• TOP
  •  > 
  • ステンドグラス悪童日記

ステンドグラス悪童日記

欄間のステンドグラス(兵庫県)

兵庫県姫路市からのご注文です。
リビングと和室の間の欄間にステンドグラスを設置します。

木をイメージして緑を基調に暖かみのある色がご希望です。
新築に加え、新しい家族も増え明るい雰囲気になるようなものを。

2枚口です。リビング側から向かって左側のパネル。

中心が木の幹で、枝が外側に向かって伸びていくイメージです。右側。

12、15ミリの太いケイムで強度もあります。
アップです。
とても質感のいいアンティークガラス選んで使用しています。

等間隔にあるクリアの横線はマシンメイド、その上下の小さな四角は、水色、黄緑、黄色、オレンジと左から右に色を変え、春から秋への季節をイメージしました。

冬の部分は背景に使用した白です。凍った水たまりのように見るヴァリゲイドの白。

白は工房に在庫していました。いつか使う日がくると思い、良いガラスの在庫を持ちます。
制作時は在庫切れだった白、最近倉庫で見た大板は、これほど上等なものはありません。

ロンデルの真中には小さな葉のような模様があります。

作家さんに制作していただいた1点ものです。

設置は業者様にお願いしました。

お若いご夫婦からのご依頼でした。
ステンドグラスに興味をお持ちいただいてありがとうございます。
室内でも四季を感じれたらと思います。
お子さんの、その先の代まで持つように、丈夫に制作してあります。

2017年11月取付   兵庫県姫路市 欄間 個人邸
サイズ  1224x258  2枚


生徒作品

岐阜県では多治見でインターを降りました。
30年前、陶芸家になりたくて瀬戸市の窯業学校の見学に行ったのを思い出しました。
日本の伝統工芸なら人間国宝になれるのかな〜

ステンドグラス教室作品です。
蕎麦の行灯です。

ハシで蕎麦を持ち上げています。蕎麦はアンティークのオパックよく見つけました。
色合いも和風な感じですね。

蕎麦を食べたら歯を磨きましょう。

歯が並んでいるデザインです。歯ブラシもあります。いい発想ですね。
歯医者さんに置かれます。

たまには左手で磨きましょう。脳が活性化するらしいです。

ちょっと強引にこじつけました。
このシリーズで地面から足とか、顔半分とかいかがでしょう。
シンクロの競技みたいに。

水晶を削っていた20歳の頃、陶芸に興味を持ち見学に行きました。
見学の日は、夜に山梨を出て雪の中央道では2回もチェーンをまき(恵那辺りのトンネルで1度外さなければならなかった)
宿泊先もなく、山口と言う地名か人名の病院の駐車場で夜を明かしました。寒かった。

あまり県外にも出ない、会社への往復の日々だった引きこもりがちな私は、道を聞いたり調べたり考えたり、帰ってきたら少し大人になった気がしました。

今思えば、たいした旅ではなかったのだけれど。


最後の家族旅行

昨日一昨日は仕事で岐阜に行ってきました。
長距離なので少し戻った恵那に宿を取りました。

私が中学生の時、最後に行った家族旅行が恵那峡でした。
当時中1だった私は、7時に見たいテレビ(Dr.スランプアラレちゃん)が始まるから早く帰れと車を急がせました。
子供心にも『なんか親に悪かったかな?』そんな記憶が残っています。

父が、母の介護にも疲れ出した数年前(80歳前後?)昔の話をするようになりました。
「恵那峡で家族旅行も最後かな。と思った」と言いました。
私が面白そうじゃなかったことを感じていたのでしょう。

今、子供を持ち、どこに連れて行っても楽しそうにしているのを見るのが好きです。
布団をかぶせても、捕まえる素振りを見せるだけでも、キャッキャと笑顔で喜んでくれます。

いつか、さめた中学生になるのかな。

宿には早かったので恵那峡に行きました。
山あいから大きな観覧車が見えたとき、母もまだ元気だった頃を思い出しました。
最後の旅行はここだったな。

駐車場に車もなく、ジェットコースターも止まったまま。もう潰れているのかと思えた遊園地は、近づくと観覧車が回っているのが分かりました。
停車してエンジンを切ると、遠くから聞こえてきた音楽が、閑散とした園をより寂しげに感じさせています。

シートを倒して、結局1組しか乗った人を確認できなかった観覧車を眺めてました。
母が生きていた頃は、毎週こんなふうに自然の中でのんびりする時間がありました。

車のハンドルや、ガラスカッターにもあそびの部分があるように、そんな時間も必要なのかもしれません。
病気になることで、私に生活のリズムと休日を作ってくれたとさえ思えます。(そんなつもりはないと思いますが)

今日が命日です。
恵那からの帰り高速を甲府で降り、お墓にはちょっと派手な花を買って飾りました。

人に嫌われないぐらいが取り得の人。
でも、分かりづらいが人を活かすことのできる人。能力を見極め、進みたい方向へ導くのではなく、目の前の小石を取り除いてくれるような人でした。そして上手くいく魔法のかけ方を私に教えてくれました。

恵那に行ったり、お墓に寄れたのも、母に呼ばれた気がしています。


ステンドグラスの図案。

ご注文が入ると、何か新しいものを表現できるチャンスと思います。
ご希望や、資料があるのでそれに似たり、過去作に似ることもありますが、簡単に描いて後悔しないようにしています。

今回は宮城県の自動車教習所様よりステンドグラスのご依頼です。
最初のいただいた資料はフランク・ロイド・ライトの作品でした。
1階と2階に設置します。ライトのイメージで描きます。

