日がステンドグラスを通して壁に映り綺麗だと思います。

ガラスカットが終わると色検査をします。

ステンドグラスの色検査

色合いを見て濃すぎたガラスを切り直します。

ステンドグラスの色検査

色合いが合えば組み始めます。バラは6ミリのケイムで。
その他5〜12ミリ使用(10、12ミリは真鍮入り、強度があります)
正確にガラスカットし隙間なく組めば自然に強くなります。
強度を保ついろんな工法はあっても、基本は当たり前なことです。

ケイムの組

割れる可能性があるので、ハンダが漏れないように紙を挟みます。

ハンダ付け

パテは指詰めした後、ヘラで再度押し込みます。
左右と下に鉄柱をはめ込み、仕上は馬毛ブラシで磨き薬品は使いません。

長く大切にされるように、丈夫な作りになっています。


バラのデザイン画

新築の階段にバラのステンドグラスをご依頼いただきました。サイズ360X900㎜ 2枚。
デザインはアールデコ調なものか、2枚がつながり1枚のデザインになるもの。
青と赤の色をご希望です。ご予算は30〜40万円(価格記載のご了解を得ています)

こちらのご提案も含め3パターン描きました。

2枚がつながったデザイン。円形にラインをつなげた線上にバラの花が咲きます。
ピンクの濃淡で描きました。花が多いので周りの青はシンプルに。

ステンドグラス バラ

赤いバラを単純な形にしてシンプルなデザインで。ご希望の赤と青を使います。このデザインならブルー以外はマシンメイドで綺麗に仕上がります。

ステンドグラスのデザイン画

赤や青は使いませんが、白い壁に木目の枠があるなら、こんな色合いのデザインも落ち着いて良いとご提案しました。円が重なってバラを囲みます。

ステンドグラス バラの図案

どの案アンティークガラスを使ってもご予算内におさまります。
強いケイムを使い、価格以上の価値はあると思って作っています。

お見積りです。アンティークガラス(かっこ内はマシンメイド使用の場合)どちらも選べます。
A案  390000円(327000円)
B案  339000円(276000円)
C案  356000円(293000円)

取付は業者さん。梱包送料はプラス1万円です。

デザインはつながりのあるバラに決定です。アンティークガラスを使います。
花の色は赤。ボーダーの青はランダムな感じでいろんな色を、葉の色も多くの色を使いたいとのリクエストです。バラにはオレンジがかった色、ピンクの濃淡もご希望です。

ステンドグラス バラ 図案

色を使い過ぎているので背景のグリーンは使わず無色透明で。花、蕾の形は拡大する時にもう少し良い形に変更します。


クロッカスコーン。ティファニーランプ

 今日の地震は縦揺れでした。

「震源浅いね、70mだって」と妻
「70キロmやで~地下鉄走ってるわ」(それほど深くはないみたいだが)
関西人はどこまでが本気かボケか分かりません。

ステンドグラス教室、生徒作品です。

ティファニーランプの型クロッカスコーン14インチです。
ドッグウッド。ティファニーランプ
背景は白から紫、青へ変わっていきます。
ウロボロスのガラスを使っています。アップ。
クロッカスコーン。ティファニーランプ
青、黄、緑のハッキリした色合いも良いですね。コパーも細めで巻いています。
もう1つドッグウッド7インチです。
この型は人気がありますね。プレゼント用に制作しました。
ピンクの花芯も効果的です。
秋です。長く続く習い事を始めませんか?
お待ちしています。

金魚のステンドグラス

今週の教室で生徒さんに。
「先生の顔見たら月謝払うの思い出した」といわれました。
金金金って顔に書いてあったでしょうか? 気をつけよう。
そんな顔の講師に教わる生徒作品です。
前回の金魚に続きもう1つのオリジナル金魚。今年入会の生徒さんです。
金魚のステンドグラス
黒いのは出目金でしょうか?曲線ばっかりでたいへんでしたね。
こちらは金魚。の風鈴がついたサンキャッチャー。
風鈴のステンドグラス
だいぶ涼しくなってから出来上がりました。
魚つながりでヒラメ、だっけ?
魚のステンドグラス
周りにボールチェーンで縁取りました。
意表をつくモチーフ!いろんなデザインで作りたがるものですね。
魚と言えば、魚嫌いな妻と逆で魚好きなチビ「ととっ、ととっ」とせがみます。
チビのおかげで、おこぼれの魚が食べれるようになりました。

生徒作品

 近所にテレビカメラがたくさん来ています。

五輪エンブレムで話題の事務所が、お気に入りの弁当屋に行く途中にあったなんて。
でもちょっと騒ぎ過ぎでは?
この際TTPで(環太平洋戦略経済連携協定ではなく)『徹底的にパクれ』
キャラクターはミッフィーとキティを混ぜたミキティで。
昨日仕上がった生徒作品です。
こんな話題の後でなんですが・・・
昭和の名品から、参考というよりそのままに近いですが。
ステンドグラス 金魚
色合いがいいですね。
時期は過ぎましたがアジサイです。
梅雨のように雨が降るので今でもいいのかな。
ステンドグラス アジサイ
このタイプは壁に映り綺麗です。いつも良い出来に仕上がります。
小さな馬もできました。
ステンドグラス 馬
背景がフロートなのがいいですね。
いろいろ問題のある東京五輪。
競技場も最初の案で良いと思います。
新しい案より、予算も工夫次第じゃないのかな。

プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (125)
  • 施工例 (62)
  • 教室 (309)
  • 日々のこと (188)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2017年11月 (6)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up