ステンドグラス悪童日記

生徒作品ねこ

石神井公園でボートに乗りました。

番号1のスワンが良いと乗る気満々のチビ。

10mも行かないうちに「おしまい、おしまい、こわい。わぁ~~(泣く)」(おいおいっ)

私も泳げないのでボートは苦手なのに・・・

猛暑の中「足が細くなるかも」と1人だけ嫁が頑張っていました。

 

生徒作品です。

華やかな作品ができました!

 

ステンドグラス 箱

 

ひたすら菱形を切っていましたね。

出窓に置くと綺麗に見えるらしいです。

 

お盆休み前の教室でネコのステンドグラスが2つ完成しました。

キャンドルスタンド。

 

ステンドグラス ネコ

 

青い目が特徴的です。

 

ネコの箱。

何を入れるのでしょう?

 

ステンドグラス

 

目もナギットを使って立体的に。

鈴があることで良さを引立てています。

 

池の縁は浅く、乗り上げて動けなくなりました。

チェーンを外し池の石垣を蹴飛ばそうと乗出すと、落ちると思ったのかチビが手を押えてくれました。

2歳の力では支えられないと思いますが、ちょっとうれしかったです。

 


秋色ランプ

激痩せで心配されている私。

でっちに「何かあったらでっちが教室やれ」と言うと、最初は病院に行けと言われたが。

 

それから数十分後。

[私,大阪と東京両方に部屋持とうと思うんです。」(大阪に帰るはずでは)

[木、金も来ていいですか」(今週だけで3回、先月まで月1だったのに・・・)

 

でっちは その気です

 

怖いよ~

 

生徒作品です。

一足早く秋色のランプが完成しました。

 

秋色ステンドグラス

 

いつも色使いには感心します。

細かい所でも丁寧にできています。

 

秋色ステンドグラス

 

これはプレゼントです。きっと喜ばれますね。

 

期待の跡取り息子は2歳と4ヶ月

一昨日は10時半に帰った時、まだ寝てなくて妻はイライラしてました。

ちびに「ごめんね、ぼくねるよ」と言え、と教えると

先にベットに入っていた妻に

「ごめんね、ぼくねるよ」と言ってそのまま寝てくれました。

 


ピンクの花

最近のチビ(2歳4ヶ月)は新しい言葉を覚えてきます。

「ご迷惑おかけして、ごめんなさい」

そんな言葉を言いはじめました。

 

友達の積み木を壊しては言わされているみたいです。

 

生徒作品です。

ピンクの花が満開です。

 

ピンクのステンドグラス

 

花芯にはスーパードロップも使っています。

 

ピンクのステンドグラス

 

除くとスーパードロップの中にたくさんの花が映り込みます。

花は写真より綺麗な色なのだけれど・・・

丁寧にできましたね。キャップも独特です。

 

公園の滑り台でも、知らない子供が来ると固まってしまうチビ。

でも人に慣れて来ると、図に乗るタイプです。

 


ムンクの叫び

昨日は尾崎豊の息子が歌っていました。

 

あまった ガ ラ ス で つくり~だす~

 

生徒作品です。

 

暑いと叫びたくなるのでしょうか。

ムンクの叫びです。

 

ムンクのステンドグラス

 

よくできてますね~。

アップ。

 

ムンク ステンドグラス

 

これ、あまったガラスで作っています。

あんなに爽やかだった水仙の花や背景もこんな風になるんだね。

 

あまった ガ ラ スで~ のメロディーは15の夜のイメージ、って誰が分かるのだろう?

 

 

 

 

 


教室作品

あっという間に半年が過ぎ

ブログの更新も忘れがち。

 

生徒作品です。

 

リンゴの円いパネルです。

 

リンゴのステンドグラス

 

これ20センチぐらいの小さいものです。

細かくて大変でした。

 

フォトフレーム。

ご自身の写真や絵を入れます。

 

フォトフレーム

 

シンプルなデザインに白い枠が合ってますね。

 

中の絵もすごい!

 

ムンク

 

淡い色の背景に縦に切った紙を貼付けています。

どうやって作ったの?

