• TOP
  •  > 
  • ステンドグラス悪童日記

ステンドグラス悪童日記

ステンドグラス教室お休みについて。

璃房では緊急事態宣言中の教室をお休みしています。
制作ご依頼、教室の見学はできます。
完成品の引き取り。必要な物の購入はできます。

期間
4月27(火曜)〜5月11日(火曜)。
緊急事態宣言が延長した場合はそれに合わせます。

お休み期間月謝は無し。
5月12日から再開予定。
5月の月謝は2回分4600円。教室が再開後のお休みは月謝があります。
(5月のお休みはコロナ禍なので2回分1500円。医療、福祉関係は無料)

4月の平日4週目分は5月の12(水)18(火)に。
(5月の火曜は2週しかないので、6月5週目を開けます)
(水曜は3回あるので12日が4月分。19、26日が5月分です)
(土曜は15、22が有り。5週目29日がお休み)

1月のお休みは時は感染者は意外と落ち着いてました。
今回は土曜の教室中に決めましたが、これで良かったのかな?やれるかな?としばらく迷いました。
感染力の強い型に変わっているみたいなので、今度は増えるかな?と思いました。

またお休みのについてはブログにも書きます。再開もメールとブログでお知らせします。

ご理解、どうぞよろしくお願いいたします。

璃房     五味    理


インスタグラム始めました。

冷やし中華はじめたみたい。
でも今頃?

元生徒さんに教わって始めましたが、もう更新がさぼりがちになっています。

璃房のインスタ        (←私)
ステンドグラス教室のインスタ (←嫁)

がやってます。

私の方はやらなくなりそうだし。(フォローもいいねも苦手)
####つけて時って何か違うと感じてしまいます。
今は#まだやってるし、上手に活用しないといけないとは思いますが。

生徒さんは教室の方でフォローします。たぶん続くはず。

4月初旬、兵庫にガラスの仕入れに行きました。
フリモントを10数枚。ちょっとだけ。

良い仕事ができますように。

今日は私の誕生日。もう45か〜。

あ〜4と5が逆か。

これから新宿でお食事です。
お店空いてるかな?きっとチビの好きなも物になると思います。


女性の顔のステンドグラス

POLA様のweb広告で流れているステンドグラスを製作させていただきました。

製作は2020年の年末から年始にかけて。
正月休みの落ち着いた時期に製作できました。

フリモント、サンゴバン、ランバーツといろんなガラスを組み合わせです。
マシンメイドのSPバロックグレイも効果的に使用しました。

顔は繊細なので絵付けでなければ無理では。と監督さんにお伝えしましたが、絵付けなしの決定で余計な線を目立たなくするように気をつけました。

完成後の顔のラインの変更、白の変更などありましたが、撮影で30人以上の人が関わっているのを見て、後になって責任を感じました。
良い作品に仕上がって良かったと思いました。

POLA  ホワイトショット CXS  (←WEB広告)

最後に流れる背景の3枚はフリモント。
色むらのあるとても高価なアンティークガラスです。


2人の写真展

子供の同級生のパパがフォトグラファーで写真展に行きました。
ちょっと前に知ってから、インスタで作品を見てました。
近くで個展があると知り、予約して妻と行きました。

とても良かったです。

最後の1冊だった写真集をいただきました。フィルムで撮影しています。

ミラーレスカメラを買ったばかりですが、フィルムに興味が出てきました。本も購入。どうしよう?

ニコ ペレズ (←Instagram)

「急ぎすぎる」フィルムにこだわる訳について聞いた時の返事が印象に残りました。

今月28日まで。
お問い合わせは
mailpereznico@gmail.comまで

もう1人、璃房の生徒さんも個展をします。

なかしま さやさん

これは自分がモデルらしい。
油絵のようですが、重ねた写真らしいです。

こちらは明日から。

2021年3月24〜27日   15〜21時  最終日12〜17時

老眼の私には字が小さい。

KKAG
千代田区東神田1−2−11アガタ竹澤ビル405
桑原清幸会計事務所内

年末、カメラを購入するとき、いろいろ相談に乗ってもらいました。

どちらも個性的ですね。写真が面白くなりました。


水と油

デッサン教室でお世話になっていた小尾修先生の2人展がありました。
先生がフランス留学中に行かなくなりました。
ちょうど丁稚を預かり、3.11、入籍、教室の移転が1ヶ月に重なった時でした。
いつかまた習い始めると思っていましたが、そのままになりました。

