ステンドグラス悪童日記

スリランカの旅(3)

キャンディから車で5時間、南西部の海岸ゴールへ。

アラビア商人たちの貿易で栄えた街はやがてポルトガル、オランダに支配され砦を作った。
雰囲気がモロッコのエッサウェラに似ていたのは、歴史が似ているからかもしれない。

(エッサウェラのブログ)

砦に囲まれた古い街です。

町中には珍しい木が。

ランチに立ち寄った、地元の人お勧めの店。

ラッシーやミントティー

砦の中は西日があたり綺麗でした。

キャンディでお会いしたファーミーの兄嫁さんのご実家もあります。

親族にギャンブル好きな人がいて、かけに負け取られらた家は廃墟。裕福だったらしいけど。

今回のホテルは旧市街を取り巻く砦の中、アマンホテル。1泊10万円
に入ったけどトイレを借りて出てきて。

有名な建築家ジェフリー・バワが建てたプールと海が一体になってるホテル。
に入ったけどお茶して、写真を取り。

その先です。5日目ヒッカ トラズ シナモン ホテル

目の前には海とプール。ベランダはどこのホテルも広いです。(日本基準なので)

ヒッカドゥアからベントタに

ウミガメが産卵する地域です。カメ研究所では1〜3日目の赤ちゃんカメがいました。

3日目は触ることができます。

移動中、津波の話を聞きました。この辺でもスマトラでの地震で津波が押寄せ、電車は大破し1000人なくなったそうです。その日は満月でお休みの日だったらしく、何の情報も無く多くの家族連れが犠牲になりました。

日本が建てた仏像?頭の高さまで津波がきました。
1度水が引いたので、取りに行った多くの子供も犠牲になりました。

フォトギャラリーでは規制ののない写真が見れます。妻と見てると、手首に白い紐を巻かれました。

現地の人はあっさりしていて「たくさん魚を捕ったからね〜」バチがあたったぐらいの軽い乗りらしいです。
もちろん、悲しんだだろうし、そう言っているだけかもしれませんが。

最後の宿は河を船で渡ります。

6日目センタラ

部屋の外がプールでした。頭を打った時にはおとなしくなっていたちびももう元気。プール遊びできるね。

1度ホテルを出てファーミーの実家へ。渡る時の夕陽が綺麗でした。

数年前にお坊さんのイスラム系への焼き討ちで犠牲者も出て、村民がファーミーの実家に逃げ込んだ事件もありました。

いろいろ写真を撮りましたが充電切れです。

今夏の旅は,義姉とファーミーの案内があったおかげで充実したものになりました。
姉の友人1人がちびの遊び相手になってくれました。なぜか友人には横柄な態度でした。

移動は同じドライバーが最後まで付き合ってくれ快適でした。
ちょっと贅沢な旅もこれで終わりです。

帰国後3日間お腹をこわし、昨日は夏風邪で40度の熱が出ました。


スリランカの旅(2)

暑いイメージのあるスリランカでも、中央の丘陵地帯の気候は温暖。
その中心、山々に囲まれた盆地キャンディは、北から南下したシンハラ王朝最後の都、イギリスに滅ぼされるまで300年以上続いていた。仏陀の歯を祀る仏歯寺がキャンディ湖のほとりにある。

町中、至る所でトゥクトゥクが走る。

年に1度、仏歯が入った仏舎利が象に乗せられ町中を練り歩く。色とりどりの衣装を身にまとった象たちと、伝統的な音楽と舞踏のグループが壮麗な行列をつくる。

祭りの時はPM5時から11時まで、街の出入りができなくなると聞いた。
(実際は9時過ぎでしたが)

ムチを振り回し爆竹のような火花を散らした後、歩いてきた象に神聖さを感じた。

音楽と踊りが続くのは、いろんな連がでる阿波踊りと似ている気がします。

義姉のパートナー、ファーミー(スリランカ人)も一緒だったので、コネでクィーンズ・ホテルの最前列で見れました。

3、4日目のキャンディには2泊。シナモンシタデルホテル(キャンディ)

泳ぎは苦手な私、ちびに借りた浮き輪でプールサイドのちびを目指すのですが・・・
「パパ遠くなってるよ」えっ本当?足をバタバタさせるたびにさがっていきます。
自分でも笑ってしまいました。「流れがきつかったんだよ」(プールですけど)4歳のわりに大人びたフォローに励まされました。

