ステンドグラス悪童日記

ランプにサンドブラスト

イタリアの風景をデザインしたランプを製作中の生徒が、窓をサンドブラストして欲しい、と言うので、アートスクールの先輩サンライト企画の東條さんにお願いをした。今回で2回目だ。
カッティングシートをカットして送り、サンドをかけて送り返してもらう。
そんな仕事はやってないかもしれないが、知り合いのよしみで、またお願いした。
サンドの機械がない人は、お問い合わせしてみては?相談に乗ってくれると思います。
ミクシーで技法と情報のコミュ二ティーを開設しているジュンさん。と言った方が分かるだろうか?
今日,届いたガラスを見て予想以上の出来上がりに,生徒も喜んでいた。
オパールセントのガラスにサンドブラストするので差がでるか不安はあったが、これは効果的だ、使えると思った。掘り方を見て,時間がかかったことは想像できる。ご苦労をおかけしました。
作品は8月の作品展に出展する予定。作品展の詳細は後日またブログにアップします。


生徒のステンドグラス作品

生徒が仕事を取ってきた。私にではなく自分でやっている。
デザインやガラスなど多少の相談は受けたが、ほとんど自分で考えた物だ。
最初はおおざっぱでルーターに頼りきりの仕事だったが、出来上がってみるとなかなか良かった。
私にはない、違うものを持っていると感じた。これが個性なのでしょうか。
ガラスはアンティークからヤカゲニー、スペクトラムの型ガラスまで、何でもありだ。
1000SPや1302SPとクラッケルのアンバーなどが相性が良く感じられた。
ケイムも6ミリから12ミリまで使った。
今日取付けが終わって、みんなからほめられたそうだ。
写真はいまいちかも、透過光だと綺麗なのだが。


ステンドグラスの塔

柄にもなく難しいことを書いた前回、早く更新して過去のことにしたい。
なので製作中ではあるが、「塔」製作中。をアップします。
奥は入会して始めての作品、明るい色使いですね。
手前は和風の繰り返し模様、模様の名前があるらしいが知らない。
中はボクちゃんの作品。
ボクちゃんは塔を作るのが大好き。
どんどん作れ~   かぶって持ち帰れ。
みんな入会して1年未満の生徒さんの作品です。


リスのステンドグラスパネル

双子ちゃん。もう1人の作品。ネットで額縁を注文。
1人だけ載せると不公平なので・・・
今日の教室でのこと。
通っている女子高生ちゃんから「私の血液型を当ててみて。なんか賭けますか?」と言ってきた。ギャンブラーである私に賭け事を挑むとは良い度胸だ。
私が負けたら、はんだ1本。
勝ったらお友達の中から嫁さんを捜してくる。
そんな一方的な条件。大人とはそんな不公平なものだ。
真剣モードで「B型」を言い当てた。get!
もし探して来れなければ自分が責任とるんだよ。と隣のベテランさんにいわれていた。
いい案だ!
女子高生ちゃんのママは私のコラムをよく見ているらしい。
なにも心配はいりませんよ、本気で女子高生を嫁になんて思っていませんから。
卒業まで待ちます。
ちなみに、女子高生ちゃんは卒業したら、フランスにステンド留学する予定。
腕を上げて日本のステンドグラス界を引っ張ってくれ。
代わりにパリジェンヌでもいいよ。


ステンドグラス教室最近の作品

今日できあがった作品。
葛飾北斎の  祭屋台天井 龍  を参考にデザインしました。
彼女の実家は表具屋さん、お兄さんは芸大卒の日本画家で芸術家一家です。
龍はウロボロス60ー16、1枚で腹とウロコの部分を取りました。
1部の人に写真が見れないと連絡いただきました。今問い合わせています。
もうしばらくお待ちください。


ステンドグラス教室最近の作品

花をデザインにました。背景はブルズアイ4100、最近値上げしすぎの気がします。
作者の娘は2~3年実家の宮崎県に帰って去年から復帰。
宮崎にいた頃は「先生のお嫁さんになってあげる」と言ってましたが、東京に来てからは一言も言ってくれません。
昨日も生徒達が私の女性観について勝手に話していました。
「先生は理想が高いのよ~」
私は待ってましたと言わんばかりに
「理想が高いんじゃない、私のレベルが高いんだ」
生徒「・・・」あれッ反応が薄い。
(実は絲山秋子の本で読んで、この返し方うまいっ!いつか使おうと思っていた。)
「失笑」しばらくしてベテランさんが冷ややかに言った。
「先生~お墓に1人で入ることになっちゃうよ」
君はこの前までお嫁になるって言ってただろう。
時は人の心を変えてしまうものね。
次はまじめなこと書きます。


ステンドグラス教室最近の作品

関西弁をおしとやかに話す奥様のオリジナル作品。ベースの陶器も。
背景はココモのKOG350高価なガラスじゃなくても綺麗ですね。
先週の土曜に来ていましたが、お話しているうちに「汚れずに生きて行くのって難しい~な~」(関西弁のイントネ-ションで)と言っていました。私は「俺の場合はもっと汚れても良いかも、誰か汚して~」・・・って、空気を読めてないかも。
おっとりとした口調で強烈なことを言うのでその前の会話がなんだったか?2日前のことなのに思い出せません。
その奥様から文旦をいただきました。私はそれに菅原文太の似顔絵を描いてブログにアップしようとしましたが、上手く描けずにあきらめました。
予想はつくと思いますが菅原文旦とかいって。「朝日ソーラーじゃけん」文まで考えたのに。親父ギャグのたぐいね。
最初に思い付いた時、文旦に描かれた顔をイメージして、「菅原文旦だってプッ」と吹き出してしまいました。
1人で人生楽しんでるのも困ったものですね。


ステンドグラス教室最近の作品

彼女は捨ててしまいそうなガラスで作品を作るのが得意。
今回はまだ大きいカラスピースを使ってますが、いつもはゴミ箱に捨ててあるような小さいガラスで作品を作ります。
まるで地中の微生物のように屑ガラスを分解、再生(作品として)していきます。
私は分かりづらいたとえ話しをたまにします。


ステンドグラス教室

生徒さんの作品が仕上がりました。
ティファニーランプのレプリカ。20インチのウォーターリリーです。
ガラスはすべてヤカゲニーのスティップルを使用。ベースはCAB136です。
次は24インチのローズブッシュ、その次は10インチのミニウィステリアだそうです。
冬には彼女の実家からみかんが届きます。売り物より美味しいです。
実家の離れが帰省した時の作業場、出来上がった作品は東京の部屋には飾らず、作業場に直送です。
今日送りました。


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (138)
  • 施工例 (75)
  • 教室 (349)
  • 日々のこと (202)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2018年12月 (4)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up