ステンドグラス悪童日記

ステンドグラス作品展

 よく裸で出歩く夢を見ます。先週はついに連行されました。

「見せたいとか、そういう訳じゃなくて」必死に言い訳する私に[分かります」ものわかりの良い警官。
横にはバスケットボールをしている大きなステンドグラスがありました。
2m×7~8mはある大作で、背景はクリアに縁取られたオパックの緑、ユニフォームの白赤はよいポイントになり、ボールを抽象的に表した表現は躍動感がありました。構図もよく細部もリアル。
こんなシュチュエーションでも仕事か~・・・さすがプロだな。
裸ネタの続きで悪いが、生徒さんOBの作品展です。
堺牧子作品展 vol2     「光のどけき」  (どけきって?)
堺牧子 ステンドグラス
2016年4月2日~15日  11:30~19:30
お問い合わせ  atelier.abre@gmail.com
自由が丘ha-na
目黒区自由が丘2-10-7
03-3723-8687
コパーは繊細で、ケイムは素朴な味わいがありますね。たぶんお手頃価格でかいる小物もあるのでは?
雑貨屋さんの一画に飾ってあります。
お散歩にも良い季節です。
裸の夢占いの解説は
危険にさらされている。
常識を脱ぎ捨てる願望。
隠し事がばれる恐れ。
などらしい。脱ぎ捨てる常識もなく、隠し事も「忙しい」とか言って家を出ては、ドトールでコーヒー飲んでるぐらいだしな。

教室作品から

通勤路ではモクレンが咲き出し、ウィンドウには薄手の明るい服が並んでいます。
春が来ましたね。
教室では「UFOを見た」と言う人が出始めました。
生徒作品です。
新人さんの2作品目。最初の課題は4面のお休みランプ、1日でできます。
その次の作品。小さなオリジナルのランプです。
ステンドグラス ランプ
カット数の多いランプです。これだけ切ればカットは上手になるでしょう。
次は4~500ピースある風景画に挑戦!! 大丈夫?
こちらも2作品目。他の工房で経験があります。
緑と青の濃いガラスに、白と小さいオレンジが効いてますね。
カットやハンダ付けやり方、コテやハンダ自体も工房により違います。
「とりあえず3ヶ月は璃房のやり方でやってみて、ダメだったら戻していいから」と言うようにしています。
新人さんではありませんが。土曜に出来上がったので。
ドッグウッドです。
ステンドグラス オリジナル
可憐な1輪の赤は私、その周りの白い花はメンズらしいです。
見るたびに幸せな気分にさせてくれるでしょう。
そのUFOですが、銀座に現れクシュって消えたらしいです。
実は子供の頃、UFOとかノストラダムスが大好きでした。
今は健康食品とかヨガかな~かなり現実的な大人になりました。
今はケフィアヨーグルトにはまっています。

バラのステンドグラスランプ

民主と維新で名前をもめているらしいが。

ミシンの党はどうだろう?産業に力を入れてくれそうだ。
イミンの党。労働力の確保も必要だろう。

生徒作品です。
5面で作ったオリジナルランプ。
花のお仕事をしているせいか細部まで表情豊かです。
1面ずつ違いデザインです。
バラのステンドグラス
ガラス選びも独特です。教える訳にもいかない自分の世界ですね。
ティファニーランプのガラスは、選びに行ったり、見て選んだガラスを出すことがありますが「あるものでいいわよ~」っと在庫のガラス棚からとても良い選択をします。実力ですね。
ベースへの設置はスパイダーを2つ重ねて5面に対応。
教室、留守中のでっち先生、ガラスの叩き売りはなかったみたいですが。

ランプを取りに来た生徒さんに、梱包してあげて「家まで持って行きましょうか」と言ったらしい。(教室はどうするの?)
私への親切攻撃だなっ!

ピーコックのランプ

 グーしか出さない妻はジャンケンが弱い。1~2年前に教えてあげました。

先日、寝床に入ってから洗濯物が干してないことに気づき「ジャンケンで決めよう」と勝つ素振り満々で提案しました。
少し考える時間を与え「ジャン ケン」 案の定チョキを出してきました。
私はもちろんグー。すまんなっ勝ちたかったのよ。
人生にはちょっとした演技力と先を読む力が必要だ。
こんな小さなことに使ってもしょうがないけど。
生徒作品です。
ティファニーランプのピーコック16インチが出来上がりました。
とても綺麗にグラデーションがとれています。
背景に使ったのはヤカゲニー。
ガラスのご提案はしますが、色の取る場所は生徒さんが考えます。
上手くいきましたね
ベースにもあっています。
ステンドグラス ピーコック
灯りを25ワットに変えちょうど良い明るさに。
工房ではもう1人別のガラスで挑戦しています。
妻にジャンケンの弱さを伝えた時、義姉もいました。
「さわちゃんはグーしか出さないからね~」
姉は30数年黙っていたようです。

ステンドグラス教室作品

 できる男は料理もできなきゃ!

明日は何かな?と料理教室の準備をすると、開催日が1週間前でした。
先週だったのか~俺の好きな生姜焼きだったのに~。
生徒作品です。
小さい作品を集めました。
招き猫?
ステンドグラス 波
素朴な作品ですね。
こちらは型のある作品です。
ステンドグラス フュージング
波模様。
壁に映って綺麗ですね。
ご自身の絵を入れています。
ステンドグラス 写真立て
淡い色合いが作品の邪魔にならず、バランスも良いですね。
大作も仕上がっています。それは次回また。
土曜は実家に帰りました。
工房に携帯を忘れ、高速バスの待合室で買ったばかりの本を忘れ・・・。
バスの中で考えた
『これはサインが出ているんだ!考える時間を神が与えたんだと』
1度立ち止って人生を考えよう。
その前に頑張ったご褒美に買ったウナギ弁当を食べよう。
(妻にはうなぎなんて言えない。昼にうなぎの話をした生徒が悪い)
食べたら眠くなって寝ました。
悟ったのは、加齢を言い訳するな。ってことかな?

