• TOP
  •  > 
  • ステンドグラス悪童日記

ステンドグラス悪童日記

真鍮で補強する

大きいサイズのパネルをつくっている。2m近いので真鍮で補強する。四方と中に2本入れる。
ハンダメッキしやすいようにグラインダーで表面を削ったが、手が疲れたのでたわしに代えてみた。フラックスを強めにしたらこれでもハンダがきれいにのる。
ガラスが割れないように、5㎜に切ったガムテープを芯に貼る。重みがかかりそうな下方は2重にした。
こちらはガムテープ応用編
エプロンのお腹に穴があいたのでとりあえずふさぐ。


アンネン・ポルカ

4日東京に戻り、今日から仕事始め。
2日、3日はゆっくり休めた。
年末書いたブログにスピーディーワンダーと書いてあったと友人に言われた。早そうだねって・・直さないでおこう。友人の新築した家で飲んだのだが、家を建てるって改めてすごいことだな~と思う。自分より大人に感じるし、静かな感動すらおぼえる。
褒めておいてなんだが、段ボール数箱分のビデオ、DVD(成人)が恥ずかしげもなく置かれていた。(親友の母って題名がウケた)高校の卒業アルバムを捨てるより、こちらをどうにかした方がいいかと思います。
元日夜に帰省したのだが。41にもなると違いがわかる男になって行く。
NHKのニューイヤーコンサートが良かった。初めて最初から最後まで熱心に見た。
父母と見た。母は障害があり返事しかできない。
私「毎年、振り袖の女の娘テレビに映るよね~」
母(うなずく)
父「振り袖で演奏してるだか~」
私「するわけないじゃん!」(見ればわかる!)
父「あ~ほ~か」(ああそうか)
アンネンポルカが流れる。
チャララッ チャララッ チャララッ チャララッ チャッチャ
チャララッ チャララッ チャララッ チャララッ チャッチャ チャ~チャチャチャチャ
私「この曲は知ってるよね~」
母「うん」
父「ネコふんじゃった~ネコふんじゃった~ネコふんじゃ、ふんじゃ、ふんじゃった~」
(あ~うるさい!)メロディー違うし。そりゃ無理だろう・・・よく合わせようと思ったな~元日早々、私のこめかみの血管をヒクヒクさせる。
父「だめだ~音楽がうるさくて」っと1時間早く寝た。雑音にしか聞こえないのだろう。
今年もこの人が最大のストレスになるだろう。
次の日、両手で頭を抱えてテレビを見ていた、隣を見ると父も同じポーズだった。
ゾッとして姿勢をかえた。
逃れられない蟻地獄に落ちて行くようだ。


2009年こんにちは

新年あけまして
    おめでとうございます。

ゆく年来る年をラジオで聞きながら新年の時報を聞きました。
今年の誓いは
私が幸せになりますように

って1秒前まで祈るつもりでいたが、時報のときに違うことが頭をよぎった。何かは内緒。
年のせいか紅白を聞くのが落ち着く。水谷豊がやっぱりいいね・・41の私には唄える。ミスチルの歌詞にもジ~ンと来た。
白か黒で答えろという難題を突きつけられ・・・あると思います。別に吟じてる訳じゃないが。ラジオで聞くのもいいものだ。
紅白って昭和を感じるよね~昔に戻りたい。なんて思ったりして。
今やっているゆく年来る年では、嵐山光三郎がアラフォーならぬアラセブ?だ(70前後らしい。)と言っている。
教養があって人格があって・・・プッと笑ってしまった。教養と人格がある人がそんなこと言うかよ。
ブログを見ている知り合いも、知り合いじゃない人も今年もよろしくお願い致します。お互い良い年になるといいですね。
生徒へ、教室は6日からです。ビールとワイン残っているよ。
(山梨教室は4日から、お酒は持参で)
今年は傷つきやすい私をいじめないように。


2008年最後の日

ここ数日は教室がないこともありブログを話し相手代わりに書く。
読み返すと最近は真面目なことを言っていていい人みたいだ。生徒の毒舌に汚染されてないと、こんなに私はピュアはハートを持ているんだ、とつくづく思う。
(プアなハートと押し間違えた。つくづくは熟って書くことを知った。うれうれ、またはジュクジュクって読んじゃう)。
2008年を振り返る。
お世話になった人ありがとうございます。
かかわり合った人、遠くから作品展に来た人(もちろん近い人も)お手伝いしてくれた人、ありがとうございます。
大殺界と本厄が重なったがそれほど悪い年でもないかった。
ここ数日、大掃除をしながら考える。人の為になることって難しい。
3つあると思う。
自分がしてあげたいこと。
相手がしてもらいたいこと。
相手がしてもらいたくないことでも相手の為になること。
その3つだと思っていた。だが本当に相手のことを思い行動しているか?ってことの4つだ。
人間は勝手な生き物だから、相手の為だと思い行動していることでも実は自分のエゴだったり、それに気付かないように、自分の悪さを覆いかぶすように、自分が悪い人だと思いたくない気持ちで相手の為にと言っているだけ。こともあるのかもしれない。
いい部分と悪い部分を持ち合わせて生きて行かないといけない。人を責めてはいけないし、自分も責めない。宗教的みたいだが許す気持ちは大事なんだな~と熟感じる。
(熟1文字でつくづくだった。)
そんなことを思う2008ラストの日です。
ブログに書くと何でも大袈裟に感じてしまう。思い悩んでいる訳ではない。
来年はどんな自分になりたいか。時報の時に思ったことを実現していきます。