マハウェリ河沿いの静かなホテルです。落ち着いて本が読めます。

シャワールームですべったちびが角で後頭部を打ち出血しました。鈍い音がしたので心配しましたが、医者ではこれぐらいたいしたことないよ。って感じです。ファーミーも8人兄弟、小さいことにはかまっていれない。

1つ気になったことが、ファーミーが診察前にお金を払ってました。義姉の説明だとそれで順番を飛ばすみたいです。すぐ診てくれました。渡る世間は金しだい、か〜。

仏教が70%あとはキリスト教、ヒンドゥー教、イスラム教が約10%ぐらい。
祭りの街では金属探知器に通される人が、よく見るとより黒い人たちで、過去にテロを起こした民族が検査されているようです。

5日目は海岸にあるゴールに向かいます。


スリランカの旅

1週間の旅でした。今朝帰りました。

スリランカの面積は北海道よりやや小さく、1972年にイギリスから独立。ポルトガルやオランダにも支配されていた歴史があります。主な産業は紅茶と宝石。日本から9時間で着く。

どのホテルもプール付きでした。プールの外はインド洋です。
1日目ジェットウィングホテル ネゴンボ

そして夜はブッフェ。こんな感じです。

夜遅くまでダンスと音楽が鳴っていました。

南西の海辺、首都コロンボから、中央のシーギリアまで車で3〜4時間。

2日目はジープに乗りミンネリア国立公園へ。

こんなにいるけど野生の象です。

今回のホテルは。アリヤホテル(シギリヤ)

階段を上ると開けた視界に広いフロント。

プールも大自然の中です。

3日目はシーギリアに。昔、岩山の上に豪華な王宮がありました。

めっちゃ怖いんですけど。手すりがスリランカ製ってこともあり・・・

ちびも自力で登りきりました。途中までは地元のお姉さんに手をつながれ、1番怖い所は勝手にガイドが手を取り登りきりました。チップを請求されたけど「そっちが勝手にやってんだろう」と応じませんでした。それが祟ったのか後日ちびに災難が・・・

もっと怖い所はカメラを持てず写せません。ちびを口実に登るのやめようかと思ったぐらい。

父を殺し王の座についた王子は平民の母から生まれ、腹違いで王族の母を持つ弟からの復警を恐れ、狂気ともいえる城を築いた。

世界のあちこちにそんな建築物は多いだろう。狂人の強靭な精神力がなければ『ことはなし得ない』かもしれない。

この後、ちびご希望の象に乗り、中央の古都キャンディに移動します。


人生初の・・・

チャン チャ チャ〜ン  
チャン チャ チャ〜ン
チャン チャ チャン チャ チャ〜ン

よく行く人はどこに向かっているか分かるでしょう。先日行ってきました!

人生初のディズニーランド!ちびだけじゃなく私もです。(まさか私が・・・)
最高気温36°予想の猛暑の中、駅からダラダラ歩くちび。

最初に海賊の乗り物乗ったあと「もうお家に帰ろう」って (おいおいっ)

でも妻の友達家族のお姉ちゃんに手をつながれ、待ち時間も平気そうでした。

『わぁ〜綺麗なドレス!』
『20〜30万ぐらいならボクが買ってあげるよっ!』

豊島園ではフリーパスを無くし(妻が)諦めたメリーゴーランドも乗りました。

夕方には綺麗な雲。

3〜4時には飽きるな、と思ったら夜のパレードまでいました。

(ブタの顔が怖い)

ジャングルを進む船とか,西部の列車(乗り物名が分からない)は喜んでいました。
暗い建物内の乗り物より、トムソーヤの島で走り回る方が楽しんでいました。

私もクマのプーさんの乗り物には感心しました。
飽きたら読もうと思った本も広げないまま。

混雑を避けあきらめた花火も、駅で晩御飯を食べ終えた後にあがるのが見えました。
(は〜やっとビールも飲めた)

