ステンドグラス悪童日記

金魚のステンドグラス

今週の教室で生徒さんに。
「先生の顔見たら月謝払うの思い出した」といわれました。
金金金って顔に書いてあったでしょうか? 気をつけよう。
そんな顔の講師に教わる生徒作品です。
前回の金魚に続きもう1つのオリジナル金魚。今年入会の生徒さんです。
金魚のステンドグラス
黒いのは出目金でしょうか?曲線ばっかりでたいへんでしたね。
こちらは金魚。の風鈴がついたサンキャッチャー。
風鈴のステンドグラス
だいぶ涼しくなってから出来上がりました。
魚つながりでヒラメ、だっけ?
魚のステンドグラス
周りにボールチェーンで縁取りました。
意表をつくモチーフ!いろんなデザインで作りたがるものですね。
魚と言えば、魚嫌いな妻と逆で魚好きなチビ「ととっ、ととっ」とせがみます。
チビのおかげで、おこぼれの魚が食べれるようになりました。

生徒作品

 近所にテレビカメラがたくさん来ています。

五輪エンブレムで話題の事務所が、お気に入りの弁当屋に行く途中にあったなんて。
でもちょっと騒ぎ過ぎでは?
この際TTPで(環太平洋戦略経済連携協定ではなく)『徹底的にパクれ』
キャラクターはミッフィーとキティを混ぜたミキティで。
昨日仕上がった生徒作品です。
こんな話題の後でなんですが・・・
昭和の名品から、参考というよりそのままに近いですが。
ステンドグラス 金魚
色合いがいいですね。
時期は過ぎましたがアジサイです。
梅雨のように雨が降るので今でもいいのかな。
ステンドグラス アジサイ
このタイプは壁に映り綺麗です。いつも良い出来に仕上がります。
小さな馬もできました。
ステンドグラス 馬
背景がフロートなのがいいですね。
いろいろ問題のある東京五輪。
競技場も最初の案で良いと思います。
新しい案より、予算も工夫次第じゃないのかな。

ステンドグラスのカエル

 日曜に作ったカレーが「過去1番おいしいんじゃない」と妻に好評でした。

牛肉を赤ワインで炒めず、チョコもインスタントコーヒーもすりおろしリンゴも入れなかったのが良かったのかな。
シンプルイズベストってことでしょうか。
ステンドグラス教室からカエルです。
ベースも合ってますね。
ステンドグラス カエル
アップ!
ステンドグラス かえる
カエルが張り付いています。ワイヤーを曲げて作りました。
もう1つ、今日ハンダ付けした鳥獣戯画。ステンドグラスにすると難しいですね。
最高齢のおじいちゃん作品です。
ステンドグラス 鳥獣戯画
動きがあってユニークな作品です。手足がシザーハンズのような気もします。
裏から照明をあてて完成です。
今週20(木)、21(金)は臨時休業です。

ステンドグラス教室から。

明日から帰省します。

1年に1~2度しか会えない父と母。年配の織姫と彦星のようです。別々の施設から帰し実家に泊まらせます。
いろいろ大変で、去年は車椅子をトランクに乗せ、閉めたドアにおでこにぶつけました。
3ヶ月ぐらいたんこぶが消えず。ま~大変さと不注意は関係ありませんけど。
最近のステンドグラス教室作品から、四角い物です。
和風な柄です。ピージュとアングルカッターを使うとカットは正確に早く切れます。
今年入った生徒さんが完成させています。
ハンダは大変でしたね。かなり鍛えられたのでは。
もう1つかは小さくてカラフルな物です。
ステンドグラス 教室
部分的にフュージングしています。
三角形も効いてますね。ブルーも効果的です。
今、工房の周りは静かです。
東京も人が少なくなっているのかな?
仕事は16日からやっています。

小作品

 一昨日、ちびが残した炊き込みご飯は糸を引いていました。

「納豆食べてないよね~?」
日中、出しっぱなしにした物を食べさせたみたいです。
「暖まっていたから(私が)チンしたと思って」(醗酵してるのでは・・・)
チビは腹痛もなく元気です。
ステンドグラス教室から小さいもの。
シーガラスの隙間にスーパークリアドロップです。
ステンドグラス 教室
直径15センチぐらいでしょうか。前よりカラフルに作りました。
カラフルなキャンドルスタンド。
雫型のガラスが良いアクセントになっていますね。
小さな鶴。
まだ制作途中ですがウェルカムボードになります。
1つのピースがとても小さいです。
前にもチビにカビの生えたパンを出していました。
モロッコでは死にそうなぐらいお腹をこわした妻。
子供にはたくましく育って欲しい親心でしょうか。