今日も掃除

掃除に3日とったが机の中までやるのは難しい。
ビールを飲んでしまったのでもう帰ろう。
明日は部屋の掃除もあるし、やはり完璧にはなかなかできない。
夜、文具のFAXが届く、『頼んでないのにインクの無駄だろうっ』と怒るところだが、暮れまで働いているんだな~っと思う。
今年もあと1日だ。日本は平和だ。
争っている国も犠牲者が出ずに年を越したい。(越えてからも)


大掃除

掃除を頑張っている。まだ途中だが。
 
今一休み、これから食事。
何かを忘れるように一心不乱にやった。過去最高の進み方。
忘れたいことの多い年の瀬だから掃除がすすむ。
遠くの国では戦争が激しくなりそうだ。


年のわりにミスチル~って・・・

日曜の夜、山梨から工房に戻って年賀状を書く。
(テレビ無の私、実家で見た日曜美術館のマチスとルオーの手紙のやり取りに釘付け)
新宿で寄り道、タワーレコードでミスチル最新版、KANのライブバラード版(実は2枚目、お勧めです)、スピーディーワンダーのベストを購入。聞きながら書く。
周りのビルは日曜ってこともありひっそりと静まり返っている。
明日からはもっと人がいなくなるのかな~この時期は好きな季節の1つ(季節じゃないか)
明日から大掃除だがいつも完璧にできない。部屋をきれいにして新年の時報をここで(工房)で聞くのが毎年の恒例になっている。
ブログを書き始めたらちょうどこのタイミングで「描いた夢、理想追い続けたってものにでいるのはひとにぎりの人」って唄っている。
私の夢って何だろう?
話は飛ぶが先週、記憶喪失になる夢を見た。または夜中に寝ぼけていたのかも。私は誰だろう?何の為に生きているのだろう?いろいろ思い出せなかった。そしたら知り合いの顔が浮かんで来て自分に戻った。
いろんなことにメッセージがあると思い込む体質なので気になった。
そうっ、工房を始める前に見た夢の話をまだ書いてなかった。
今は『1番きれいな色ってなんだろ~』が流れている。


今年最後の教室

年内に完成させたいのか先週と今週でいくつかの生徒作品が仕上がりました。

蝶の飾りがぶらさがっています。ライムの種はフュージングしてありますが写真では分かりづらいですね。レモンにも飾りが貼ってあります

テラリウムです。淡い透明系のガラスがきれいです。
背景が葉ならもっと綺麗に見えるのですが。

ブタの蚊取り線香入れ、らしいです。LEDのライトを下に入れてもきれいです。
(LEDの場合はナギットかダルのようなカラスで光源を分散させないと綺麗に見えません)
まだ仕上がりそうなので今年中にまた載せれるかな。


昨日のイブは

お教室でした。
私が寂しそうだからお酒もって来てあげる。そんな感じで飲むことに。

他の生徒にもイブに来ればお酒ぐらい出すよ。っと軽い感じで本格的には誘いませんでしたが15人来ました。作業する人、飲んでる人、最初はこんな感じで別々のテーブルに。
9時過ぎた頃に全員が飲み出しました。
「俺が着るんだからお前も着ろ!」

サンタの格好を嫌がるボクちゃんに命令する璃房最高齢(77)のおじいちゃん。
ちょっと!こんな使われ方する為に買ったんじゃない~。
10時過ぎ、急に静かになったおじいちゃん、ちょっとヒヤヒヤしました。
ワイン4分の1をラッパ飲みで一気したボクちゃん。次の日はなんとか販売士の試験らしい、もう出世はあきらめたのだろう。一気の飲みを後悔しているボクちゃんに「もうっ~ぐじぐじ言わないの!やってしまったものはしょうがないんだから~」っと説教する女子校生ちゃん。年は1番下だがボクちゃんよりはランクが上だと思っているのだろう。気が付けば11時過ぎまでいるじゃないか。早くお家にお帰り。
11時半ぐらいからは4人になり、ピロウズのライブDVDを見ながら飲んだ。
最後の人の電車は12時50分過ぎていた。
今日のお昼は、昨日生徒が1人分作ってくれておいた鍋。おいしくて余った野菜と揚げた餅を足して食べました。
街では今日もクリスマスのイルミネーションの中、愛情ある言葉が交わされるのでしょう。
などと言うと、引く~とか、キモぃ~とか言う生徒たち。
普段から謝ることとお礼を言うことは嫌いですが。
至らない点は~~~水に流せ。
いろんな楽しい思いは・・・しょうがないな~  ありがとう。


どうでもいい話。

今日はなんでこんなにあったかいのだろう?
最近外出が多く木曜から新聞も読めずにいる、師走のマインドコントロールか。
年賀状も書いてない(ブログを書いてる場合か?)
移動の乗り物に乗っている時だけがゆっくりできる。
でも近頃は本を読んでいても手が止まり考え込む、いろいろなこと。
ページに指を挟んだまま、深い精神性の扉を開けて深海へと入り込んで行く。
生徒がイブに教室で着たいと、ミニスカサンタの衣装をドンキに買いに行った。
かごに衣装2つだけを入れ混雑するレジに並んだ。
パッケージのモデルの写真を見ながら深い精神性の扉を開けて深海へと入り込んで行く。 
レジではお姉さんに目を合わせず、とても小さい声で
「領収書ください」と言った。
その話をアートスクールの後輩にした。
生徒に使われている私を「五味さんってMですね」と言う。Mじゃない。
「どMだ!」
(嘘、プチSぐらいだと思う)
アートスクールは今期で終わりみたいです。
こんなこと言う後輩ももう出ないのか。
(やっぱりMかな~)
母校がなくなるのはさみしい気がする。


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (138)
  • 施工例 (75)
  • 教室 (342)
  • 日々のこと (202)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2018年9月 (3)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up