• TOP
  •  > 
  • ステンドグラス悪童日記

ステンドグラス悪童日記

花のステンドグラス

ドアに設置する花のステンドグラスです。
縦長の窓に鮮やかな花一輪です。

ランバーツのアンティークガラスを使っています。1枚だけフリモント。
ガラスの表情も豊です。気泡のあるもの、色、ガラスに流れのあるものなど使っています。

花を華やかに見せるにはガラスが大事ですね。発色も濃淡もいい感じです。

施主様から直に受けたお仕事ではありませんが
『デザイン共にお客様には大変ご満足いただけました』とメールいただきました。
ご依頼ありがとうございました。

東京都 個人邸 室内ドア
サイズ95×685


教室案内

先週の料理教室は、受講日に行けず池袋に振り替えました。
地下からの出口が分からず、西武百貨店の袋小路にはまり遅刻。
「もういいや」あきらめの早い私は振替無しのキャンセルの電話をかけました。

ジュンク堂を見つけ2時間の立ち読み。
画集や写真集など、気がつけばステンドグラスに使えそうなものばかり見ていました。
手ぶらでは出づらかったので遠田潤子の『雪の鉄樹』を定価で購入。
100円の良書を探す。が趣味な私には820円は高額。

そしておじさんの聖地、ドトールで1時間の読書。
実家に帰ることもなくなり、時間が空く、こともなかったのでゆっくりできてました。
ちなみに○○大賞などはあまり読まず、最近は古い本中心。
『雪の鉄樹』は何かで1位を取ったらしいが、何を心に秘めているのだろう?先が気になる本でした。(まだ途中だが)

新年度も1ヶ月過ぎ、何か始めるにはいい時期です。
オリジナルのステンドグラスパネルはどうでしょう?

最近の教室から、ケイムのパネル制作過程です。

璃房では大型ティファニー、ケイムの技法も上級者コースはありません。
同じ9000円の月謝で制作できます。
基本やり方を教え、お手伝いは少なめ。

直線の組み合わせ。シンプルほどごまかしがききません。

いろんなガラスを使っています。カラフルなステンドグラスになりそうです。

こちらは曲線。かなり苦労したのでは?線が鋭角に重なったりします。

2色だけも良いですね。
自力で組んでいます。もう少しだ!

大型の作品も仕上がるまでお預かりします。
レンタルできるティファニーのモールドは23個。

今現在の空きは火曜夜の部。
残り僅かは。火曜午後、水曜午前、水曜夜です。
見学お待ちしています。入会の意思は後日で良いので、お気軽にお越し下さい。

申し訳ありませんが、定員の時間帯は体験できません。(混雑が予想される日も)
入会希望の方には、通常の体験とは別に簡単な4ピースのものを用意しています。

体験だけしてみたい方は、近くにスタッフが工房を持ったので、そちらをご紹介いたします。
こちらにお電話いただいても良いですが、ヴィトレイユ・マドカからメールを送ってください。

ご連絡お待ちしています。


生徒作品。

誕生日はねこまんまだったので、結婚記念日は北参道にある魚が美味しいイタリアンに。
メニューはなく魚と調理法を選びます。

「カニさん、カニさん」動くカニに興奮のちび。それをパスタにしました。
若干、嫌な予感が。

パスタの上に空になったカニ、足まで飾られています。
「あ〜あ〜カニさんが〜。カニさんが可愛そう〜、」テンションがた落ちのちび。
結局食べませんでした。

悲しかったんだね。

領収書を見た私も、悲しい気持ちになりました。

生徒作品です。
この時期ステンドグラスで桜を作る人が多いです。

桜は散ってしまいましたが。咲いてる時期は生で見た方が良いと思っているのですね。
他にもまだ仕上がってない人が・・・

小物もあります。

可愛く出来上がりました。

7インチドッグウッド。

落ち着いた色合いです。丁寧にできました。

イタリアンのお店では、どこかのテーブルでバースデーの歌が歌われていました。

店員に「昨日は私、明日が妻の誕生日、今日は結婚記念日だ」と言ったらアイスとティラミスの盛り合わせと、アコーディオンの演奏をしてくれました。

良い記念になりました。


即興のステンドグラス

ドアに入る小窓のステンドグラスです。
納期は短期間で、デザインに拘りはなく8色ぐらい使うのがご希望です。

拘りがないってことは、こちらで自由に作れる?
デザインは仮で、実際は多少変えることをお伝えしました。

過去に色検査で色合いが合わないもの、カット済みのものを即興的に組み合わせました。でも全て綺麗なアンティークガラスです。価格は考慮しました。小さいから可能でした。
色検査です。

デザイン画よりガラスの表情がわかり綺麗です。
小さくても存在感あるステンドグラスです。

室内のドアに設置します。


小作品

ステンドグラス教室、最近の完成品から小作品です。

プロを目指す若者、吊り下げランプです。

この後、ガラスを足して長くしました。

次はあまったガラスで小さな入れ物です。ジュエルも効いてますね。

2つのランプもあります。ベースは自前?

