• TOP
  •  > 
  • ステンドグラス悪童日記

ステンドグラス悪童日記

ステンドグラス教室作品

習い事、スクール系のサイトから掲載の依頼がよくきます。
今朝は『イケメン講師特集』に目が止まる。(逆はないのか)

「そこに入れて」と駄々をこねれば入れてくれるのでしょうか?
「お客様はちょっと・・・」と言える勇気が担当にあるのか。

本当に載ったら恐ろしいが。

生徒作品です。
春は近くにきています。(たぶん)
季節的にいい作品を集めました。

ベースの象はネットで仕入れました。

花の中心部分は着色してあります。いい表情になりますね。
スーパードロップも効いています。

6面のチューリップです。

明るい雰囲気になりますね。もうすぐなくなるウロボロスを使うと華やかになります。

こんな小さなパネルも。15センチ弱です。

片付けるのも簡単そうです。

今朝は明治神宮をウォーキングしてきました。
8時頃で土俵入りの行列が4列で50〜60mほどいました。
何時間待つのだろう?けっこうお年寄りもいたけど。


ステンドグラス教室・小作品

昨日は鍋でした。

アクをとっていた妻は、椎茸まですくってシンクに捨てました。(切ってない1枚)
人と機械の違いは手加減、微妙な力加減なのに。

人と思うと不器用だけれど・・・
機械と思えばけっこう良くできているかも!!

生徒作品です。

土曜のステンドグラス教室は小作品が完成する日でした。

バラのテッシュ入れ。綺麗に作ってありますね。

蝶の宝石箱。コパーシートを使用しています。

これもテッシュ入れ。ネコ足の肉球が張り付いています。

小さなミラー。真鍮があるだけで良くなります。

小作品ですが、少し工夫しています。

ブログですが、先週から悪童日記とRibo’s blogが一緒になりました。
ワードプレスが得意なスタッフがしてくれました。

仕事の記事と一緒となると、あまりアホなことも書けないな。


パネル制作過程

拡大した製図は再度バランスを見ます。

カットの途中で同じサイズに切ったガラスの誤差がないか、お施主様に持っていただく機会がありました。ピッタリに切ります。カットが終わると色検査です。

今回は幅が1822ミリ高さ1029あるので周りを真鍮で組みます。

真鍮は磨いてハンダメッキし、中はガラスが割れないようにガムテープをコの字型に貼付けます。

紙を挟みハンダ付け。裏に流れないように。

自然光で掃除をして終了です。

今回は周りの四方と横1本真鍮を使いました。縦にはデザイン的に入れたくなかったので組み終えてから真鍮棒を縦に2本裏につけ補強しています。

部分的に見える所がありますが、強度を優先しました。


フランク・ロイド・ライト風のデザイン

リフォームするキッチンの窓にフランク・ロイド・ライト風のスッキリしたデザインです。

フランク・ロイド・ライト

灰色の部分は無色透明です。
白はオパックという半透明のアンティークガラスを使用します。

玄関にはブルーの濃淡で面取りガラスを多用したステンドグラスを入れます。

玄関の青い面取りガラス

デザインのバランスと色を少し変えて制作します。
絵にはないごくごく薄い青を両サイドに入れます。

こちらの白は流れのあるストーミー、クリアも流れのあるリィーミーというガラスです。
どちらもランバーツのアンティークガラスです。

2017年1月取付
キッチン1822×1023
玄関   924×1192


璃房、発進!

昨日は2017年初教室でした。

 

家から持って来たお昼のご飯と汁物が右手にあったのに、コンビニでお弁当を買ってしまいました。

コンビニで買ったお弁当をコンビニに忘れる妻と、お風呂に入ったのにもう1度入ろうとするでっちに囲まれているとうつるのか。

 

元日は近所のアイスクリーム屋(レティエ)が限定150本を100円。と貼紙を見て家族で行きました。

(無料じゃなかった?と私は思い込んでいました)

でも実際は300円。

 

帰り道、2人でなんで勘違いしていたのかな??っと

限定150個で『お得に違いない!』と思い込んだのでは。

 

100円か無料かの勘違いの違いは,欲深さの違いでは。

 

当人同士は正反対の性格と思っていても,似たもの夫婦なのかも。

 

そんな妻は元日早々お腹をこわし,風呂に入ってる私の横で3回も水のような○ン○をし,最後は口からヴェ~で締めました。元日から『うん』がついた気がします。

今年の璃房は妻からもらった運で飛躍の年にしたいと思います。

(早く風呂,トイレ別に住めますように)

 

こんな始まりですが,どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 


木更津のステンドグラス

年末に設置した吹抜けのステンドグラスです。
足場が外され白い部屋にマッチしています。

木更津のステンドグラス

青い色と面取りガラスからの光が白い壁に映えます。

木更津のステンドグラス

木更津のステンドグラス

東向の窓には朝は光が入り,午後は色がはっきり見えます。

木更津のステンドグラス

シャンデリアにステンドグラス越しの光が射し込み幻想的でした。

木更津のステンドグラス

お互いが邪魔にならず協調しあっています。

当初3枚だったステンドグラス。予算など考慮しながら素材や作りやすさを考えました。
5枚にして本当に良かったと思います。

お施主様からも大満足と喜んでいただきました。

千葉県木更津市  個人邸
600×1100  5枚
マシンメイドガラス使用


2016年のこと。

 

昨日は今日で廃業になる千駄ヶ谷の鶴の湯に行きました。

私の貧乏時代を支えた湯につかっていると、いろんな思い出が・・・浮ばなかったね。

熱ちぃ~な~誰か水入れろよ(自分ではしないけど)ほらっ体拭いて上がれ。とかかな。

 

