• TOP
  •  > 
  • ステンドグラス悪童日記

ステンドグラス悪童日記

ステンドグラスの兜

今日は子供の日。多摩六都科学館へ行く。

プラネタリウムの映像が斜めになった所で目眩を感じ。
後半で眠気を感じた。

ランチの後も2回目プラネタリウム。ほぼ寝たリウムになっていました。

生徒作品です。

ステンドグラスのカブト。よくできていますね。

照明をつけると。

持ち帰り後、過去作の赤いドクロを中に入れた画像を見せてもらいました。
鎧も作ってくれ。

ステンドグラスの鯉のぼりも。

可愛くできています。

教室ではもうハロウィンとクリスマス物を作っている人がいます。

プラネタリウムですが、星座の線がどの星座もそれに見えないのに、それと言い張るところがすごいと感じました。

銀河は2兆個あるみたい。
前にブラックホールは宇宙の始まり。みたいなことを言ってる人を見ました。
吸い込まれた先に宇宙が誕生していたら、おわ〜りははじまり〜(佐野元春のメロディーで)みたいでいいですね。

そんな宇宙も2兆個あるのかな?


数学者

昨日、義理の姉が見た難関校の問題の話をした。

2x2x2x2を10回?して17で割ると余りは?。
みたいな。(違うかも)

何か簡単にできるやり方があるんだろうな?っと思いながら、最近読んだエッセイの話。

自習のため先生が「1〜100まで足しなさい」と言ったらガウス少年(のちの数学者)数学がすぐに答えを出してしまった。

1+2+3+〜 +99+100
100+99 〜 3+2+1
合計が101x100÷2=5050

なるほど、このやり方なら千でも万でもすぐに出る。

知ると知らないのでは違いますね。

生徒作品です。

ポインセチア。16インチ

緑と赤のコントラストが鮮やかですね。

栗。ワーデンの6分の1のモールドを使って。

よく合いましたね。

色合いも落ち着いています。

ちなみに数式は小川洋子のエッセイでしたが、別のエッセイで宮本輝の錦繍のことが書いてあり読みました。

そこから泥の河、蛍川と宮本輝ブーム。優駿に惹かれないが、道頓堀川はきっと良い作品だろうと、思いもったい無い気がして買ったけど先延ばしにしています。

そんな今日この頃。

今日で55歳になりました。

今年はひたすら仕事を良くしていきましょう。

教室は整理整頓中。

仕事は1つ1つよく考える。何が良くて、必要とされるか。
あって良かったと長く思ってもらえるように。
他とは違うように。

そんなことを考えました。


小さな作品

カタツムリが脱走した。
フタの隙間から逃げ出した。
逃げた女房にゃ未練はないが〜 (逃げられてないけど。昭和やな)

朝は気がつかなかったが、夜 虫カゴを掃除した時に判明。サイドボードの裏に落ちて干からびているのでは?っと心配した。
ネットでカタツムリ脱走で検索するとそんな動画もありました。(探すより先に検索する妻)
けっこうツムちゃん逃げたがるのね。 

50センチ離れた本の裏に張り付いていました。水を吹きかけたら再生した。

よかった。生徒作品です。

今回は制作途中のものから。

可愛らしい花をいくつも作って丸いランプにします。完成はもうちょっと先です。

小さなトレイ。

最初はこんなものからスタートするといいかも。

ペン立て?

っと思ったらランプですね。設置すると光が広がり綺麗です。

カタツムリは数ミリの時から飼っているので、外にはなしたら生きていけるのだろうか?
カタツムリにも恋の季節があるのかな?


教室作品

引越し先が温泉付きだった。

という夢を見た。(昨日に続いて夢の話)

間取りは狭いが、湯船は3段、開放感のある外から丸見えの風呂だった。
きっと寝る前にブラタモリで温泉の特集を見て、その後マンション情報を見たからだろう。

足を入れたらピリピリ、っときた。テレビと同じ。

違っていたのは、その後いろんな人が集まりくつろいでいる。
温泉場にある長テーブルが2列設置されていた。

ゴミは持って帰ってくれないかな〜っと心配していた夢。

最近は寝る前の出来事を夢で見る。

生徒作品です。最近の教室から小さなランプ。

もうなくなったわー殿のモールドで。

ベースもおしゃれですね。

ダルガラスで。

壁り色が映ります。

虹が出ました。

ペガサスもいます。

シンプルな作品。

どこにでも合いそうですね。

夢を見るのは眠りが浅いのかな〜


ステンドグラス教室

昨日はお見合いをした夢を見ました。

いい感じで進んでいましたが、キャビンアテンダントをしていた語学堪能な女性に
「私は英語ができなくて」っと言った途端
『 えっ? 』っとあからさまに引いた顔をされ、お連れ様とこそこそ話。
なんか〜いけないこと言ったかなっ、と思っていたら。

『笑いながらスキーを滑る』罰ゲームが嫌で、帰ってしまったみたいです。
(なんの流れでそうなったかは知らないが)