小さなミラー。ジュエルがポイントです。

昨日は私の誕生日。先日ケーキいただきました。

名前入りです!40歳になりました。

嘘、半世紀です!50ちゃい。
もう歴史上の人物みたい、恐ろしい。

昨日は年増園、豊島園か。に行ってきました。
夜、熱を出すちびとママ。バースデーの夕食は、数日前の1膳のご飯に、数日前に作ったみそ汁を入れおじやでした。

「胃が疲れてたから、これぐらいがちょうどいいよ」そう言って食べました。
50代も打た強くなりそうです。

今日が結婚記念日で明日が妻の誕生日です。


直線のステンドグラス

新築の玄関に設置したステンドグラスです。
お施主様にも長い期間お付き合いいただきました。

取付が終わり、撮影に行きました。

玄関の吹抜け北面に設置してあります。

外のマンションの外壁のレンガがちょっと不安でしたが、ほとんど影響ありません。

工房の窓から。面取りガラス以外は全てランバーツのアンティークガラスです。

いろんな色を使っています。お施主様のご意見もあり、ブルーを減らし調和がとれました。
お縦横4本ずつ真鍮入りの太いケイムで補強しています。

施主様から夜も綺麗だと写真をいただきました。

外観に調和していますね。
照明や鉄など引き立てあっていて良かったです。

ご依頼ありがとうございました。

東京都練馬区  個人邸  玄関吹抜け 北向
サイズ 1158×598 2枚


生徒作品&絵付けのステンドグラス差し上げます。

アートスクール同期が絵付けのステンドグラスを整理したいというので1番下に連絡先を載せておきます。

生徒作品です。
パネルを2点。
ご自身のウエルカムボードです。どこか分かりますか?

横浜でした。華やかになりましたね。

バラの円窓。

吊り下げ型の円に合ってますね。
深みのあるリップルを使っています。

絵付け作品ですが、聖カタリナやカンデンスキーの模写など数点あります。
注文なら数十万するものです。
画像はありませんが詳しくは直接お問い合わせください。

0422−77−8804(中川)
詳しい住所は載せませんが、武蔵野市まで引き取りに来れる人に差し上げます。


イヌ、ネコの小物。

最近の小物から。

今日、夜のステンドグラス教室。

ひまだニャ〜。

暇だ〜ワン!

小ネコのメモ帳入れとイヌのキャンドルスタンド。2匹ともしっぽがあります!


フクシア16インチ

今朝、保育園に向かう途中に、潜在能力を引き出すカウンセリング、ロビンソンなんとか。
という看板を見つけて「こんな看板気がつかなかった〜」と妻が興味を示した。
(君は潜在能力の塊だからね)

生徒作品です。

本人納得いかない出来らしいです。ガラスが綺麗だから大丈夫だよ。

20年もすれば幻のウロボロスを使った。とか。
遠目で見たら分からないし。

小さなランプも仕上がりました。
7インチのドッグウッドです。

人気のデザインですが、選ぶ色で仕上がりも変わってきます。
背景の色が良いですね。

久しぶりに生徒のボクちゃんが来た。結婚相談所に行ってます。

「39で結婚できるのは0.数%ですよ。」 (そんな確率低くないと思うけど)
なかなか上手くいかないらしい。

「宝くじに当たるような確率ですよ。」    (さっきより低くなってる)
ボクちゃんの夢や希望はだんだん薄れ・・・

「結婚なんて、隕石にあたるようなものですよ」(低すぎないか、そんな人見たことないし)

そういえば自分も39の頃、結婚なんて魔法でも使わないと難しいだろうな〜って思っていました。子供なんて夢のまた夢。

少しは妻にも感謝しないといけないかな。(少しかよ!ツッコまれそう)


教室作品。パネル。

エイプリルフールでも嘘つかなくなったな〜。

生徒作品です。
最近の作品から花のステンドグラスパネルです。

花満開の円形パネルです。テーブルになります。華やかですね。

次はお酒好きの生徒さん。前はワインボトルでしたが。
今回はエアー花見用でしょうか?夜桜です。

月が綺麗ですね。

夏目漱石は「 I LOVE YOU 」をそう訳せば日本人に伝わると言ったらしいですが。

「そう伝えられても困るよ〜」そう思ってたりはしないだろうか?
好きじゃない人といて、月が綺麗だなんて言えないし。

月と言えば。私はおでこと頭髪の生え際につむじがある。
中学生の坊主の頃、そのつむじが月の形をしていたので『月』と呼ばれたことがあった。

残念だが、もういまでは確認できなくなっている。


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (125)
  • 施工例 (62)
  • 教室 (309)
  • 日々のこと (188)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2017年11月 (6)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up