ワーデンモールドをアレンジ

20インチの水仙が完成しました。
ベースがまだ届かないので自然光に透かしてみました。
水色の水仙もいいですね。
リクエストされたものを探して仕入れたガラスです。
ヤカゲニーのガラスは落ち着いた感じに仕上がります。

 クリアだけで作りました。

テファニーランプ クリア
ナギット数カ所入れて自分だけのデザインに。
一工夫が大事ですね。
昨日は六本木の21_21DESIGN SIGHTへ動きのカガク展を見に行きました。
チビがぐずるか?心配でしたがおとなしく見ていました。  
動く電車からの光で、ザルや物差しの陰を壁に映したり、風に揺れる布に光を当てシルエットを見せたり。発想の豊かさとユニークさもありよかったです。

吊り下げランプ

 

最近の教室作品から吊り下げ型です。
ステンドグラス 教室
ガラスの裏にガラスを貼付けています。
白は優しい感じに、クリアは型ガラスの模様に影響されて、いつもと違った雰囲気ですね。
次はシーガラス。
シーガラス ランプ
上下ギリギリまでつけました。
ハンダは難しかったけど、その分カットしなくていいですね。
落ち着いた作品になりました。
前にチビの食べていたタマゴボーロが、となりのカップルの足下に転がり
「あっマルコポーロだ」と彼が言っていました。
私も言い間違うので、妻は山梨の人はみんなそうなの?とあきれていました。
朝の慌ただしい時間、保育園の準備の時に
「とりそぼろは持った」っとタマゴボーロのつもりで言ってしまいました。
暑さのせいで脳が解け気味です。(この暑さになる前のことだけど)
暑さを吹き飛ばすエアコン!快適です
アイスコーヒーも始めました。
煎りたて、引き立て、急冷です!
ステンドグラス 教室

ただいま製作中

 ステンドグラス教室ではティファニーのランプがもうすぐ完成です。

ピンぼけですが、いい味がでてたので。
完成したらもっと綺麗に写します。
ステンドグラス教室 ティファニー
24インチのバラ。紫と青の花は珍しいですね。
過去何人かバラを作りましたが、この色は初めてです。
同じ曜日に通っている生徒さんの作品。20インチの水仙です。
ステンドグラス教室 水仙
これも上の花はブルー系です。水仙にブルーって・・・
ない色かもしれませんが確信犯です。
諸事情で遠くにいますが、辞めずに通ってくれます。
ティファニーのデザインは藤やフクシア、ピーッコックなどカットしています。かわったグラデーションのガラスもあるので、カットが進んだら作業状況も紹介します。
昨日はチビの夕涼み会にでました。
オープンにて数年の新しい保育園で、先生が頑張ってました。
やる気があるのは見ていて気持ちいいですね。
そこで出されたサクランボ。痒くなるアレルギーがあるので2つだけ食べました。
それから別人のようなしゃがれ声に。
「ダン シィ オールナイッ」言葉に~
できない!1時間ぐらい声が出ませんでした。
息ができなくなるんじゃない?妻が脅すし。
次回はもっときつくなるかも。気をつけます。
PS  最新エアコンつきました。消すと電気料金がでます。すごいっ!

フクシア16インチ

 コンティスタジオのフクシアが完成しました。アップ!

ステンドグラスランプ フクシア
花はブルズアイのピンク。背景ウロボロスにも薄らとピンクとグリーンが入っています。
型紙に誤差があるのでモールドから型をとります。
ステンドグラス教室 フクシア
ベースはサンプルで作らせたもので作りが良いです。
これを手本に作ったベースは粗い作り、1点だけあったものを仕入れたお買い得品です。
ステンドグラス悪童日記の他に、璃房のサイト内に新しいブログ『Ribo’s blog』はじめました。
Ribo’s blogは仕事のことや日々のこと、こちらは教室のことでも書こうかなと思っています。
最近さぼりがちだから2つも大丈夫かな?
つぶやくように日常のことを淡々と。
またはプロの作家を目指すなら! あること、ないこと、あり得ないこと書いてみたり。
まだ始めたばかりです。

キャラクターもの。

 半年以上お休みの生徒さん、もうちょっとでティファニーが完成だったので、でっちに仕上げてもらいました。

発送しようと携帯に電話すると、私の声を聞いたとたん「ブチッ」切られました。
生徒作品です。
ここ1週でキャラクターものが2つできあがりました。
スターウォーズのダースベーダーの手下。ガンダムではありません。
スターウォーズのステンドグラス
急いで仙台のワークショップに持って行くので、っと若干未完成のまま仕上げました。
持ち帰って目を入れましょう。
ねえ、ムーミン。著作権ってどうなの?
ムーミンのステンドグラス
かわいくできたね。
カバではなく妖精だっていうじゃないですか。

プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (127)
  • 施工例 (66)
  • 教室 (313)
  • 日々のこと (192)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up