ステンドグラス悪童日記

ケイムのパネル

昨日は表参道の個展へ行ってきました。

アートスクールの1期後輩(でも年上)お話しした記憶はほとんどなかったのですが、居心地も良く家族で長居してしまいました。

絵付けの作品が多く、あ~頑張っているな~って。個展しなきゃ。

 

帰りのキャットストリートでは、黒いマント姿に亀の子タワシを3匹?紐付けて散歩させている人がいました。

昨日は暑かったから・・・

「カメさん、カメさん」とチビが後を続きたがりました。

御苑でも男性カップルの後をつけていたみたい。

行って欲しくない所に行きたがります。

 

生徒作品です。

ケイムで作った大きなパネル。

 

ステンドグラスパネル

 

アンティークガラスとココモなどを組み合わせています

ロンデルも使って円形を組み合わせたデザインです。

 

ステンドグラス

 

落ちついた色と、華やかな色の組み合わせ。

教室では、いろんな人の感性が見えます。

 

小さい作品も。

 

 

人にあげるみたいです。

とても手がかかっています。

 

知らなかったけど7月2日はタワシの日、みたいです。

だから?

 

 


月と星のパネル

 

日曜は川口まで取付けに行きました。

生徒さんが制作した月と星のパネルです。

 

月と星のステンドグラス

 

4枚中の1枚にセットしました。

 

サッシが外れずビート(ゴム)の内側を切り取り、立てたまま取付け。

外側はYケイム。強度が弱いので真鍮棒を十字に着けました。

 

 

アップです。月が気持ち良さそうに眠っています。

 

 

寝室なので良く眠れるのでは。

 

フュージングとケイム、細かな所はコパー。

もうすぐなくなるスペクトラムのガラスをたくさん使っています。

 

生徒さん8人もランチ時簡には川口に集まり、目の前で焼くステーキをいただきました。

そのまま夕食までいたのでは?5時起きの私だけ先に帰りました。

 


小さな家

水曜は夜の教室後、運転手付きの白いベンツで帰宅しました。(生徒さんのですが)

鳩の森神社の交差点ではクリスマスツリーやイルミネーション。

行交う人々はコートとマフラー、ケーキ売りやサンタさんもいる。

1年経つのは早いな~ってわけないか。映画の撮影をしていました。

角の紅茶屋もエキストラに混じりトナカイのかぶり物付けたりして。

この時期暑そう~。

生徒作品です。

小さな家のランプ。

屋根が難しいですね。どうにか合いました。

家の天井に下向きで設置するランプです。

ステンドグラス 円

平面に見えるけどカーブしてます。

気に入ったみたいで、デザインを変えもう1作品作る予定です。

華やかな部屋になりますね。

妻も出演者を聞いたみたいですが「私の口からは、ちょっと」っと教えてくれなかったみたい。

コート着てマフラーつければ混ざっても気がつかないよな~。


雪のステンドグラス

今週は料理教室でした。
なんで通ってるかって?それはうちのアモーレが得意でないから。
今日のパンケーキも褐色でした。(これまでも、そしてこれからも・・・)
きっと笑い飛ばせるおおらかな男になれ。という神からのメッセージだと思います。
生徒作品です。
こんなに暑いのに冬のイメージです。
ステンドグラス 雪
建物には雪が積もって空はどんよりしています。
サンタクロースは歩いてご出勤、トナカイがいないと屋根に登るのは大変そう。
普段あるものが、失ってはじめてその大切さを知る。そんな戒めのような作品でしょうか。
そんな訳はありませんね。
壁がブルー、月は白で夜や雪のイメージを感じさせます。
木枠に入れたミラーです。
ミラーのステンドグラス
枠の雰囲気にもあっていますね。
小さなバラがポイントになります。実用的な作品ですね。
料理教室に通っているわりに作りません。
今まで作ったのは鳥の照り焼きぐらいです。

初めてのケイム。

昨日は生徒さんからもらったチケットがあり『声ノマ』吉増剛造展へ
詩人の作品を美術館で展示すると言う挑戦的なものです。
国立近代美術館の前のポスターで気がつきました。
来週からでした。
生徒作品です。
ケイムの仕事を多くしているのに、今まで習う人があまりいませんでした。
最近はケイムをしている人の作品をみたからでしょうか?5人がケイムです。
そのうちの2人、初めてのケイムの作品が出来上がりました。
ケイムのステンドグラス
生徒さんのご自宅で撮影。
型紙に合ってないねって私にチクチク言われてたかも。
でも仕上がったら満足したんじゃない。
もう1作品。
ステンドグラス ケイム
丸で囲むと難しいですね。
コパーとは違った良さがあります。
でもみんな最初は苦労するみたいです。
美術館では常設展を見ました。
いつもは企画展で疲れて流してみるものも、ゆっくり見えて良かったかも。
皇居の緑も綺麗でした。
普段のケイムの仕事などはRibo's  blogで紹介しています。