 


ケイムのパネル

昨日は表参道の個展へ行ってきました。

アートスクールの1期後輩(でも年上)お話しした記憶はほとんどなかったのですが、居心地も良く家族で長居してしまいました。

絵付けの作品が多く、あ~頑張っているな~って。個展しなきゃ。

 

帰りのキャットストリートでは、黒いマント姿に亀の子タワシを3匹?紐付けて散歩させている人がいました。

昨日は暑かったから・・・

「カメさん、カメさん」とチビが後を続きたがりました。

御苑でも男性カップルの後をつけていたみたい。

行って欲しくない所に行きたがります。

 

生徒作品です。

ケイムで作った大きなパネル。

 

ステンドグラスパネル

 

アンティークガラスとココモなどを組み合わせています

ロンデルも使って円形を組み合わせたデザインです。

 

ステンドグラス

 

落ちついた色と、華やかな色の組み合わせ。

教室では、いろんな人の感性が見えます。

 

小さい作品も。

 

 

人にあげるみたいです。

とても手がかかっています。

 

知らなかったけど7月2日はタワシの日、みたいです。

だから?

 

 


月と星のパネル

 

日曜は川口まで取付けに行きました。

生徒さんが制作した月と星のパネルです。

 

月と星のステンドグラス

 

4枚中の1枚にセットしました。

 

サッシが外れずビート(ゴム)の内側を切り取り、立てたまま取付け。

外側はYケイム。強度が弱いので真鍮棒を十字に着けました。

 

 

アップです。月が気持ち良さそうに眠っています。

 

 

寝室なので良く眠れるのでは。

 

フュージングとケイム、細かな所はコパー。

もうすぐなくなるスペクトラムのガラスをたくさん使っています。

 

生徒さん8人もランチ時簡には川口に集まり、目の前で焼くステーキをいただきました。

そのまま夕食までいたのでは?5時起きの私だけ先に帰りました。

 


小さな家

水曜は夜の教室後、運転手付きの白いベンツで帰宅しました。(生徒さんのですが)

鳩の森神社の交差点ではクリスマスツリーやイルミネーション。

行交う人々はコートとマフラー、ケーキ売りやサンタさんもいる。

1年経つのは早いな~ってわけないか。映画の撮影をしていました。

角の紅茶屋もエキストラに混じりトナカイのかぶり物付けたりして。

この時期暑そう~。

生徒作品です。

小さな家のランプ。

屋根が難しいですね。どうにか合いました。

家の天井に下向きで設置するランプです。

ステンドグラス 円

平面に見えるけどカーブしてます。

気に入ったみたいで、デザインを変えもう1作品作る予定です。

華やかな部屋になりますね。

妻も出演者を聞いたみたいですが「私の口からは、ちょっと」っと教えてくれなかったみたい。

コート着てマフラーつければ混ざっても気がつかないよな~。


雪のステンドグラス

今週は料理教室でした。
なんで通ってるかって?それはうちのアモーレが得意でないから。
今日のパンケーキも褐色でした。(これまでも、そしてこれからも・・・)
きっと笑い飛ばせるおおらかな男になれ。という神からのメッセージだと思います。
生徒作品です。
こんなに暑いのに冬のイメージです。
ステンドグラス 雪
建物には雪が積もって空はどんよりしています。
サンタクロースは歩いてご出勤、トナカイがいないと屋根に登るのは大変そう。
普段あるものが、失ってはじめてその大切さを知る。そんな戒めのような作品でしょうか。
そんな訳はありませんね。
壁がブルー、月は白で夜や雪のイメージを感じさせます。
木枠に入れたミラーです。
ミラーのステンドグラス
枠の雰囲気にもあっていますね。
小さなバラがポイントになります。実用的な作品ですね。
料理教室に通っているわりに作りません。
今まで作ったのは鳥の照り焼きぐらいです。

初めてのケイム。

昨日は生徒さんからもらったチケットがあり『声ノマ』吉増剛造展へ
詩人の作品を美術館で展示すると言う挑戦的なものです。
国立近代美術館の前のポスターで気がつきました。
来週からでした。
生徒作品です。
ケイムの仕事を多くしているのに、今まで習う人があまりいませんでした。
最近はケイムをしている人の作品をみたからでしょうか?5人がケイムです。
そのうちの2人、初めてのケイムの作品が出来上がりました。
ケイムのステンドグラス
生徒さんのご自宅で撮影。
型紙に合ってないねって私にチクチク言われてたかも。
でも仕上がったら満足したんじゃない。
もう1作品。
ステンドグラス ケイム
丸で囲むと難しいですね。
コパーとは違った良さがあります。
でもみんな最初は苦労するみたいです。
美術館では常設展を見ました。
いつもは企画展で疲れて流してみるものも、ゆっくり見えて良かったかも。
皇居の緑も綺麗でした。
普段のケイムの仕事などはRibo's  blogで紹介しています。

プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (127)
  • 施工例 (66)
  • 教室 (313)
  • 日々のこと (192)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up