ステンドグラス悪童日記

クリスマスパーティー

前回のクリスマスソングの思い出のネタ。前に書いた気がして見たら3年前に書いていました。

そろそろ気をつけないといけないな~。
土曜は来れる人だけで持ち寄りのパーティーでした。前は火曜にすることが多かったですが、最近は土曜が多いです。呑んべいが多いから?
美味しそう!!
ケーキもお腹いっぱいになりました。
飲み会にだけ出席率の高い人もいます。
年齢の話になり20代半ばの娘に。
「もう親でもおかしくないな~」とか言うと、「両親とも46歳です」って。
私より2つ下でした。
これが終わると私のクリスマスも終わりです。

ステンドグラス教室作品

 街ではイルミネーションが輝き、クリスマスソングが流れるようになりました。

1人身の生活が長かったせいか、結婚後もこの時期には切ない気分になります。
本当に1人身の人には悪いかもしれないけど。
そんなリアル1人のために、癒し系の作品を集めました! 余計なお世話ですが。
生徒作品です。
犬のミラー。裏側に肉球がついています。
ステンドグラス 犬
物憂げ表情が良いですね。
こちらも犬の時計。
ステンドグラス 
どこかで見た犬ですが、あまり触れないようにしましょう。
小鳥のサンキャッチャー。
ステンドグラス
ワイヤーでくるりと巻いてかわいいですね。まつ毛もついています。
表参道のイルミネーション。
チビのお迎でここを横切ります。保育園はラフォーレ斜向いのキャットストリートの脇を入った所にあります。
私の子供時代とだいぶ環境が違います。生まれた頃の実家は道が舗装もされてなくて、トイレは家の外にあり、ポッちゃんと落ちる便所で、屋根裏ではネズミが運動会、夏は蚊帳を吊って、冬は石炭のあんか、ちゃぶ台でご飯を食べる。両親に兄、婆さんという平均的な家族構成で引越す小3まで育ちました。
クリスマスの思い出は、なぜか不機嫌な私に「クリスマスソングをかけて」と親から優しく言われ、ふてくされながらかけたレコードがとても良くて。
そんなことが1番思い出されます。

森の冬じたく

 璃房OBの堺さんがグループ展をします。

今日11月24日~28日まで(11時~18時)
神楽坂のtemame(てまめ)です。
いつものように本人の承諾なく載せています。始まってからの紹介ですみませんが。
新宿区袋町2番地1-C 
03-6228-1600
神楽坂は路地裏を歩いていても楽しいですね。お散歩がてらどうでしょう。
お散歩と言えば昨日は京都。京都御所の近くにオープンし妻の知り合いのギャラリーへ。
京都の風情を感じつつ・・・ッと言いたい所ですが、京都滞在時間が3時間なので慌ただしい旅でした。
次回はゆっくり。
行ったギャラリーはfoodleco古民家を改築した趣ある建物です。
ホームページはいずれ良いサイトが完成すると思います。

しっとり感

私のブログなのにログインできなかった状況が続いていました。

これはできたけどFacebookではriboさんですか?と東南アジア系の若者が出てきてログインできません。
璃房でもう1つ作ったからいいけど。
面倒な世の中になったもんだ。ついて行けない私がいけないんでしょうが。
生徒作品です。ドッグウッドを時間をかけてしていた2人の作品から。
ドッグウッド
私がガラスが小さめになる人多いよ。と的確な?アドバイスをしたために5%拡大して大きすぎて削って時間がかかっていました作品。でも綺麗に出来たんじゃない。
秋色です。
ハナミズキ
始めてモールドを使ったランプ。ほぼ1枚のガラスで作りました。
今の時期良い色合いですね。時間がかかったのはお休みが多かったせい?
マグノリアのランプ。
ベゴニア
素直な配色です。見ていて気持ちいいですね。ピンクの濃淡も上手につきました。
先週、風邪をひいて熱が4~5日ひかず、義姉には更年期とか言われ。2日間はおねしょのように布団の裏までしっとり感。本当におねしょかと手をあててみました。
ま~久しぶりのブログも、どうでもいいことかな。

今日の教室から

 生徒さんからいただいたヤカンは快適です。

取っ手が熱くありません。蓋の壊れた穴から蒸気が出る心配もない。
気づいてプレゼントしてくれた生徒さんに感謝です。
そういえば、工房ではコーヒーミルも壊れています。
生徒作品です。
今日の教室から、仕上がったばかりのもの。

妹さんの為にウェルカムボードを作りました。

文字はエッチングクリーム。
ステンドグラス ウェルカムボード
ギリギリの完成です。細かい作品を丁寧に作りました。
和装に合いそう、きっと喜ばれますね!
こちらは象さん。
ステンドグラス 写真立て
黄色い花はタイの国の花?って言っていたような気がします。
ゾウの親子と黄色い花にクローバー、人の構図って自分にはないおもしろさがあります。
最後は先月入会した人の作品。
ステンドグラス クリスマス
ツリーの上の星も自分で作りました。
最初は小さな作品でもたいへんですね。
そのうち自然と大作もできるようになります。
明日はからすらんどに生徒さんを連れて行ってきます。
遠足気分です。
良いガラスが見つけてきます。

