ステンドグラス悪童日記

初めてのケイム。

昨日は生徒さんからもらったチケットがあり『声ノマ』吉増剛造展へ
詩人の作品を美術館で展示すると言う挑戦的なものです。
国立近代美術館の前のポスターで気がつきました。
来週からでした。
生徒作品です。
ケイムの仕事を多くしているのに、今まで習う人があまりいませんでした。
最近はケイムをしている人の作品をみたからでしょうか?5人がケイムです。
そのうちの2人、初めてのケイムの作品が出来上がりました。
ケイムのステンドグラス
生徒さんのご自宅で撮影。
型紙に合ってないねって私にチクチク言われてたかも。
でも仕上がったら満足したんじゃない。
もう1作品。
ステンドグラス ケイム
丸で囲むと難しいですね。
コパーとは違った良さがあります。
でもみんな最初は苦労するみたいです。
美術館では常設展を見ました。
いつもは企画展で疲れて流してみるものも、ゆっくり見えて良かったかも。
皇居の緑も綺麗でした。
普段のケイムの仕事などはRibo's  blogで紹介しています。

チューリップのランプ

気がつけば6月
街ではアジサイの花が咲きだしました。
教室ではチューリップの花が咲きました。
最近生徒作品から。
チューリップのステンドグラス
花の数がすごいですね。
ほぼ緑と赤の対比も良いですね。
作業台の上では欄が咲き出しました。
水だけで肥料もあげていません。

不定期な水やりが定期的なのでいいのかも。
2週間前から咲いています。前は造花と思われるくらい長く咲いていました。
秋になったらまた画像を載せようかな?

ステンドグラス教室作品。

私が40度の熱を出して休んでいるあいだ
教室では[先生は知恵熱が出た」と言われていたらしいです。
生徒作品です。
アゼリア10インチ。
アゼリア ステンドグラス教室
ボーダーも背景と同じガラスを使っています。
取る場所で色の差を付けています。
アップ!
アゼリア ステンドグラス教室
オレンジのアゼリアは初めてかも。背景のスティップルとの相性もよいです。
このランプは余ったガラスで作る人が多いです。
でもやっぱり使い切れないみたい。
人が捨てたガラスだけで作ったアゼリアも見てみたいです。
 
 


チェスナッツ

昨日は生徒さんの送別会でした。 
誘われたのは先週。「25日、飲み会行って来るね」妻に報告してからお風呂へ。
でも何か引っかかるものが・・・25日は妻の誕生日でした。
生徒作品です。今日仕上がりました。
初めての大きめランプ、チェスナッツです。
ステンドグラス チェスナッツ
緑とオレンジの葉です。
クラウンからの光も綺麗です。
ステンドグラス チェスナッツ
バックはウロボロスの深みのあるフラクチャー。
引き締まりましたね。ベースのデザインも合っています。
昨日の朝食中、2歳1ヶ月になるチビが急に歌い始めました。
[ハーピバースデーパパ、ハーピバースデーパパ~」ディア~の所もフルコーラスで歌い、最後におめでとう、って。
何の前触れもなく始まったのでびっくり!
2日前の私の誕生日には歌わなかったのに、急に思い出したんだね。
25日だったので歌詞をママにして歌わせました。
嫁にしてはいい仕込みだな。
 


小さなネコのステンドグラス

先週、中学生が修学旅行で自主研修に来ました。
毎回、良いことを言えずに次回は断ろう。と思うのですが・・・
せっかく璃房に来たいと言ってくれてるのだから、と思い引き受けては為になることを言えずに反省しています。
もっと真剣に受け答えすれば良かった。命がけで。
生徒作品です。
ネコが最近増えてきました。3連発です。
ネコのステンドグラス
にゃーにゃー
ネコのステンドグラス
にゃによ~
ネコのステンドグラス
・・・ねこ?
中学生に言いたかったことは、夢を持てとかそんなことじゃなくて。
土壌を作れってことでしょうか。そこから向日葵にでもザクロでも杉の大木にでもなればいい。
何言ってるか分からないな~
それぞれの得意分野で勝負して欲しいです。
今日は私の誕生日。
昨日は時報を待ちながらちょっと良いワインを飲みました。
今日の教室では、誰にも気づかれず寂しいバースデーに
ってはずでしたがトップスのチョコケーキとイチゴのロールケーキいただきました。
ありがとうね。
 


アゼリア10インチ

先日、やくざの組長を殺す夢を見ました。
私がやった証拠はないのに組織に追われることに。
なんてハードボイルドな・・・
まさか、やくざを殺す夢占いなんてね~って あった。
解決しない問題や抑圧の解消。引き続き問題に取り込むことで良い成果が得られる、らしい。
前回、裸の夢占いの常識は脱ぎ捨てられたのだろうか。
生徒作品です。 アゼリア10インチ。
アゼリア ステンドグラス
ヤカゲニーのガラスを使っています。
ボーダーはウロボロス。ベースは背の高い物をご希望です。
アゼリア ステンドグラス
ブルー系で落ち着いてますね。

