ステンドグラス悪童日記

ウォーターリリーとフクシア。

もう明日で9月です。創作するにはいい季節になってきました。
平日昼間は定員に近いですが、他は空きもあります。
ステンドグラスを始めてみませんか。

生徒作品です。

ティファニー20インチ、ウォーターリリィーのステンドグラスランプです。

背景はリップル、カットが大変でしたね。
アップです。

バランスよくし上がりました。

次はフクシア。

オレンジ色の花です。
アップ。

背景に高価なピンクを使用しています。
色が飛んでしまいましたが、オレンジはピンクと差がありもっと綺麗です。

小さなランプも。

色合いが落ち着いますね。センスを感じます。

同じ時間帯の教室で、ここ1年で3人がご出産というクラスもありました。
生徒さんは減りますが、教室にとってめでたい感じは、何か良い気がします。
戻って来てくれると言っています。

8月はお休みの人も多く、9月以降に振替える生徒さんも多くなると思います。
時間帯によっては体験教室もできなくなると思いますが、見学はお待ちしています。


人生相談

先日、教室中の電話。

「相談したいことがあるんですけど」(おっ仕事の依頼か?)

「妻子ある男性とお付き合いしていて、奥さんにバレたんですけど」(間違い電話?)

「間違いではないですか?」

「いぇ間違いではないです」 

「え〜、相談を?私に?」

「はい」    (ハッキリ言った)

ステンドグラス屋に聞くんだ〜
2〜3秒で頭の中でいろいろ考える。やっぱりおかしい?

「どちらにおかけですか?」

「○○相談所では〜」

生徒作品です。

ステンドグラスパネルなど。

3月入会ですが難しいものにチャレンジ。

色合いも良くできました。

こちらも4月入会の生徒さん。

抽象的な花、個性的です。

パイナップルのステンドグラス。

こちらはベテラン。さすがです。

こんな箱もできました。

間仕切りあると難しいですね。

万華鏡もできました。

華やかですね〜。

電話は、間違い電話と思い聞いたのに、相手は妻にバレたことが間違いではない。と思ったのかな?
相談に乗ってあげれば良かった。

あのまま話してたらアンジャッシュのコントみたい。


生徒作品

料理が苦手な妻が三日続けてお弁当を作ってくれました。
なにかの前触れかな?

生徒作品です。

ブログが夏休みだったため季節外れのものなど。

アジサイのステンドグラスです。もう枯れてますかね。

鯉のぼり。

ちょっと前に完成、ブログさぼり過ぎですね。

キャンドル。クリスマスですか。

これは早くない?

兵庫の実家に帰った妻はスーツケースを送り、鍵をなくしました。土産も着替えも取り出せない。
次の日に私が合鍵持って向かったけど。

妻ねたは他にも。洗濯した布団のカバーの中から、寝ようとしたら何かプックりしていると思ったら私の靴下が出てきました。
後日、足下の方にチビのハンカチも。
「え〜じゃあリン君の靴下も入ってない」っと妻
ありました。私のVネックのインナーが。
それからちびの靴下も出てきました。

でもスーツケースの鍵は出てきませんでした。


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (147)
  • 施工例 (80)
  • 教室 (372)
  • 日々のこと (205)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2019年8月 (3)
  • 2019年7月 (1)
  • 2019年6月 (6)
  • 2019年5月 (6)
  • 2019年4月 (7)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (6)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (9)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up