20周年の飲み会

 10月7日が璃房の設立記念日。20周年です。

5年置きに盛大なパーティーをしていました。今年は私がモタモタして無しかな~と思っていたら、土曜の生徒さんが「先生は来てもこなくても飲む」っと直前にお誘いが。
行かせてくださいな。
今回はうまく誘えなかった人も。ごめん、25周年は2ヶ月前にはお誘いします。
平日の生徒さんも来れる人が混ざり近所のカフェで。チビも誘われました。
ステンドグラス教室
お祝いに赤いヤカンいただきました。蓋が壊れていたので、よく見てますね。
私のお返しは写真入りのせんべい。(抱っこひもをつけたまま。他にいい写真がなくて・・・)
1口で食べても、ずっと眺めていても、インクが消えるまで舐めるのも、生徒さんしだい!
ベテランからは「気持ち悪い~」とか言われました。
2次会を終えて、帰るときの記憶は断片的に。めったにないことですが。
クリスマス会は昼間から飲むとか言っています。
12月12日です。ステンドグラス関係なら、自分の飲み物持ってくれば誰でも参加できます。

私のみをつくし。

今週、急に思い立って男の料理教室に行ってきました。

予約の電話をかける時、ドキドキしながらかけました。
次から、璃房の予約は優しく接しようと思います。
生徒作品です。
中には100円ショップで買ったカラフルに変化するライトがつきます。
ステンドグラス 教室
紫になったり緑になったりムーディーです。色違いでもう1つ作ります。
葉のついたランプです。
ステンドグラス ランプ
壁に緑が映って綺麗です。ベースもシンプルで似合っていますね。
料理教室は定年後のおじさんが多かったです。
隣のおじさんは1センチ角に切るドレッシング用のトマトを6分の1に切っていました。
「それ~大きくないですか?」
「これぐらいの方が存在感があるんだ」
うちのテーブルだけハンバーグ用のドレッシングに大きなトマトが乗っていました。
そのおじさんに任せたみそ汁の浅葱ネギは、1センチの筒状になっていました。
来月から月1で通います。

ローズブッシュ

璃房の生徒さんには福山ファンが多いのですが、結婚しましたね。

だいたいこういう場合祝福されないことが多いのですが、今回は相手が良かったかも。
福山も良い人見つけたな、っと思いました。
上から目線もなんですが。
今できたばかりの生徒作品です。
ローズブッシュ ステンドグラス
前にも途中経過を紹介したバラのランプです。
ヤカゲニーのガラスを花に、ウロボロスを葉に使っています。
紫色は探すのに苦労しますね。
難しい色を良く組み合わせました。ガラスの濃淡も上手に取れています。
ベースも定番ですね。よく合っています。
それにしても千原ジュニアは天性のお笑い気質、というかお笑い運持ってますね。

クロッカスコーン。ティファニーランプ

 今日の地震は縦揺れでした。

「震源浅いね、70mだって」と妻
「70キロmやで~地下鉄走ってるわ」(それほど深くはないみたいだが)
関西人はどこまでが本気かボケか分かりません。

ステンドグラス教室、生徒作品です。

ティファニーランプの型クロッカスコーン14インチです。
ドッグウッド。ティファニーランプ
背景は白から紫、青へ変わっていきます。
ウロボロスのガラスを使っています。アップ。
クロッカスコーン。ティファニーランプ
青、黄、緑のハッキリした色合いも良いですね。コパーも細めで巻いています。
もう1つドッグウッド7インチです。
この型は人気がありますね。プレゼント用に制作しました。
ピンクの花芯も効果的です。
秋です。長く続く習い事を始めませんか?
お待ちしています。

金魚のステンドグラス

今週の教室で生徒さんに。
「先生の顔見たら月謝払うの思い出した」といわれました。
金金金って顔に書いてあったでしょうか? 気をつけよう。
そんな顔の講師に教わる生徒作品です。
前回の金魚に続きもう1つのオリジナル金魚。今年入会の生徒さんです。
金魚のステンドグラス
黒いのは出目金でしょうか?曲線ばっかりでたいへんでしたね。
こちらは金魚。の風鈴がついたサンキャッチャー。
風鈴のステンドグラス
だいぶ涼しくなってから出来上がりました。
魚つながりでヒラメ、だっけ?
魚のステンドグラス
周りにボールチェーンで縁取りました。
意表をつくモチーフ!いろんなデザインで作りたがるものですね。
魚と言えば、魚嫌いな妻と逆で魚好きなチビ「ととっ、ととっ」とせがみます。
チビのおかげで、おこぼれの魚が食べれるようになりました。

プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (130)
  • 施工例 (68)
  • 教室 (332)
  • 日々のこと (193)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2018年4月 (9)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up