• TOP
  •  > 
  • ステンドグラス悪童日記

ステンドグラス悪童日記

昭和初期のステンドグラス。

昨日は夫婦喧嘩をしました。家計やちびの貯金などで。

経済観念のない妻との結婚当初のことです。
収入や預貯金など、結婚後どれだけ落ちたか分かりやすく折れ線グラフで見せて、妻の同僚たちにひかれていました。

今思えば、確かにちょっと違ってた。

棒グラフにすればよかった。

生徒作品です。

昭和初期のステンドグラスデザインから。ガラスも似せて作りました。

落ち着いた感じに仕上がっています。
ガラスはココモ中心です。控えめですがレトロな感じには使えるガラスです。

次は半円になる予定のバラのステンドグラスです。

こちらはスペクトラム中心。華やかな感じですね。
もう右側も作りはじめています。できればもう1セット制作します。

昨日は喧嘩を引きずったまま荒川遊園に。
壊れそうな観覧車で不安になりました。

40年ぶりぐらいに釣りにも挑戦。
1匹も釣れませんが、ちびより私が楽しんでいました。

都電荒川線では行きも帰りも降車駅を押し間違え、分かりづらい〜。
でも、鬼子母神での乗り換えで立ち寄った珈琲屋が美味しかったので、朝とは違い良い気分で帰れました。

おいしい食べ物は救われますね。


ティファニー・ウィンドウ

「論理的ステングラスの考察に行き詰まり大変です。アドバイスいただけたら嬉しいです。」
っとでっちからメールが来ました。

良いアドバイスか〜・・・時間の無駄では。

生徒作品です。

ティファニーデザインのステンドグラスパネルが完成しました。
と言っても6枚ある中の上段3枚です。

半分だけでも大変です。窓の枠に収まりきりません。

裏から補強バーを着け補強しています。

4枚目もできているのであと2枚作れば全て完成です!

自社ビルに設置予定です。まだ構想段階みたいですが。

璃房史上最大のステンドグラス作品です。
頑張れ〜。


フクシア16インチ

エアコンの掃除をしたら効きが良いです。あたりまえの話ですが。
こんなに違うなら雪が降る前に掃除しておけば良かった。
ついでに空気清浄機も掃除しました。

今年の璃房は掃除と整理に燃えてます。

生徒作品です。

フクシアが完成しました。
この図案は人気がありますね。

ピンクとグリーンです。
背景もグリーンにうっすらブルーが入っています。
アップ。

フクシアは下の部分が大変でしたね。
爽やかなステンドグラスに仕上がりました。

前回のブログで3回目の雪が降ってると書いたが、渋谷は今(4日9時半)4回目の雪がちらちら舞っています。晴れ予報のはずだったのに・・・


生徒作品

手羽元を作ろうとスーパーでレジに並んだ。
やけに高いなと思いレシート見たら、百数十円だと思ったぎんなんが680円だった。
返品も言えないし、値段を見直してくるのも面倒だ。

ビールでも飲みながら調理しようとしていたのに釈然としない。
救いだったのが、手羽元は過去最高に上手にでき、ぎんなんはうまかった。

生徒作品です。

新人さんはアンティークガラスの端財を使った物入れです。

自然光に透かすとキレイです。

こんな指輪はでうですか?ちょっと妖艶な感じで。

同柄のタトゥーが背中に入っています。

嘘です。

次は鯉の入れ墨が背中に入っていると噂される姉ーさんの作品。

美容室へのプレゼントです。

璃房で代々ネーサンと呼ばれる人は一癖あります。
先代は今三味線を習っていて、より極道の妻に近づきつつあります。(かたぎですが)

あっという間に2月です。
今季3回目の雪が降っています。
よく降りますね。


2018夢

初夢は『緑のガラスを多く仕入れ過ぎた』でした。

元日の宿を前日に予約。
「ホテルは普通でも料理が良いから」っと妻。「5万するけど正月だし」
チェックインで『素泊まり』の価格と分かりました。(すっどっま・・帰ろかなっ)

ウチらしいはじまりだね。

シャンプーにトリートメント(必要?)かかとクリームも多めに使ってきました。

年末は高島屋にちびの忘れ物を取りに行き、買ったばかりのミニカーをまた忘れた母子。妻の遺伝子が引き継がれています。

「タカシヤマ」っと呼んでいる3歳のちびは、実家で53歳の兄を呼び捨てにします。

「タカシ〜お菓子2枚あげる」
「タカシさ〜タカシヤマとタが一緒だね・・・」(カシも一緒やで)

2日はちび初のスキー場に。10年前はスノボなんて最初から乗れるわ〜っと運動神経に自信があった私は、50歳になりソリで骨折しないかな?っと心配する私に変わっていました。

そんな年末年始でした。年賀状の残りはこれから書きます。
大掃除も今日明日します。

今年の夢は、とにかく目標を立ててそれに向かって、 って早く決めっ!