葉模様のステンドグラス

最近料理教室に通い始めました。

 先日、定食屋のみそ汁が昆布や鰹節の香りもないのによく出汁がきいていて美味しかったです。 
「何で出汁とっているのかな~?」(私) 
 「何でだろうね~」(妻)  
(何でかな~・・・)
年明けに仕上がった生徒作品です。
ステンドグラス秋
 大作です!6枚中の1枚。なかなかのできですね。数年かかって完成させます。
アンティークの綺麗なガラス1枚で作りました。
壁に映る色も綺麗です。
葉模様のランプ。
ステンドグラス葉
こちらも壁に映ります。葉の色より背景のスペクトラムのリーミーの色がより映ります。
昨日はサッカーを一人暖房のない狭いキッチンで見ました。
ロスタイムのゴールはチビを起こさないように声に出さず『ウォーー!!』っと静かに観戦。
日韓戦も楽しみです。
ステンドグラスパネル制作などの様子はRibo’s blogをご覧ください。

クリスマスパーティー

前回のクリスマスソングの思い出のネタ。前に書いた気がして見たら3年前に書いていました。

そろそろ気をつけないといけないな~。
土曜は来れる人だけで持ち寄りのパーティーでした。前は火曜にすることが多かったですが、最近は土曜が多いです。呑んべいが多いから?
美味しそう!!
ケーキもお腹いっぱいになりました。
飲み会にだけ出席率の高い人もいます。
年齢の話になり20代半ばの娘に。
「もう親でもおかしくないな~」とか言うと、「両親とも46歳です」って。
私より2つ下でした。
これが終わると私のクリスマスも終わりです。

ステンドグラス教室作品

 街ではイルミネーションが輝き、クリスマスソングが流れるようになりました。

1人身の生活が長かったせいか、結婚後もこの時期には切ない気分になります。
本当に1人身の人には悪いかもしれないけど。
そんなリアル1人のために、癒し系の作品を集めました! 余計なお世話ですが。
生徒作品です。
犬のミラー。裏側に肉球がついています。
ステンドグラス 犬
物憂げ表情が良いですね。
こちらも犬の時計。
ステンドグラス 
どこかで見た犬ですが、あまり触れないようにしましょう。
小鳥のサンキャッチャー。
ステンドグラス
ワイヤーでくるりと巻いてかわいいですね。まつ毛もついています。
表参道のイルミネーション。
チビのお迎でここを横切ります。保育園はラフォーレ斜向いのキャットストリートの脇を入った所にあります。
私の子供時代とだいぶ環境が違います。生まれた頃の実家は道が舗装もされてなくて、トイレは家の外にあり、ポッちゃんと落ちる便所で、屋根裏ではネズミが運動会、夏は蚊帳を吊って、冬は石炭のあんか、ちゃぶ台でご飯を食べる。両親に兄、婆さんという平均的な家族構成で引越す小3まで育ちました。
クリスマスの思い出は、なぜか不機嫌な私に「クリスマスソングをかけて」と親から優しく言われ、ふてくされながらかけたレコードがとても良くて。
そんなことが1番思い出されます。

森の冬じたく

 璃房OBの堺さんがグループ展をします。

今日11月24日~28日まで(11時~18時)
神楽坂のtemame(てまめ)です。
いつものように本人の承諾なく載せています。始まってからの紹介ですみませんが。
新宿区袋町2番地1-C 
03-6228-1600
神楽坂は路地裏を歩いていても楽しいですね。お散歩がてらどうでしょう。
お散歩と言えば昨日は京都。京都御所の近くにオープンし妻の知り合いのギャラリーへ。
京都の風情を感じつつ・・・ッと言いたい所ですが、京都滞在時間が3時間なので慌ただしい旅でした。
次回はゆっくり。
行ったギャラリーはfoodleco古民家を改築した趣ある建物です。
ホームページはいずれ良いサイトが完成すると思います。

しっとり感

私のブログなのにログインできなかった状況が続いていました。

これはできたけどFacebookではriboさんですか?と東南アジア系の若者が出てきてログインできません。
璃房でもう1つ作ったからいいけど。
面倒な世の中になったもんだ。ついて行けない私がいけないんでしょうが。
生徒作品です。ドッグウッドを時間をかけてしていた2人の作品から。
ドッグウッド
私がガラスが小さめになる人多いよ。と的確な?アドバイスをしたために5%拡大して大きすぎて削って時間がかかっていました作品。でも綺麗に出来たんじゃない。
秋色です。
ハナミズキ
始めてモールドを使ったランプ。ほぼ1枚のガラスで作りました。
今の時期良い色合いですね。時間がかかったのはお休みが多かったせい?
マグノリアのランプ。
ベゴニア
素直な配色です。見ていて気持ちいいですね。ピンクの濃淡も上手につきました。
先週、風邪をひいて熱が4~5日ひかず、義姉には更年期とか言われ。2日間はおねしょのように布団の裏までしっとり感。本当におねしょかと手をあててみました。
ま~久しぶりのブログも、どうでもいいことかな。

プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (135)
  • 施工例 (70)
  • 教室 (338)
  • 日々のこと (197)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2018年7月 (5)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up