 

ステンドグラス作品展

 よく裸で出歩く夢を見ます。先週はついに連行されました。

「見せたいとか、そういう訳じゃなくて」必死に言い訳する私に[分かります」ものわかりの良い警官。
横にはバスケットボールをしている大きなステンドグラスがありました。
2m×7~8mはある大作で、背景はクリアに縁取られたオパックの緑、ユニフォームの白赤はよいポイントになり、ボールを抽象的に表した表現は躍動感がありました。構図もよく細部もリアル。
こんなシュチュエーションでも仕事か~・・・さすがプロだな。
裸ネタの続きで悪いが、生徒さんOBの作品展です。
堺牧子作品展 vol2     「光のどけき」  (どけきって?)
堺牧子 ステンドグラス
2016年4月2日~15日  11:30~19:30
お問い合わせ  atelier.abre@gmail.com
自由が丘ha-na
目黒区自由が丘2-10-7
03-3723-8687
コパーは繊細で、ケイムは素朴な味わいがありますね。たぶんお手頃価格でかいる小物もあるのでは?
雑貨屋さんの一画に飾ってあります。
お散歩にも良い季節です。
裸の夢占いの解説は
危険にさらされている。
常識を脱ぎ捨てる願望。
隠し事がばれる恐れ。
などらしい。脱ぎ捨てる常識もなく、隠し事も「忙しい」とか言って家を出ては、ドトールでコーヒー飲んでるぐらいだしな。

教室作品から

通勤路ではモクレンが咲き出し、ウィンドウには薄手の明るい服が並んでいます。
春が来ましたね。
教室では「UFOを見た」と言う人が出始めました。
生徒作品です。
新人さんの2作品目。最初の課題は4面のお休みランプ、1日でできます。
その次の作品。小さなオリジナルのランプです。
ステンドグラス ランプ
カット数の多いランプです。これだけ切ればカットは上手になるでしょう。
次は4~500ピースある風景画に挑戦!! 大丈夫?
こちらも2作品目。他の工房で経験があります。
緑と青の濃いガラスに、白と小さいオレンジが効いてますね。
カットやハンダ付けやり方、コテやハンダ自体も工房により違います。
「とりあえず3ヶ月は璃房のやり方でやってみて、ダメだったら戻していいから」と言うようにしています。
新人さんではありませんが。土曜に出来上がったので。
ドッグウッドです。
ステンドグラス オリジナル
可憐な1輪の赤は私、その周りの白い花はメンズらしいです。
見るたびに幸せな気分にさせてくれるでしょう。
そのUFOですが、銀座に現れクシュって消えたらしいです。
実は子供の頃、UFOとかノストラダムスが大好きでした。
今は健康食品とかヨガかな~かなり現実的な大人になりました。
今はケフィアヨーグルトにはまっています。

バラのステンドグラスランプ

民主と維新で名前をもめているらしいが。

ミシンの党はどうだろう?産業に力を入れてくれそうだ。
イミンの党。労働力の確保も必要だろう。

生徒作品です。
5面で作ったオリジナルランプ。
花のお仕事をしているせいか細部まで表情豊かです。
1面ずつ違いデザインです。
バラのステンドグラス
ガラス選びも独特です。教える訳にもいかない自分の世界ですね。
ティファニーランプのガラスは、選びに行ったり、見て選んだガラスを出すことがありますが「あるものでいいわよ~」っと在庫のガラス棚からとても良い選択をします。実力ですね。
ベースへの設置はスパイダーを2つ重ねて5面に対応。
教室、留守中のでっち先生、ガラスの叩き売りはなかったみたいですが。

ランプを取りに来た生徒さんに、梱包してあげて「家まで持って行きましょうか」と言ったらしい。(教室はどうするの?)
私への親切攻撃だなっ!

ピーコックのランプ

 グーしか出さない妻はジャンケンが弱い。1~2年前に教えてあげました。

先日、寝床に入ってから洗濯物が干してないことに気づき「ジャンケンで決めよう」と勝つ素振り満々で提案しました。
少し考える時間を与え「ジャン ケン」 案の定チョキを出してきました。
私はもちろんグー。すまんなっ勝ちたかったのよ。
人生にはちょっとした演技力と先を読む力が必要だ。
こんな小さなことに使ってもしょうがないけど。
生徒作品です。
ティファニーランプのピーコック16インチが出来上がりました。
とても綺麗にグラデーションがとれています。
背景に使ったのはヤカゲニー。
ガラスのご提案はしますが、色の取る場所は生徒さんが考えます。
上手くいきましたね
ベースにもあっています。
ステンドグラス ピーコック
灯りを25ワットに変えちょうど良い明るさに。
工房ではもう1人別のガラスで挑戦しています。
妻にジャンケンの弱さを伝えた時、義姉もいました。
「さわちゃんはグーしか出さないからね~」
姉は30数年黙っていたようです。

プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (138)
  • 施工例 (75)
  • 教室 (344)
  • 日々のこと (202)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up