ま〜損とか得とか言わず、新しい感覚の作品作りに励みましょう。

どうぞ今年もよろしくお願いします。


2017考え事。

12月初旬、ほぼ決まりかけの2つの大きな仕事がなくなりました。
それに関しては何もないのだけれど(ま〜多少はショックか)同時になくなったせいで、何かを気付かせようとしているのかと、深読みしてしまいます。

1つは10個の立体。見積もりどおり日当計算できるもの。
1つはパネル。カット済みで何枚でも組めるだけ組んでくれという内容でした。

仕事が入る前、10枚のパネルが入るように机を整理し、長年取っておいた小ガラスは安売り、紙類も捨てました。

もしかしたら、神様が長年放ったらかしの作業台を、これくらいの荒療治をしないと片付けないだろう。っと策を練ったおかげかも。

自分の本来の仕事は1枚入魂のオリジナルパネルだったはず。制作のみもとても光栄でしたが、ご依頼は何か新しいことを自分で考え、良い物を残せるチャンス。思いどおりならないこともありますが『こんなステンドグラスもあります』っと何か新しい提案ができれば、っと。

・・・でも、それだけではないのかも。気づかせるとしたら。

昔は考えごとをしていると、今浮かんだ考えにピタッと来る瞬間がありました。
そんなことも少なくなった。間違っていない道しるべだった偶然もなくなった。

今の希望は、大規模の工房を持つことや、大きな利益や(んっ?ちょっと惹かれるかも)売れる作品より。好きな作品を作っている人が1番うらやましく思います。

来年は基本1人に戻り作れる範囲で。

ピタッとくるよう、自分探しの旅にでも行きますか。(空想旅行だが)タダだし。

答えは一見関係ないような所にあるのかも。
今日、本を読んでいた時そんな考えが浮かびました。

とりあえず、3月にある作品展、10月から半年前倒しになり、生徒さんに非難囂々のやつを成功させましょう。日曜も教室を開けて。体験はお休みにしてもいいし。
タイトルは『第7回 準備不足展』

社会ネタはあまり書かないが、メヂィアも相撲や不倫じゃなくて環境問題でも取り上げれば。
カーブに合わせたハンドルを切らないと、最後は急ハンドル切ることに。
もう曲がりきれないかもしれないし。子供たちの未来のことを考える世の中になれば。

ま〜どうでも良いことを年賀状も書かずに書いています。
(1ヶ月前に買った年賀状見つからないし、も〜やめちゃおうかな)

こんな年末です!
本年もお世話になりました。

2018年もよろしくお願いいたします。


ブルーの直線形ステンドグラス。

リフォームに合わせて2枚のステンドグラスのご依頼です。
直線の中にロンデルの円を組み合わせました。

工房で撮影。

最初のデザインより色を増やしています。
斜めから。ガラスの表情がよくわかります。

マシンメイドとアンティークを組み合わせています。
縦横、太いケイムは真鍮入りです。

岐阜まで発送予定でしたが、重量があり不安なので運搬しました。
遠方で電話とメールのやり取りでしたが、最後にお会いできて良かったです。

パソコンは苦手でしたが、ネットのおかげで知り合うことができました。
お互いにそんなことを感じました。

中央道での搬入は良い気分転換になりました。ご依頼ありがとうございました。

岐阜県  個人邸
サイズ682x1056  2枚


ポルトリブレ

たまにしか行かないのに名前を覚えてくれているギャラリーが今日で店を閉じます。

最後に買える範囲の絵を買いました。

新宿3丁目の世界堂の近くの雑居ビルにあります。急な階段で3階まで上がるとギャラリー。

ポルトリブレ

その上に行くにはどうすればいいのか最後まで分からない建物。

売り物か、何か分からない物もあります。

蚤の市と題うっただけある感じの物たち。

最初に行った時は、美術に感心なさそうなおじさんたちが酒盛りしていました。

ブックハウスの時みたいに、最後だから何か買うか。 っと絵を数枚買いました。

今年は店じまいが多いな〜。どちらも自分の意志とは違うけど終わりにした感じがします。


教室ランプ作品

「おさむ水虫ってどっちの足にできてた?」(妻は10歳下だが呼び捨てだ)
「ん〜左」
「やっぱりね〜」

妻の同僚が『経絡に棒を当て患部を言い当てる』をした時、風邪のひきはじめで行ったら「喉が痛いでしょう」と言い当てられたらしい。デザイン事務所を経営している旦那さんは「左足に水虫があるね」と当てられた。「あなた右脳ばっかり使ってるから左側スカスカ」だって。

なぜ分かるんだ?

生徒作品です。

四角いランプができました。

背景はスペクトラムを使用。独特のガラス選びですね。
華やかに仕上がりました。

4面デザインするのは大変ですね。

円のランプ。息子さんが学生時代に作った台を利用して。

時代を超えた親子の共作です。デザインも若い人に良さそう!

宝石箱も完成です。

所々、細かな細工がしてあります。

棒をあてるのは、香港、台湾だっけ?に居た時に、日本でも有名な外資系の洗剤など売っている会社でしてもらったらしいです。
棒がどう反応するのでしょう?


製作過程。

ステンドグラスの制作過程です
ガラスカット後の色検査です。
ご希望の色を増やしました。

上のパネルはアンティークガラス。
下の目隠しにしたい寝室側は、模様のあるマシンメイドを多めに使用します。

面取りガラスも模様入り。国内の問屋になく仕入れに苦労しました。
北海道から送っていただきました。

ハンダ付けしたあとはパテを詰めます。

白い紙を貼っているのは、模様にパテが入り汚れやすいから。

パテ詰め後は乾燥を待ちながら掃除します。
自然光でチェックしながらキレイにします。

設置方法は設計士と連絡を取り合い、業者さんにお願いします。


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (130)
  • 施工例 (68)
  • 教室 (332)
  • 日々のこと (193)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2018年4月 (9)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up