左はライト風、単純な線も強弱を付けることでメリハリが出ます。
右はこちらでご提案したデザイン。個人邸ならあまり派手なものはお勧めしませんが、無機質なロビーなのでは、と思いインパクトのある力強い作品も映えると思いました。
緑と海の青、桜のピンクです。東北の震災時膝のところまで津波がきたらしいです。復興の桜をイメージしました。

2回目のデザイン提出。

グリーンとピンクはラインを斜線にしてより変化させました。

ライト風もバリエーションを増やしました。

イメージと違うらしく再度いただいた資料は曲線。
それを参考にデザインします。

この2パターンで決定です。
実は半年以上も前からデザイン制作していたので、ゆっくり考えられました。
時間が取れるのはとても助かります。

青は小さくサイズが変更されます。

宮城県 自動車教習所  2017年11月取付け予定
サイズ  オレンジ  424×1724
      ブルー  424×1524


君のピアノ

なんつって・・・

気取ったタイトルの後になんだが、私とスタッフが坊主頭。
夏に入会したタクシードライバーもスキンヘッド。最近入会したカメラマンがスキンヘッドです。

日本一はげ率の高い工房の生徒作品です。

制作者とヘアースタイルは関係ありません。立体の作品を集めました。

ピアノ。単一色です。

鍵盤もデコレーション?したあります。椅子もヘソクリ入れになっています。

型から作りました。完成度の高い作品です。

4面ランプ。こちらも立体的です。

横から見ると、四角錐が並んでいるのが分かります。

淡い色合いもいいですね。
男性の作品ですが、髪はあります。

プロを目指す若者に「スキンヘッドにするか」と言ったら返事がありません。
良いってことかな?


ステンドグラス教室 パネル

ファイトケミカルスープの作り方をテレビで見た。
健康に良いのか〜料理教室に2年通った私には簡単だ。(月1だが)
人参、カボチャ、玉ねぎ、キャベツを30分強弱で茹でるだけ。

鍋一杯に作ったが、塩を入れてもポン酢入れてもイマイチ。
このやけに柔らかい野菜たち、残り誰が食べるんだ。

生徒作品です。

ステンドグラスパネルです。

繰り返し模様。グラデーションが良いですね。
自然光ならもっと綺麗でしょう。

小さなパネル。

魔除けらしいです。(男は除けないんだっけ?)次は招き猫です。予想では・・・

小さなランプもできました。

グレープミニに合う大きさです。細かいのによくできました。

今日のお昼はファイトケミカルスープでした。
梅を入れたら思ったほど悪くないかも。


欄間のステンドグラス図案

和室とリビングの間のドア上にステンドグラスを設置します。
ご希望は木をイメージさせるもの。

どんなデザインを望んでいるのか考えます。
直接木のデザインをするのではなく、木を連想させる色や線でデザインしました。

打ち合わせをしながら、細部をご希望に近づけます。

ガラスカットが終わり色検査です。

爽やかな感じです。

部分マシンメイドの質感をポイントにして、アンティークガラスメインで制作します。
季節を感じにくい室内なので、ガラスの色と質感で四季も表現できるようにしたいです。

兵庫県姫路市  11月初旬取付


直線のステンドグラス

玄関正面に見えるドアの欄間に設置するステンドグラスです。
先週、栃木県那須塩原に発送しました。

ご希望は直線的で、中心と両脇にちょっとしたデザインを入れる。
好みの色は、緑、青、茶色、赤です。
赤は使用しませんでしたが、落ち着いた感じに仕上がりました。

ガラスの流れも良いです。工房で撮影しました。
本当は欄間の位置で横長なのですが、置けずに縦で撮影。

面取りガラスも爽やかです。

面取りが映えるように周りはアンティークの白に変更しました。
ダブルボーダーの内側はリップルという大きな波のあるガラスをいかし、外側はダンカンのグルーチップ、普通のグルーチップより表情豊かです。

シンプルで品の良い感じに仕上がりました。

栃木県那須塩原  個人邸 室内欄間   2017年10月取付
サイズ  360×1327


ハロウィン

4〜5年前のことです。
前から歩いてきた長身の外人カップルが、うつむき加減でなんか変だな〜と思っていました。すれ違い様に顔を上げて『うぉ〜』っとこちらに向かって襲うようなしぐさ。
死人のようなハロウィンの仮装をしていました。

妻と2人、リアクションがあまりなくてすみません。ご期待には応えられませんでした。
来世では出川並みのリアクションがとれますように。

生徒作品です。
ハロウィンの時期ですね。
ステンドグラスで作る人も多いのでは。

蜘蛛がいます。お化けの顔も歪んでいます。

もう2面。

家や文字も細かく作りました。背景に使ったガラスもよかったです。

もう1作品。次はパネルです。

シンプルにデザインしています。
ユーモラスな感じですね。

これが終わるとあっという間にクリスマスも過ぎ、今年も終わるのでしょうか。


間仕切りのデザイン画

玄関正面に見えるドアの間仕切りにステンドグラスを設置します。
ご希望は具象ではなく中心と両脇にちょっとしたデザインを入れる感じ。

ご希望の色は、緑、青、茶色、赤です。

色は抑え気味にしました。赤も入れないB案に決定です。
ポイントの小さい四角、上下左右を青に変更。

カットも終わり色検査です。

ガラスは白の流れをアンティーク、あとはマシンメイドを効果的に使いました。

ダブルボーダー内側は、グルーチップに似た細かな模様より、大きな模様のリップルに変更しました。

外側のグルーチップは普通より大柄なダンカンです。これなら他のガラスと相性も良さそうですし、品の良い感じなります。


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (125)
  • 施工例 (62)
  • 教室 (309)
  • 日々のこと (188)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2017年11月 (6)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up