今日、夜の教室は台風のせいか韓国から来た体験の方が1人です。


あの夕陽

っていう小説があり良かったな。

今日は恩師の教室展を見たあと、工房に戻り少し仕事。
夕陽が綺麗なことに気がつきました。

工房の窓から。

仕事に戻った数分後、もっと赤くなりました。

あの夕陽は、東南アジアに行った記者の話だっけ?淡々してたけど引き込まれました。
実家に帰ることもなくなり、読書の時間も2日で15〜20分ぐらいです。

先日、表参道のタリーズで本を読んでいたら
1つおいた隣で建築の打ち合わせをしていました。

「蔵のような建物にステンドグラスを入れたい」
その1言に、もう読書には集中できませんでした。

ステンドグラスという言葉が出るたびに、心臓はどきどき。

名刺を差し出しながら「実は近所でステンドグラスの仕事をしています」
どのタイミングでそう言おう。過去にこんなシチュエーションを夢想したこともあったかも。それが現実に隣でステンドグラスを欲しがっている人がいる。運命的な出会いだ!

でも私が取った行動は、胸のポケットに名刺を入れたまま、横を通り過ぎてしまいました。

チャンスはつかまないと巡ってこないのにね。

もう1〜2ヶ月前のことなので、偶然のアドバンテージに頼らず,公平な目で見た時に選ばれる工房ではなかったってことかな?

もっと多くの実績を積まなくては選ばれないと感じました。


わたなべゆうさんの絵

先日、西千葉のギャラリーで絵を購入しました。
絵の雰囲気はいつもとは違う感じでした。

同系色でまとめられて、空想的な絵でした。
気に入ったものも周りにおいておくと、気持ちも落ち着きます。

わたなべゆうさんの絵は、私が工房を始めた頃に出会い、璃房設立にも少なからず影響しています。過去のブログ「サイン」に書いてあります。

サインにある写真は当時お隣で年代物のマンションでした。レトロな車も古い建物に似合っています。長く使わないと味のでないものもあります。

話はそれますが、組み立て式の家や、合板でできた家具などは長く使えるのかな?

『代々にわたって生の重要な伴侶だった耐久的な制作物が、大量生産のたんなる消費材になったとき、現代人は本当の落着きを失ったのだという説を、なにかの本で読んだことがある』という本を読んだことがあります。

その本には『これは一生ものだ』と精魂を込めて制作した名品が昔はあり、使う側も一生使うつもりで思い切って最良の品を買い大事に使った。とも書いてあります。

自分に当てはめ、たまには心の軌道修正していかないと、簡単に物を作り過ぎてしまう。
そんなことを感じました。


ことり日記

工房の階段前にある木に、鳥が巣を作りました。

5月25日初めて巣を見つける。
母鳥がいたりいなかったり。まだ産まれてないのかな?

その日グラインダーを階段で使用し、音がうるさかったせいか2日ぐらい鳥がいませんでした。

3日目、ひなが産まれていました。(卵があったんだ〜)

ネットで調べたら、孵化2週間、巣立ちまでさらに2週間。
あと2週間は楽しめるな。

巣を見つけてから1週間後。(毎日楽しみにしていました)

急に大きくなったひな。
巣の縁に立ち上がっています。3羽いたのに2羽だけ。
落ちたのかな?と思ったら近くの木にとまっています。

「おーい、大丈夫か」っとでもないているのでしょうか?


この2時間後には3羽ともいなくなっていました。
(ネット不慣れで縦横が直せず、首を90度曲げてご覧ください)

あっという間の巣立ちでした。

今日あたりちびに見せようと思っていたのに。


新田コージさんの絵。

作品展の余談ですが。

ちょうど璃房の作品展に重なって、新田コージさんの個展がありました。
前に購入した新田さん絵は、璃房の玄関に飾ってあります。

作品の搬入が早めに終わり、銀座まで急げば間に合うかも。

古い雑居ビルでエレベーターを手動で開けます。っといえば分かる人も多いのでは。

最初に気に入ってものは購入するつもりでした。

いつもとはちょっと違った感じの色合いで気に入りました。

1つだけ買うつもりでしたが、気になる作品がもう1つ。
最初は目に留めなかったものが、だんだん惹かれていきました。

あっても良いかな・・・気に入った作品だったら近くに置いておこう。

思い切ってもう1つ。(は〜予算オーバー)

