• TOP
  •  > 
  • ステンドグラス悪童日記

ステンドグラス悪童日記

ERIKO MATSUURA ステンドグラス展

熊本でステンドグラス制作・教室をしている松浦さんの初個展です。
数年前に独立して南阿蘇で工房を持ちました。
パネルの依頼やステンドグラス体験もできます。

2019年5月14日〜19日 9:00〜17:00(最終日は16時)
熊本県伝統工芸館2階展示室A
熊本市中央区千葉城町3−35

璃房にいた時には1日朝から晩まで制作していました。
縁のない熊本に行って1から始めています。
普段の作品はホームページやインスタグラムをご覧ください。

『エリ ステンドグラス』(←クリックしてください)

展示とは関係ありませんが、今週の教室で熊本城ができたので。

とても小さい作品です。網入りガラスの目で分かりますね。


モンドリアンのステンドグラス

連休はいつも通りの教室。
1日だけ日帰りで、山梨にある母の墓参りに行きました。

中央線で八王子を過ぎると、電車は山あいを行くのですが、この季節は新緑が綺麗で若草色というより、少し渋い感じの裏葉色の山並でした。
ぼ〜っと見ているだけで、気分が落着きます。必要な時間ですね。

今日届いた、生徒さんの実家新築の為に設置したステンドグラスです。

モンドリアン風のデザイン。生徒さんが描きました。
ケイムの太さに強弱をつけ、上下に共通性があるようにデザイン。

設置後は部屋がモダンに見えますね。
もう1枚は月下美人で製作中!

20年前にいた生徒さん作です。1度辞めて10数年ぶりに再開しました。
当時はアラサーだったな〜2人とも。

30年ぶりにステンドグラスを再開するっていう人も入ってきました。(他教室から)


令和最初のステンドグラス教室。

先週、話題に上がったうなぎパイ「あなごパイはないの?」と言って1人にだけウケた。
そしたら今日、しらすパイを貰った。『昼のお菓子、しらすパイ』と書いてある。
まさかと思い検索すると『朝のお菓子、すっぽんパイ』があった。
イメージとは違い四角形で淡白な見た目。
すっぽんなら真夜中もしくは『特別な夜のお菓子、すっぽんパイ』の方がキャッチでは
世に出せるギリギリのフォルムで。

生徒作品です。

今日が令和最初のステンドグラス教室。
連休中に力作が仕上がりました。

バラのウェルカムボード

良い色使いですね。エッチングクリームでミラーに文字を書いています。

バラのパネル。どこかで見たような。

私のサンプルを真似しました。ガラスはフリモントの高級ガラスも使用しています。

顔のパネル。個性的ですね。

そんな気はないかもしれませんが、メドゥーサのように感じます。

爽やかなランプ。

6分割をつけるのは大変でした。

昨日は高島屋に行って時代越しソバを食べる。

蕎麦にステーキというセット。(蕎麦とステーキって)
平成最後だからいいか。
蕎麦が700円前後だとすると、このステーキは〜?
うわ高っ!と計算してしまう。貧乏人感覚が抜けない。
っていうか、抜けるも抜けないも、そもそも感覚どおりだもの。

ゆく時代くる時代を見ながら新しい時代を迎えました。
令和もよろしくお願いいたします。


平成最後のステンドグラス教室。

今日の昼の教室、夜の生徒さんも入り交じりいつもと違った感じです。

平成元年生まれの生徒さんに「どう過ごすの?」と聞くと。
「平成最後と令和最初の日の御朱印をもらいに行きます」って。
渋い趣味だね。

生徒作品です。
14インチの水仙です。

アップ。

花はリップル。カットが大変でしたね。
ボーダーのオセアナグラニドも効いています。

こちらは7インチのドッグウッドをアレンジ。
ブタの鼻模様です。

違うか、カットされたリンゴを入れています。種がありますね。

前のブログでケーキを催促したら、次の日本当にくれました。
せっかくいただいたので。(もらった自慢ですみません)

令和まであと6時間。
NHKのゆく時代くる時代でも見ながら、時代越しソバでも食べますか。


Vision&WorkHard

今日は私の誕生日!!

