ステンドグラス悪童日記

カメのデザイン

仕事の依頼が来た時、どんな物がお好みかイメージや写真など見せていただきます。

今回はカメの親子を過去に制作した鳥の雰囲気で、とハッキリしていました。

カメのステンドグラス

向い合う構図でしたが、もう1歩踏み込めそうな時には別のご提案をします。
子が自由に泳ぎ、親が見守る姿も子を大切に思う気持ちが表現できるのでは。
海の中まで陽が差し込み、海中から見上げる構図も描いてみました。

元になった鳥のステンドグラスです。

鳥のステンドグラス

ご希望をお聞きしながら描き直します。

カメのステンドグラス。デザイン画

円を2重にし、より円の中が映えます。

デザインは向かい合う構図に決定です。

カメのデザイン画

2月のご注文でゆっくりご提案できました。
生徒さんにはカメの本を4〜5冊借り、水族館ではカメばかり撮影。
ロンデル(円い吹きガラス)も3月には作家さんの1点物を仕入れました。

ケイムに変化をつけ、8〜9月には完成です。


ムンクの叫び

昨日は尾崎豊の息子が歌っていました。

 

あまった ガ ラ ス で つくり~だす~

 

生徒作品です。

 

暑いと叫びたくなるのでしょうか。

ムンクの叫びです。

 

ムンクのステンドグラス

 

よくできてますね~。

アップ。

 

ムンク ステンドグラス

 

これ、あまったガラスで作っています。

あんなに爽やかだった水仙の花や背景もこんな風になるんだね。

 

あまった ガ ラ スで~ のメロディーは15の夜のイメージ、って誰が分かるのだろう?

 

 

 

 

 


教室作品

あっという間に半年が過ぎ

ブログの更新も忘れがち。

 

生徒作品です。

 

リンゴの円いパネルです。

 

リンゴのステンドグラス

 

これ20センチぐらいの小さいものです。

細かくて大変でした。

 

フォトフレーム。

ご自身の写真や絵を入れます。

 

フォトフレーム

 

シンプルなデザインに白い枠が合ってますね。

 

中の絵もすごい!

 

ムンク

 

淡い色の背景に縦に切った紙を貼付けています。

どうやって作ったの?

 


ケイムのパネル

昨日は表参道の個展へ行ってきました。

アートスクールの1期後輩(でも年上)お話しした記憶はほとんどなかったのですが、居心地も良く家族で長居してしまいました。

絵付けの作品が多く、あ~頑張っているな~って。個展しなきゃ。

 

帰りのキャットストリートでは、黒いマント姿に亀の子タワシを3匹?紐付けて散歩させている人がいました。

昨日は暑かったから・・・

「カメさん、カメさん」とチビが後を続きたがりました。

御苑でも男性カップルの後をつけていたみたい。

行って欲しくない所に行きたがります。

 

生徒作品です。

ケイムで作った大きなパネル。

 

ステンドグラスパネル

 

アンティークガラスとココモなどを組み合わせています

ロンデルも使って円形を組み合わせたデザインです。

 

ステンドグラス

 

落ちついた色と、華やかな色の組み合わせ。

教室では、いろんな人の感性が見えます。

 

小さい作品も。

 

 

人にあげるみたいです。

とても手がかかっています。

 

知らなかったけど7月2日はタワシの日、みたいです。

だから?

 

 


幾何学模様のステンドグラス

作家から依頼されたステンドグラスが完成です。今日、引き渡しました。

全てアンティークガラスを使用しています。
背景に光に照らされた葉などがあると綺麗です。

ステンドグラス アンティーク

写真でも綺麗ですが、実物はもっと綺麗です。
明るくて色、質感がとんでいますが、暗くても重量感を感じます。

ステンドグラス アンティーク

透明度が高いので光りに透かすと壁に映ります。

ステンドグラス アンティーク

感性が合わない所にはお願いできない
また一緒に作りたいと言われました。
とてもありがたいです。

9日からの個展に飾られます。

サイズh748w439


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (125)
  • 施工例 (62)
  • 教室 (309)
  • 日々のこと (188)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2017年11月 (6)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up