写真は明るく写っていますが、薄暗い光だと静謐な、静かに訴える作品で購入して良かったです。

それから1ヶ月経った頃。花巻から手紙が届きました。
女性の差出人で新田という姓と花巻の住所で、奥様では?と思いました。

個展が終わる3月24日に亡くなっていたことが書かれていました。

新田さんとは4〜5年前、店じまいした新宿のギャラリー『ポルトリブレ』でお会いしたのが最初です。
廃品回収業で手に入れた金属を絵の中に入れ込む作風と、ユニークな人柄にひかれ1つ購入したのが最初でした。

工房にある作品は、新田さん意思は無視して逆さまに飾ってあります。その方がしっくりくるものだから。
(直しに来ないでください)

闘病中だとは知りませんでした。
2〜3年に1度買うかどうかの私が、1度に2枚購入するなんて。

手紙の返信は妻から送ってもらいました。
高額で売れる作家より、作りたいものを作っている作家の方がカッコ良く感じます。
花巻のアトリエに行ってみたかったです。


打上げ!

気温28度の昨日。
参宮橋ライフ サンで打上げをしました。

お料理はこの後ピザ、パスタ、お肉やデザートが出ました。飲み放題です。
(飲んだくれて料理の写真を撮ってなくて。)

パンは隣にあるタルイベーカリーのもの。みんな買って帰りました。お勧めです!

昼スタートでビールもおいしく、貸し切りで気楽。

会の終わり、次の日(23日)が私のバースデーだったので。Happy birthday to you,の歌をうたっていただきました。ありがとうね。

残った人たちと、向かいの店で2次会。
8時過ぎには帰ったけれど、服のまま12時前まで寝ました。

土曜にもケーキをいただきました。

表情乏しい私は、床に落ちた消しゴムを拾ってもらったぐらいのありがとうしか言えず、もっと表情豊かに『わ〜っわ〜っうれしい〜!!!」とかだったらいいのに、と感じています。

半年間早まった作品展も無事に終わり、教室はガラガラだったり急に混んだり。
次回作品展は、教室、仕事は良くなるのかな〜。

半世紀生きて、また新しい半世紀(そんなに生きるつもりはないけれど)が始まりました。

んっ51だから、前の年からもう始まってるのか。


誕生日

昨日はちび4歳の誕生日。

最近は『微妙に合っている』大人びた言葉も使いはじめています。

同級生は平仮名の読み書きますが、おちこぼれてます。

そして、いまだにお漏らし。
「トイレトイレ」と急に慌て出し、(もっと早く言え!)
あーって困った顔で動きを止め、股間から下へ湿った色に変わりはじめます。
怒るのですが、その姿が可笑し過ぎて本気で怒れません。

でも最近、ちびの気持ちが分かります。
子供の記憶を忘れてない、ではなく。
50を過ぎ、急な尿意に襲われることが。

君はだんだん我慢できるようになり、
私はだんだん我慢できなくなる。

もし本当に我慢しきれなくなった時、私が微笑ましく感じているようには、きっと君は微笑ましく見てはくれないだろう。

そんなことを感じているこの頃です。

先日、都電に乗って荒川遊園で乗馬した時の様子です。

子供達の輪の中になかなか入れないタイプ。(大人は平気みたい)
遊んでいる周りで立っていたり、遊具を人に譲ったり。
損なタイプですが私はその方が好きです。
いいじゃん、ひかえめで。(慣れてくると図に乗るのですが)

意思表示が下手でも、引っ込み思案でも大丈夫だ。

世界から見れば、日本人はハッキリものを言えないと言われますが。
お前らがズケズケ言い過ぎなんだよ。っと言ってやれ。

ワンペアで勝負しろ。
自信のないフルハウスより強い。

何のことか分からないだろう、パパもよく分からない。

けど、そんなことだ、言いたいのは。

ママにはECCなんて行かなくても、習い事なんてさせなくても。
大学行かなくても
「きちんとしたご飯だけ食わせろ」っと言ってある(私にもご飯を・・・)

そんなことを命令したい気持ちで、お願いしています。(亭主関白ではないので・・・)

必要な勉強はその都度やれ。学生が終わってからが本当の勉強だ。

最近は作品展も近づき毎週日曜教室があり
今週は夜まで連続で教室なので頭がまわらない。
急いで書いたので意味不明かも。


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (139)
  • 施工例 (75)
  • 教室 (349)
  • 日々のこと (202)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2018年12月 (5)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up