土曜にはケーキをいただきました。

ありがとうね。

今日はワインと最近こだわりだしたカレーのスパイスなど。

ご飯を持って来るのでカレーを作って来るように言われました。(完成品くれ〜)
でもありがとうね。

日曜の新聞でノーベル賞受賞者の話があり、山中伸弥さんが留学先で所長に言われた言葉が心に留まる。「Vision&WorkHard」しっかりとしたビジョンを持って一生懸命努力すれば、間違いなく成功できる。という単純な教え。と書いてあった。

単純か〜でも続けることは難しい。
誕生日には気持ちを落ち着かせてビジョンを再確認するにはいい。
自分に必要なことだったのかも。

10年前のブログには。変わっていくもの、変えていかなければいけないこと、変えるための種を蒔こう、そんなことが書いてあった。
写真は隣にあった原宿団地、長い時が作り出した趣のある建物だった。

人生100年なら焦らず種を蒔きましょう、長い時間をかけて作られるものもある。

今日は大きな仕事がキャンセルされ、それはがっかりなことなのだけれど、
少し欲張っていたり、自分のイメージと離れたことにざわついたり。
これで取れたら「こんなもんかと」雑になったり図に乗ったり、ためにならなかったのでは。
キャンセルも悪いことばかりではないのでしょう。

「大きな結果を求めずに、1つ1つ、こつこつと、オリジナル作品の質を上げろ」
っともう1人の自分が言っています。

「明日も1日遅れのケーキがもらえるかな?」いつのも自分が言っています。

まじめなことを書き過ぎて、バランスとってふざけてみる。
こんな52歳の始まりです。


壁に映るステンドグラス

昨日はカフェでお勧めのコーヒーを飲み、会計の時に驚いた。

「12万円です」(まじかっ)

そんな夢を見ました。

生徒作品です。

壁に映る光が綺麗な作品が土曜に2点完成しました。

花籠のようなランプ。

生徒さんから生徒さんへのプレゼントです。
アップ。

壁に映る光と陰が蝶の舞のようです。

こちらは背景がグラデーションのランプ。

透けている緑と乳白色の赤がハッキリしていて良いですね。

今日はチビが熱を出し家で子守りです。
先週はあたりめを食べ過ぎて夜中に吐いてました。

家でゆっくりデザインでも描いています。


小さなステンドグラス。

今朝はドトールで1時間読書して工房に向かいました。

信号をこちらを見ながら笑顔で横切る女性がいました。ECCにチビを送ってきた妻でした。

私に気のある女性かと思った。(ま〜気はあるでしょうが)

生徒作品です。
小さなステンドグラスパネルです。

こちらは昼の海から2作品目は夕暮れの海です。

ケイムで組みました。
レモン。

円い緑はなんだ〜?


無色のステンドグラス

新築のキッチンに設置したステンドグラスです。

白とクリアの1部分はアンティーク、外側はココモ。中心に面取りガラスを使用しました。

バカラのシャンデリア越しのステンドグラス。

工房での撮影、ガラスの表情がよくわかります。

他の窓にもステンドグラスを入れたいとご希望がありました。
スッキリした物を描くつもりです。

東京都  渋谷区個人邸  キッチン
703x1132
三井ホーム


オーソレイユ(Au Soleil)

つつじヶ丘のマンションのエントランスに設置したステンドグラス、2枚目です。

オーソレイユ(Au Soleil)
フランス語で「太陽・日向」、日当たりよく、明るい建物、というイメージで、プロヴァンス風にデザインしたステンドグラスです。

雲はランバーツのオパックを使用。
グラデーションも綺麗にとりました。

家並みは単純化しオレンジが映えるように無彩色の家です。

屋根やオリーブの実など、1部絵付けしてあります。

反射して綺麗でした。

葉のグリーンなど脇役ですが選ぶのに苦労しました。3種類目でやっとイメージの濃さと色が合いました。

今回、デザイン画拡大中に大きくサイズが変わりました。
違和感なく仕上がったと思います。


ベルコリーヌ(BellColline)

調布市つつじヶ丘のマンションに設置したステンドグラスです。
クリーニンングが終わり写真を撮らせていただきました。

A棟:ベルコリーヌ(Belle Colline)
「美しい丘」小高い土地に建つプライド、というイメージ。

山とラベンダー畑です。ココモのガラスを中心に選びました。
1枚が昼なのでこちらは夕暮れです。

壁が白く光沢があるのでステンドグラスの光が反射します。

山はセザンヌのサントヴィクトワールに似せて山を描き、ゴッホのように糸杉を入れ、ラベンダー畑を入れました。


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (143)
  • 施工例 (79)
  • 教室 (365)
  • 日々のこと (204)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2019年5月 (3)
  • 2019年4月 (7)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (6)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (9)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up