言い訳はこれぐらいにして、写実の世界です。

アップです。実際の方がよりわかります。下に詳細を載せます。

髪の毛、木目だけでも見応えがあります。

写実で有名なホキ美術館にも作品があります。

もう1人は水彩の永山裕子さん。私がデッサンを習ってた頃、ずっと水彩教室は満員のでした。

こちらもさすがです。

アップです。こんなふうに描いているんだ〜

今月27日までやっています。

ー水と油ー
日本橋茅場町2−17−13
第2井上ビル2階    12−18時
Gallery Suchi

自分が教室やっているのに、挨拶もせず行かなくなってしまってずっと気になっていました。
お菓子を持って行きましたが、だいぶ時間が経ってしまいました。

自然消滅の生徒さんを責められないな。


教室再開について。

すでに多くの生徒さんにメールしていますが、ショートメールで詳しく知らされてない人やブログをチェックしている人に簡単に再開についてです。

璃房は2月16日(火)より通常通りステンドグラス教室を再開したいと思います。
作業したかった人、もうすぐ完成だった人には申し訳ありませんでした。
また最初は混み方が予想できませんが、基本の曜日の人が優先させてください。
前回のお休み明けは混んでいましたが、今回はそんなこともないのではと思っています。

1月お月謝をいただいた方は2月末までが1月扱い。
(1月来たけど月謝がまだな人も、2月末までが1月扱いです)
教室休講の1ヶ月間(2月扱い)は月謝無し。
1月〜2月末までのお休みは、月謝制ですので教室開催日分の1ヶ月間の月謝がかかります。
コロナ禍なので1ヶ月のお休みを3000円振替なしにしています。
月謝制で料金設定しているためご理解よろしくお願いいたします。
長くお休みの方はご相談ください(3ヶ月以上)
医療、福祉施設関係。その他来れない理由がある場合は個々に対応致します。
お休みの連絡もお願いします。連絡があった分は振替できます。

月謝について分かりづらい人は個々にご連絡下さい。来た時でも大丈夫です。

ステンドグラス体験は、もうしばらくお休みします。
見学、入会は受け付けています。

今のところ火曜の夜、水曜の午後などが空いていると思います。
火曜、土曜の午前は定員です。
また3月になったら教室案内など詳しくブログに書きたいと思います。

最近の工房は、機器が入れ替わったぐらい、何も変わっていいません。月曜にお掃除頑張ろう。
家でデザインしている時間が多く、終わったら美術館など行ったりしています。
一昨日は佐藤可士和展に行きました。自分のイメージ通りに人生進んでいる感じがします。
スマホで写真を撮ったのにパソコンに送れません。相変わらずです。

ぼちぼちと教室に来る連絡もいただいています。(基本の曜日は連絡無しで来ても大丈夫)

ではまたいつもと同じような日になれば良いなと思っています。
来週からもどうぞよろしくお願いいたします。

璃房   五味   理


虹のステンドグラス。

奥様がデザインした絵を、璃房でアレンジしたステンドグラスです。
山と3つの扉の上には虹がかかっています。

年末、まだお引越し前にお邪魔させていただきました。
(ご紹介が遅れました)

間仕切りですが、照明で色が出ていてホッとしました。

自然光で写した虹の部分です。空にはフリモントとスペクトラムのウォーターを使用。
虹はランバーツなどのレアな色合いの物を使いました。

お子様が息子と同じ1年生だったこともあり、家族でお邪魔しました。
家の中に屋根裏から滑り降りる棒があり、息子が気に入っていました。
引っ越すのが当たり前だと思っている息子は、家が空いたら引っ越したいと言っています。

後日、ありがたいメールが来ました。

今回作成頂いたステンドグラスは、完全に我が家の核と誇れる作品で、
これから我が家に来てもらうお客さんにどんどんアピールしようと思っています。
作成の打ち合わせ段階を思い返すと、制作の過程で五味さんのアドバイスをいただきながら
どんどん作品の次元が自分たちのレベルを超えて素晴らしくなっていった時の衝撃が、
今でも鮮明に思い出されます。

こちらもお仕事ができて良かったです。
ありがとうございました。

東京都足立区  個人邸  2020年11月
300x700


教室お休みについて

ステンドグラス教室のお休みについてです。

都の緊急事態宣言が3月7日までになりましたが、あと2週間もすればもっと感染者数も少なくなると思っています。
今のところ予定通り2月16日の火曜から教室再開の予定です。
前の週に生徒のみなさまにメール致します。

最近の工房。

間違えて発注したプリンターは家で使い、新しいものになりました。
使い方がまた変わります。

このお休み期間中に大掃除、とも思ったけど家でデザインしてる日が多いです。
コーヒー飲みながら、普段はあまり聞きませんが、邪魔にならないクラッシックかけながら。
夜は子供と9時に寝ることも。朝はできるだけ歩いています。
こんな生活も長くは続けられないのですが。

4、5月のお休みの時より、今回のお休みの方が不安な感じもしています。
いつもの3月4月は新しく習い事をしたい人もいるはずですが、今回はすぐには始められないのでは。
コロナが収まって、いつもの日常が戻ってくれれば良いのですが。

