ステンドグラス悪童日記

フランク・ロイド・ライト

フランク・ロイド・ライト風のステンドグラスです。

過去にもステンドグラスを入れたことのある施主様から、再度ご依頼がありました。
書斎の窓は記憶にあったので、お会いする前に私が良いと思えるデザインをご描きました。

以前に設置したステンドグラスと違和感なく、また読書の邪魔にならない線と色合いを考えました。過去作と一緒に。(右上)チェロとピアノが置いてある静謐なお部屋です。

いつもはご希望をお聞きしてからですが、フランク・ロイド・ライト風も似合うと思いご提案しました。
シンプルですが書斎に合っています。ガラスの質感もアップにするとその良さがわかります。

派手さはありませんが、上質なアンティークガラスです。
設置した時、場所に合っていて気に入っていただけたのでは。と感じました。
2回目も任せていただけるのは、とてもありがたいです。

2021年10月に設置しています。


モスク風ステンドグラス

イランのマスジェデ・ナスィーロル・モスクのようなステンドグラスです。
下側はモロッコの建築で使われるような幾何学模様。中央は草花。上は参考に頂いたモスクの雰囲気3つで構成しました。

中心上部は小さな紫の花やいろんな色と形で。

花瓶はサンドブラストで模様を出し、イタリアの作家さんからいただいた凹凸の模様のあるガラスも使用しました。

青い花も削り表情を出しました。

いろんな色と種類のガラスを混ぜて。

お時間をいただいたので、『待った甲斐がありました』と言われました。
こちらも作り甲斐がありました。
手をかければ、かけただけのことはありました。

マスジェデ・ナスィーロル・モスクのように床に色が映って綺麗でした。

2021年  10月取付   東京都中野区  個人邸。
264x1996


モスク風ステンドグラスの制作。

イランのモスク風ステンドグラスの制作過程です。

フリモントやヤカゲニーなど選んできたガラスを組み合わせます。
カットが終わると色検査。施主様にも来て頂きます。

気に入らない所は切り直し。
細部にサンドブラストで花に表情を出します。

花瓶のデザインにもサンドブラストで削り、イメージに合わない時はやり直し。

モロッカン風のデザインは円を綺麗に作り、そこからケイムをカットします。

モロッカンより簡単そうで難しいのは円の中の直線です。切り込んで差し込みます。

外枠はハンダメッキした真鍮を使用。強度を出します。

もう去年の秋には完成設置しています。次は設置後の写真載せます。


生徒作品

コロナ感染者が2万人越え、いつもならお休みにしているところですが開けています。
生徒募集こんな時期に来るのかな?っと思いましたが、少しずつ入り始めています。
2月も通常通りやってます。(状況により考えるかも)

ステンドグラス教室、生徒作品です。

自宅の天井に付けます。フリモントの背景にユリのようなデザイン。

中心は作家さんのロンデル使用、本人とても気に入っているみたいです。

ティファニー16インチポピー。反射したのが綺麗だったので窓に映して。

葉の葉脈は裏から半田付け。花のフリグリーと差が出ますね。

こちらもフリグリー(金属製の細かな模様)を使用。16インチのフィッシュ。

目玉が光っています。水のブルーも良い感じです。

教室の方も空いている曜日から体験を再開しようかと思っていますが、もう少し先になりそうです。


無彩色のステンドグラス

ティファニー調のステンドグラスと同じ新築の家です。
玄関の2面にシンプルなステンドグラスを入れました。

北と西向きの窓で反射光が入ります。色はグレイの濃淡と緑がかったグレイです。
1日中綺麗に見えるので私の好きな方向です。

他の窓が具象だったので、シンプルなものを考えました。
お時間もいただけたので、家の感じや背景なども考慮し打ち合わせを重ねました。

工房の窓から。

環境の良く、光の入り方もステンドグラスには向いていると思いました。
軽井沢も近く自然に囲まれた場所でした。

2021年 9月  群馬県  安中市 個人邸


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (163)
  • 施工例 (110)
  • 教室 (413)
  • 日々のこと (218)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2022年5月 (1)
  • 2022年4月 (1)
  • 2022年3月 (3)
  • 2022年2月 (5)
  • 2022年1月 (4)
  • 2021年12月 (3)
  • 2021年11月 (3)
  • 2021年10月 (3)
  • 2021年9月 (4)
  • 2021年8月 (3)
  • 2021年7月 (2)
  • 2021年6月 (3)
  • 2021年5月 (6)
  • 2021年4月 (3)
  • 2021年3月 (1)
  • 2021年2月 (4)
  • 2021年1月 (4)
  • 2020年12月 (8)
  • 2020年11月 (7)
  • 2020年10月 (3)
  • 2020年9月 (2)
  • 2020年8月 (5)
  • 2020年6月 (5)
  • 2020年5月 (12)
  • 2020年4月 (13)
  • 2020年3月 (7)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (4)
  • 2019年12月 (4)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (4)
  • 2019年9月 (2)
  • 2019年8月 (3)
  • 2019年7月 (1)
  • 2019年6月 (6)
  • 2019年5月 (6)
  • 2019年4月 (7)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (6)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (9)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up