今朝は明治神宮へラスト詣&ラスト日の出。空いていて良かった。いつもはあげないお賽銭をあげてきました。

 

亡くなった母のことです。

 

言葉と半身を失った13年間は、もう子供のようでした。

 

土曜の夜,9時半に寝かしつけた後が1週間で一番ゆっくりできる時間でした。

13年間、高速バスではゆっくり休め,甲府駅までの往復は歩いて健康でした。

 

母が休養と生活のリズムをくれました。仕事に差し支えることはなかったです。

 

日曜の朝は7時には起こし、車を出して景色の良い場所に止めカフェモカとパンで朝食。

話のできない母へは5分ぐらい(1分ぐらいだったかも)報告するともう話すこともなくなり,寝たり本を読んだりぼ~っと自然の中で1~2時間過ごしました。

 

何もすることのない時間は、とても貴重な時間でした。

 

もうイトーヨーカドーで母の安い服を見つけることも,桜や紅葉や季節ごとに見に行くことも、公園の上の駐車場で,木が揺れるのを見ながらぼ~っと考え事することもなくなりました。

 

私が頑張たい、勝ちたいと思うと邪魔なものは取り除いてくれるような人でした。

それがあったから実家を離れた後も魔法は解けず頑張れたのだと思います。

1人で頑張ってきたつもりでしたが、母がいたから。感謝の言葉も何も伝えていません。

 

仕事は順調だったかな。

工房は例年のように大掃除はまたいつか。

教室初日も片付いてないかも。スマン!

 

2017年の目標は時報の時にでも決めましょう。

 

2017年もどうぞよろしくお願いいたします。

 


円型パネルの制作

丸窓のカットが終わると毎回色検査です。
透明ガラスにセロテープで貼付けます。

色検査

外側のブルーは微妙に違う色合いのガラス2色を交互に入れています。分かりますか?
工房に在庫していた落ち着きのあるブルー同系色の2枚をお選びいただきました。
中心の円もごくごく薄いグレイです。

無色の3連窓も全てアンティークガラスを使用しています。

色検査

同じ白でも色の濃さは違い,なるべく同じ濃さの大板を見て仕入れました。
白はおとなしい感じのオパック。クリアは流れの激しいリーミーです。

円型は四角で制作します。

丸窓

円をピッタリ合わせたら組終わりです。5重になった円をサイズに合わせるのは慣れが必要です。

丸窓 ステンド

ティファニーの28インチリムが外側円周にジャストサイズだったので補強しました。

工房でお引き渡しです。設置、押縁作りはお施主様ご自身で。かなり難しいです。


教室最終日

今朝妻が「今夜は鮭とサーモンのパスタにしようかな~」と言っています。

先週は「シャチってペンギン食べるんだ」と言うと。「や~め~れ~」(やめれ~って?)

 

仕事ではでっちの他にスタッフが増えました。本名は言うなというので頭文字のえから仮にえっちとします。

でっちとえっちは同年代で2人とも他の工房にいました。

 

この前の飲み会で初めて生徒さん紹介しました。えっちは私と同じ髪型です。(丸坊主)

講師を敬うことを知らない生徒さんたちに、影武者とか、大きい方と小さい方で区別されています。

 

生徒作品です。

先週の教室最終日。良い作品が出来上がりました。

 

16インチのバラです。モールドはワーデンですがモールドから型紙を起こしました。

オデッセイのようにGPキャップをつると本格的なランプです。

 

ティファニーランプ

 

いつかはなくなるウロボロスを使用。

なくなると思うとさらに良く感じます。

 

アップです。

 

手

 

深みのある作品になりましたね。

ワーデンのモールドで作ったとは思えない作品です。

 

教室では今年の後半,準備不足でほとんど体験を受けれませんでした。

しばらく続きますが見学や入会は受け付けています。

(火曜の午前、土曜は定員です。お待ちいただければ見学、体験をされた方優先しています)

 

2017年は2年後の作品展にむけて頑張ります!

 


丸窓と3連窓のデザイン。

丸窓のイメージをお聞きしてデザインを起こします。
ご希望はこんなデザインでは。まずは線のみ画像を送りました。

ステンドグラスデザイン

それに合わせ下に設置する3連窓のデザインも描きます。

ステンドグラスデザイン

デザインを丸窓に合わせましたが,もっと違うパターンの方が似合うのでは?
1年以上の納期があったので建築前、後も下見に行きゆっくり考えれました。
奥様もデザインに手を加え、私の変更案とともに色を付けました。

丸窓ステンドグラスデザイン

両サイドが良いと思っていましたが、真中が単色にしたらとても引き立って見えました。
これは奥様アレンジです。

丸窓の下に設置するデザインも数パターン色を塗ります。

シンプルなもの

ステンドグラスデザイン

少し色を使ったもの

ステンドグラスデザイン

色を多く使ったもの

ステンドグラスデザイン

シンプルなA案に決定です。
こんなデザインも本当はいいのだけれど,これは選ばないと思っていました。面白みのない絵に感じてしまうだろうと。
私が自分の家に入れるならこれだと思っていたので良かったです。
ガラスを良い物にすれば良い雰囲気に仕上がるはずです。

丸窓の色は最終的に落ち着いた中間色に決まりました。
とても微妙な色の違いを見分け、お選びいただきました。


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (127)
  • 施工例 (66)
  • 教室 (317)
  • 日々のこと (192)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2018年2月 (4)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up