ステンドグラス悪童日記

でっちのステンドグラスプロ養成コース。

でっち教室、最初は大変だろう。私は忙しい身だがひとはだぬいでやろう。
「プロ養成コースでも始めるか」言ってみた。でっちがランプで私がケイム。

「プロコースって、卒業後の仕事の就職や仕事のあっせんなど考えなきゃいけないし、
カリキュラムもしっかり作ってるんですか?」

「んっ・・・」

「カリキュラムを見てから判断したいと思います」(きっ、貴っ様〜っ!)

プロコースでもないが、プロも目指して週3で来ている若者の作品を集めました。

去年の8月から入会です。過去にもいましたが1日3レッスン受けたりしています。

もしプロコースをするなら、カリキュラムなんて一般的なこと考えてどうする。

1、歴史は自分で勉強する。(ネットのほうが物知りだ。)
2、絵付け、フュージング、サンドブラストはその道の1流に教われ。
(浅く広くは使い物にならない)
3、教室やるなら宣伝の予算は最初に使い切る。(早めに入れば新しい宣伝費も作れる)
(あきらめも早くつく)

コパーとケイム、取付が分かればステンドグラス8〜9割は大丈夫。
ひたすら作れ。ちょっと極端だが、大筋間違っていないと思う。

ここを出てうまくやっている人はデザインができると思う。

プロを目指す若者に、教室日以外にも仕事が見れるので来て良いことにしている。
業界のブラック企業、璃房では時給も出さずに掃除やガラス磨きをさせている。
(でっちの丁稚奉公ということで)

そのでっちの丁稚がこの前言ってきた。
「おこがましいんですが〜 私はいつになったらお給金がもらえるんですかね〜」
(15年後ぐらいかな〜お前も河内長野行きだ。)

プロコースも考えておこう。


ミニウィステリア

大阪から丁稚奉公にきていたでっち。2011年〜璃房にきて6年。大阪のステンドグラス教室の経験を入れると20年以上になります。でっちが東京で独立します。

「どこでやるんだ」
「神宮前3丁目のヴィラシャンテです」
(直線距離100m強。近っ!なんぼなんでも・・・)

「体験まわしてください」(帰れ、大阪に帰れ〜)

「っで、月謝は?」(璃房が9000円なので、まさか8980円では?)

[12000円にしようと思ってます」(帰れ!河内長野にか〜え〜れ〜!!)

生徒作品です。
10インチのミニウィステリア 

丁寧に仕上げました。アップです。

もう、完成でいいんじゃない』私がOKを出した後も、納得いくまで仕上げていました。
長い時間がかかりましたが、その分大事に思えるのでは。

運がいいことに、璃房では今体験は夜しかできません。
でっちの教室に興味のある人は
VITRAIL madoka nakabawa

3月末から体験ができ、本格的な教室は7月からだそうです。


生徒作品。小物。

最近、嫁におやじ臭がすると言われています。
生徒作品です。小物を集めました。

犬のキャンドルホルダー。目が光ます。

四角で作った箱です。いつも丁寧です。

ティファニー7インチのランプ。かわいい花ですね。

パティーナで黒くして引き締まりました。

今日はちびコン3歳の誕生日。
だんだんわがままになり、人相も悪くなってきました。

背景の花のせいか、頬に指をあてる仏像のようです。(ハスではなくチューリップ)

『キャンドルを吹き消せ』
でもその口では5センチ上を風が通過して、何回やっても消えませんでした。

ちょっと良い写真も。君に投げキッス!

風が強い日、サブウェイのサンドウィッチのチラシが道に落ちていて、かわいそうだと1人店を出て必死に拾い集めていました。(とても一生懸命でチラシが何だと思っているの?)

元のラックに入れた時、1枚が強い風で道の遠くに飛んでいきました。
「ああっ、ああっ〜かわいそう〜」(大泣き!)
だからチラシが何だと思っているんだ。

アニメで悲しい場面ではよく泣いています。優しい子かな。
1年に1度ぐらい、親ばかなブログでした。


ピーコック16インチ

近所のお弁当屋がなくなりました。18年営業していましたが残念です。
とても良い味付けで、作り手のこだわりもあり週1で利用していました。

終わる前日、何か感謝の言葉を言おうか、でも一言も話したことないし。
支払いの時に、いつもよりしっかり[ありがとう」というのでせいいっぱいでした。

生徒作品です。

ピーコック16インチ。
グラデーションも良くとれました。

深い味わいがありますね。アップです。

背景はヤカゲニーのスティップル。同じガラスでグラデーションを取っていましたが、足りなくなって別のガラスも使っています。でも気がつかないね。
ポイントになる羽の色もウロボロスを使い華やかです。


ステンドグラス教室、小作品

今日はチョコに合う(?)カレーをいただきました。
チンしたら容器が溶けてちょっと漏れ、作った人をがっかりさせていました。
容器が隠し味になり、美味しくいただきました。