再開日についてはまた来週メールとブログを書きます。


明治、大正、昭和風のレトロなステンドグラス。

秋に製作した物ですが、ご紹介が遅くなりました。

吉祥寺のリフォームする家の欄間に、ちょっとレトロなステンドグラスを設置します。
ガラスメーカーはいろいろ混ざってますが、ココモなど使うと明治、大正、昭和初期のようなレトロな雰囲気も感じさせます。

型ガラスと原色の色を使い、薬、筑波山、稲穂をイメージしています。
緑や茶など微妙な中間色はランバーツ。デザインは設計士さんです。
たくさんのガラスからイメージに合うものを一緒に探しました。

高さは20センチ強、小さいので直線以外はほぼ4ミリのケイムで組んでいます。1〜2ミリぐらいしか見えない箇所もあります。カーブはきつくありませんが、正確に組むにはやり甲斐のあるものでした。

設計士さんは過去にもステンドグラスを設置したことがあり、2作品目らしいです。前回はガラスが思いどおりにならなかったらしく、一緒に選べたことを喜んでいただけた見たいです。

2020年12月取付  東京都武蔵野市  個人邸  リフォーム欄間
726×226


ステンドグラス教室について

普段なら教室日ですが静かな工房です。

前回同様、教室中にお休みを決めました。
製作する気になっていた方は申し訳ありませんでした。

簡単ですが、お休みに至った経緯の説明です。

コロナ感染者数と各曜日の欠席数を気にしつつ、時には生徒さんに「来週も来れそう?」「 感染者何人になったらお休みする?」など聞いていました。若い人が多い曜日はお休みする人も少なく、曜日や時間帯によってハッキリ分かれ迷いました。

実はお休みを決めた前日、真逆の『来週からも気をつけながら開講』とブログに書きました。
すぐに消したので気付かなかった人も多いと思います。
開講ブログの後、会社から出歩かないように言われてる。などのお休みの連絡も数件有り、考え直しました。

1〜2週前からもしかしたらお休みにするかも。とは伝えておきましたが、お休みしていた人には急なことで申し訳ありませんでした。

お休み時の月謝が分かりづらい、っとお問い合わせありました。
1月をお支払いした人は2月は無しです。(2月16日から再開した場合)
1、2月お休みの人は3000円です。その他は直接お問い合わせください。

完成品。制作途中の物を取りに来たい。材料が欲しいなどありましたら個々に対応致します。教室日に関係なくご連絡ください。
額縁発注の方、パネルのセットも終わり持ち帰れます。

今後の予定
2月16日(火)から再開。

感染者も思った程増えないと思いましたが、今日はちょっと増えましたね。
イギリス経由の感染力の強いのも気になりますが、今のところ16日再開のままです。

さて最近の璃房のこと

消されたブログに書いていた、ミルを新しくした話しです。
聞いたことの無いメーカーでしたが、味が良くなった気がします。
『ミルで変わるかな?』と思っていましたが、変わる気がします。

今までありがとう、古いミル。ボロボロになってもよく頑張りました。
最後は本体のねじが取れ、持っていないと傾いてしまいました。

それから。最後の教室日にインク切れでカラーコピーも壊れていたプリンターも新しくしました。

正確には新しくなる予定。
実は注文した物がインクまでセットしたのに、なんとコピーができない機種と発覚!
(って自分が気付かなかっただけですが、しかもMac対応ではない)

返品できないし、再発注しました。   あ〜ぁ。。。

テストの問題を最後まで読まないで間違える小学生だったことを思い出しました。

妻が工房に入ったがやること無いので、ランチのお店開拓をしています。
4、5月と違って、学校はお休みではなく、子供は遊んでくれません。
あと探し物が見つからない、材料入れを片付けました。

先週はwebのCMで使うパネルの撮影に行きました。まだ言えないけど、3月には見れるはずです。人が多くてびっくりしました。
楽しみです。

近況はまたブログに、再開はメールを送ります。


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (163)
  • 施工例 (110)
  • 教室 (408)
  • 日々のこと (218)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2021年4月 (3)
  • 2021年3月 (1)
  • 2021年2月 (4)
  • 2021年1月 (4)
  • 2020年12月 (8)
  • 2020年11月 (7)
  • 2020年10月 (3)
  • 2020年9月 (2)
  • 2020年8月 (5)
  • 2020年6月 (5)
  • 2020年5月 (12)
  • 2020年4月 (13)
  • 2020年3月 (7)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (4)
  • 2019年12月 (4)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (4)
  • 2019年9月 (2)
  • 2019年8月 (3)
  • 2019年7月 (1)
  • 2019年6月 (6)
  • 2019年5月 (6)
  • 2019年4月 (7)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (6)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (9)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up