ステンドグラス悪童日記

カレー鍋

いつも何かが1味足りない。               
                                    

091207_205201.jpg

                                                                                  鶏ガラを入れてみた。
泡だらけになった。
091207_213514.jpg
生徒が『トマトも丸ごと入れた』そんな言葉を思い出し入れた。
出来上がった鍋はおいしそうじゃない。
月~水曜まで食べた。工房はカレー臭かった。
木曜にリベンジ。今度はキムチ豆乳鍋、白菜はもう飽きた。キャベツで。
カボチャは溶け出し、ニンニクスライスは入れ過ぎて部屋にいると目が痛い程だ。
091210_132418.jpg
やはり何か足りないな。愛情かな。
「愛情を込めると、本当に料理がおいしくなるのよ」
と本の中で、ボルシチを作る主人公に母親が言っていた。
そうか~込めるのか。受け取るばかりだったな。
明日の朝まで鍋が残っている。キムチ鍋なのにカレー鍋のもとも入れてしまった。
土曜の教室もカレー臭い。
マイブームが終わるまで我慢して欲しい。

6 件のコメント

  • gb より:

    はじめまして。
    ステンドグラスを2年ほど習っています。
    今、ランプを制作中です。
    これからもいろんなお話を楽しみにしています。

  • ribo より:

    gbさん
    始めて2年ぐらいが1番やる気があるのではないでしょうか。
    パソコンは苦手で仕事がなければ捨ててしまいたいけど、知らない人と出会えるところはいいですね。
    ステンドグラスからよく逸れますが、少しは参考になることもあると思いますのでまた見てください。

  • gb より:

    ステンドグラスについてはまだまだ知らないこと、
    分からない事が沢山あって毎回楽しいです。
    教室に通って、いろんな方とお話できるのも
    楽しみの一つです。
    皆さんガラスに癒されているみたいです。

  • サン より:

    お鍋美味しそうですね、毎回、醤油・味噌ばかりでして。明日カレー鍋に挑戦!?してみます。

  • ribo より:

    bgさん
    吸収することがある時って楽しいですね。
    うちに通って来る生徒さんも楽しい人たちです。
    講師を講師と思ってない人たちで、それはそれで楽しいです。

  • ribo より:

    サンさん
    カレーはいけますよ。最後のうどんが1番おいしいかも。
    今はブイヤベースのスープで作っています。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (138)
  • 施工例 (75)
  • 教室 (342)
  • 日々のこと (202)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2018年9月 (3)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up