生徒作品です。小さな作品を集めました。

象の写真たてです。

デザインは土曜の生徒さん。いろんなデザインを考えて周りの生徒さんが制作しています。
これも良いデザインですね。制作者も上手に作っています。

バラのパネル。

指の大きさからサイズが想像できます。小さい作品はかえって大変ですね。
半年以上通った生徒さんです。

キャンドルを2つ。

スーパードロップが入ると良くなりますね。

もう1つキャンドル。

スペクトラムのガラス1枚で作りました。なくなると困るガラスです。

カレーのお返しはシチューでしょうか?
にごり酒でも良いタイプかも。


カラーのランプ

昨日はお料理教室、基本のコースを終え今は和食コースにレベルアップです。
ちらし寿司でしたが、具材、レンコン、卵焼き、別々で下準備の大変さが分かりました。
次からよく味わって食べたいと思います。

生徒作品です。

カラーのステンドグラスランプです。

背景の色が良いので、白い花が引立ってますね。
アップです。

今まで見たことないデザインでしたが、カラーの型がありました。

教室のない日は5時に仕事を終え、週何回かゆっくり食事を作りたいです。
どこかでそんな生活に切り替えたいのですが。


14インチ クロッカス

兵庫から来ていた義母、東京駅まで送る途中で妻との話に夢中になり3駅乗り越しました。
前回はネットにバッグを忘れ、東京駅から高尾まで取りに行ったそうです。

二人は同じ星の住民な気がします。

生徒作品です。

ティファニーランプ14インチクロッカスが完成しました。
製造が止まっているウロボロスを多く使っています。

ウロボロスは華やかになりますね。背景のグラデーションも綺麗にとれました。

なくなると多くのステンドグラス教室や作家さんは困ると思います。
使用ガラス 背景水色60−54  緑65−74  ボーダー青緑52−48  花00−36

クロッカスは何人か作りましたが、どれも綺麗に見えます。
作り手をレベルアップさせる良いデザインですね。


入会して半年の生徒作品

昨日は10年以上着ているダウンジャケットのファスナーが壊れたので買いに行きました。
暖かかったのでセーターで買いに行き、帰りに着てくるつもりでした。

あまりに暖かかったので、薄手の春物を買ってしまいました。

生徒作品です。
ステンドグラス教室に入会して半年になる生徒さんの作品です。3つ同時に仕上がりました。
2〜3作品目ですがどれも丁寧に出来上がっています。

花柄の入れ物です。細かいのに集中して作っていました。

スーパークリアドロップを使用、隙間が空いたので補強にもなります。

こちらも四角い入れ物ができました。色合いも考えられています。

シンプルなデザインほどあらが目立ちますが綺麗にできました。
えぐれのカットが上手です。

ネコのパネル。男性の作品です。

ネコの部分は薄い銅板です。淡い背景で黒いネコがハッキリ見えます。

気がつくと10年以上着ている服が多いです。
ダウンジャケットもないと困るので、また買いに行きます。


ステンドグラス教室作品

習い事、スクール系のサイトから掲載の依頼がよくきます。
今朝は『イケメン講師特集』に目が止まる。(逆はないのか)

「そこに入れて」と駄々をこねれば入れてくれるのでしょうか?
「お客様はちょっと・・・」と言える勇気が担当にあるのか。

本当に載ったら恐ろしいが。

生徒作品です。
春は近くにきています。(たぶん)
季節的にいい作品を集めました。

ベースの象はネットで仕入れました。

花の中心部分は着色してあります。いい表情になりますね。
スーパードロップも効いています。

6面のチューリップです。

明るい雰囲気になりますね。もうすぐなくなるウロボロスを使うと華やかになります。

こんな小さなパネルも。15センチ弱です。

片付けるのも簡単そうです。

今朝は明治神宮をウォーキングしてきました。
8時頃で土俵入りの行列が4列で50〜60mほどいました。
何時間待つのだろう?けっこうお年寄りもいたけど。


ステンドグラス教室・小作品

昨日は鍋でした。

アクをとっていた妻は、椎茸まですくってシンクに捨てました。(切ってない1枚)
人と機械の違いは手加減、微妙な力加減なのに。

人と思うと不器用だけれど・・・
機械と思えばけっこう良くできているかも!!

生徒作品です。

土曜のステンドグラス教室は小作品が完成する日でした。

バラのテッシュ入れ。綺麗に作ってありますね。

蝶の宝石箱。コパーシートを使用しています。

これもテッシュ入れ。ネコ足の肉球が張り付いています。

小さなミラー。真鍮があるだけで良くなります。

小作品ですが、少し工夫しています。

ブログですが、先週から悪童日記とRibo’s blogが一緒になりました。
ワードプレスが得意なスタッフがしてくれました。

仕事の記事と一緒となると、あまりアホなことも書けないな。


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (138)
  • 施工例 (75)
  • 教室 (342)
  • 日々のこと (202)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2018年9月 (3)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up