チューリップのランプ

気がつけば6月
街ではアジサイの花が咲きだしました。
教室ではチューリップの花が咲きました。
最近生徒作品から。
チューリップのステンドグラス
花の数がすごいですね。
ほぼ緑と赤の対比も良いですね。
作業台の上では欄が咲き出しました。
水だけで肥料もあげていません。

不定期な水やりが定期的なのでいいのかも。
2週間前から咲いています。前は造花と思われるくらい長く咲いていました。
秋になったらまた画像を載せようかな?

ステンドグラス教室作品。

私が40度の熱を出して休んでいるあいだ
教室では[先生は知恵熱が出た」と言われていたらしいです。
生徒作品です。
アゼリア10インチ。
アゼリア ステンドグラス教室
ボーダーも背景と同じガラスを使っています。
取る場所で色の差を付けています。
アップ!
アゼリア ステンドグラス教室
オレンジのアゼリアは初めてかも。背景のスティップルとの相性もよいです。
このランプは余ったガラスで作る人が多いです。
でもやっぱり使い切れないみたい。
人が捨てたガラスだけで作ったアゼリアも見てみたいです。
 
 


チェスナッツ

昨日は生徒さんの送別会でした。 
誘われたのは先週。「25日、飲み会行って来るね」妻に報告してからお風呂へ。
でも何か引っかかるものが・・・25日は妻の誕生日でした。
生徒作品です。今日仕上がりました。
初めての大きめランプ、チェスナッツです。
ステンドグラス チェスナッツ
緑とオレンジの葉です。
クラウンからの光も綺麗です。
ステンドグラス チェスナッツ
バックはウロボロスの深みのあるフラクチャー。
引き締まりましたね。ベースのデザインも合っています。
昨日の朝食中、2歳1ヶ月になるチビが急に歌い始めました。
[ハーピバースデーパパ、ハーピバースデーパパ~」ディア~の所もフルコーラスで歌い、最後におめでとう、って。
何の前触れもなく始まったのでびっくり!
2日前の私の誕生日には歌わなかったのに、急に思い出したんだね。
25日だったので歌詞をママにして歌わせました。
嫁にしてはいい仕込みだな。
 


小さなネコのステンドグラス

先週、中学生が修学旅行で自主研修に来ました。
毎回、良いことを言えずに次回は断ろう。と思うのですが・・・
せっかく璃房に来たいと言ってくれてるのだから、と思い引き受けては為になることを言えずに反省しています。
もっと真剣に受け答えすれば良かった。命がけで。
生徒作品です。
ネコが最近増えてきました。3連発です。
ネコのステンドグラス
にゃーにゃー
ネコのステンドグラス
にゃによ~
ネコのステンドグラス
・・・ねこ?
中学生に言いたかったことは、夢を持てとかそんなことじゃなくて。
土壌を作れってことでしょうか。そこから向日葵にでもザクロでも杉の大木にでもなればいい。
何言ってるか分からないな~
それぞれの得意分野で勝負して欲しいです。
今日は私の誕生日。
昨日は時報を待ちながらちょっと良いワインを飲みました。
今日の教室では、誰にも気づかれず寂しいバースデーに
ってはずでしたがトップスのチョコケーキとイチゴのロールケーキいただきました。
ありがとうね。
 


アゼリア10インチ

先日、やくざの組長を殺す夢を見ました。
私がやった証拠はないのに組織に追われることに。
なんてハードボイルドな・・・
まさか、やくざを殺す夢占いなんてね~って あった。
解決しない問題や抑圧の解消。引き続き問題に取り込むことで良い成果が得られる、らしい。
前回、裸の夢占いの常識は脱ぎ捨てられたのだろうか。
生徒作品です。 アゼリア10インチ。
アゼリア ステンドグラス
ヤカゲニーのガラスを使っています。
ボーダーはウロボロス。ベースは背の高い物をご希望です。
アゼリア ステンドグラス
ブルー系で落ち着いてますね。

 

プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (135)
  • 施工例 (70)
  • 教室 (338)
  • 日々のこと (197)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2018年7月 (5)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up