きっと昼に妻から英語の動画を見せられ『2%だったら分かるわ』と会話したのが夜残ってたのだと思います。

生徒作品です。最近のステンドグラス作品からパネルを集めました。

ケイムで作っています。

ちょっとケイムを太くしたり、円で囲むと難しくなりますね。

ティファニーで朝食を。

単純な線でそれらしく見せるもの大変ですね。

淡い色合いのパネルです。

優しい作品になりました。

ちなみに妻に見せられた動画は、カナダの医師がワクチンが危険性について語った動画です。

いろんな意見がありますね。


フランク・ロイド・ライト

フランク・ロイド・ライト風のステンドグラスです。

過去にもステンドグラスを入れたことのある施主様から、再度ご依頼がありました。
書斎の窓は記憶にあったので、お会いする前に私が良いと思えるデザインをご描きました。

以前に設置したステンドグラスと違和感なく、また読書の邪魔にならない線と色合いを考えました。過去作と一緒に。(右上)チェロとピアノが置いてある静謐なお部屋です。

いつもはご希望をお聞きしてからですが、フランク・ロイド・ライト風も似合うと思いご提案しました。
シンプルですが書斎に合っています。ガラスの質感もアップにするとその良さがわかります。

派手さはありませんが、上質なアンティークガラスです。
設置した時、場所に合っていて気に入っていただけたのでは。と感じました。
2回目も任せていただけるのは、とてもありがたいです。

2021年10月に設置しています。


モスク風ステンドグラス

イランのマスジェデ・ナスィーロル・モスクのようなステンドグラスです。
下側はモロッコの建築で使われるような幾何学模様。中央は草花。上は参考に頂いたモスクの雰囲気3つで構成しました。

中心上部は小さな紫の花やいろんな色と形で。

花瓶はサンドブラストで模様を出し、イタリアの作家さんからいただいた凹凸の模様のあるガラスも使用しました。

青い花も削り表情を出しました。

いろんな色と種類のガラスを混ぜて。

お時間をいただいたので、『待った甲斐がありました』と言われました。
こちらも作り甲斐がありました。
手をかければ、かけただけのことはありました。

マスジェデ・ナスィーロル・モスクのように床に色が映って綺麗でした。

2021年  10月取付   東京都中野区  個人邸。
264x1996


モスク風ステンドグラスの制作。

イランのモスク風ステンドグラスの制作過程です。

フリモントやヤカゲニーなど選んできたガラスを組み合わせます。
カットが終わると色検査。施主様にも来て頂きます。

気に入らない所は切り直し。
細部にサンドブラストで花に表情を出します。

花瓶のデザインにもサンドブラストで削り、イメージに合わない時はやり直し。

モロッカン風のデザインは円を綺麗に作り、そこからケイムをカットします。

モロッカンより簡単そうで難しいのは円の中の直線です。切り込んで差し込みます。

外枠はハンダメッキした真鍮を使用。強度を出します。

もう去年の秋には完成設置しています。次は設置後の写真載せます。


生徒作品

コロナ感染者が2万人越え、いつもならお休みにしているところですが開けています。
生徒募集こんな時期に来るのかな?っと思いましたが、少しずつ入り始めています。
2月も通常通りやってます。(状況により考えるかも)

ステンドグラス教室、生徒作品です。

自宅の天井に付けます。フリモントの背景にユリのようなデザイン。

中心は作家さんのロンデル使用、本人とても気に入っているみたいです。

ティファニー16インチポピー。反射したのが綺麗だったので窓に映して。

葉の葉脈は裏から半田付け。花のフリグリーと差が出ますね。

こちらもフリグリー(金属製の細かな模様)を使用。16インチのフィッシュ。

目玉が光っています。水のブルーも良い感じです。

教室の方も空いている曜日から体験を再開しようかと思っていますが、もう少し先になりそうです。


無彩色のステンドグラス

ティファニー調のステンドグラスと同じ新築の家です。
玄関の2面にシンプルなステンドグラスを入れました。

北と西向きの窓で反射光が入ります。色はグレイの濃淡と緑がかったグレイです。
1日中綺麗に見えるので私の好きな方向です。

他の窓が具象だったので、シンプルなものを考えました。
お時間もいただけたので、家の感じや背景なども考慮し打ち合わせを重ねました。

工房の窓から。

環境の良く、光の入り方もステンドグラスには向いていると思いました。
軽井沢も近く自然に囲まれた場所でした。

2021年 9月  群馬県  安中市 個人邸


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (163)
  • 施工例 (110)
  • 教室 (413)
  • 日々のこと (218)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2022年5月 (1)
  • 2022年4月 (1)
  • 2022年3月 (3)
  • 2022年2月 (5)
  • 2022年1月 (4)
  • 2021年12月 (3)
  • 2021年11月 (3)
  • 2021年10月 (3)
  • 2021年9月 (4)
  • 2021年8月 (3)
  • 2021年7月 (2)
  • 2021年6月 (3)
  • 2021年5月 (6)
  • 2021年4月 (3)
  • 2021年3月 (1)
  • 2021年2月 (4)
  • 2021年1月 (4)
  • 2020年12月 (8)
  • 2020年11月 (7)
  • 2020年10月 (3)
  • 2020年9月 (2)
  • 2020年8月 (5)
  • 2020年6月 (5)
  • 2020年5月 (12)
  • 2020年4月 (13)
  • 2020年3月 (7)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (4)
  • 2019年12月 (4)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (4)
  • 2019年9月 (2)
  • 2019年8月 (3)
  • 2019年7月 (1)
  • 2019年6月 (6)
  • 2019年5月 (6)
  • 2019年4月 (7)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (6)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (9)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up