ステンドグラス悪童日記

Vitrail Maliko  ステンドグラスパネル展

 今日からです。搬入してきました。

詳細は12日のブログで。
部分的にちょっとだけ。(顔だけ)
「何見てんのよ~」
110526_144832.jpg
「ええやろっ」
110526_141042.jpg
「キャキャッ 変なおじちゃん!」
110526_144910.jpg
「オレには関係ないね」
110526_145049.jpg
「ね~むれ~ね~むれ~」
110526_152605.jpg
「あ~眠くなってきた」
110526_152548.jpg
「寝かさんぞ~Wooo~」
110526_152626.jpg
「スーッ・・・   スーッ・・・」
110526_152645.jpg
「オーマイゴォ!」
110526_152728.jpg
「バカみたいだね。ブチュ!!」
110526_152702.jpg
どんなストーリーや・・・

生徒の作品展。

 教室に通ってる生徒2人の作品が、石戸谷準さんの作品展で一緒に飾られています。

『salon  わが家のアーティストたち展』
出町直美。kuumin。参加!
5月15日~6月5日(16、23、30お休み)
12時~19時30(L.O.)
入場料 茶菓750円~(+ユニークな姉妹との会話)
新宿区岩戸町8番地 グリーンヒルズ神楽坂101.201
03-3260-6434(1F)  03-6326-4493(2F)
ブログもあります。
IMG_1418.jpg
来月、別の生徒も神楽坂で初個展します。また近くなったら紹介します。
私のグループ展の方は明日が提出日なのですが・・・
IMG_1410.jpg
取付がグットタイミングで入り。月曜でいいことに。
1枚もできず、まだ窯の中。
透明な部分の横ラインはデポリ。
グリザイユ、エマイユ、デポリ、焼成温度の違う絵の具をいっぺんに焼き付けています。
取付が終わったら窯から出します。ちょっとこわいかも。

ステンドグラスパネル展

 恩師の工房の作品展に参加します。

Vitrail  Maliko  ステンドグラスパネル展
5月26~6月1日
12時~18時(初日14時~最終日~18)
武蔵野市吉祥寺東町1-1-19
0422-22-6615
IMG_1394.jpg
気軽にお引き受けしましたが,友情出品と書かれあせって作業しています。
いろいろやることが重なりまだ焼き終わりません。ちょっとだけ。
IMG_1400.jpg
全員同じ大きさの課題は楽器。
IMG_1405.jpg
自由制作。爽やかに、軽やかに。
売れたら全額チャリティーに。たまにはいいかも・・・一生分だと思えば。
(そう言う趣旨の作品展ではありません。自分だけ勝手に)
小パネルですが4品は出展します。(間に合えば・・・只今猛スピードで製作中)
全部売れたら寄付するのが惜しくなるかな~なんて考えてる私ですが、過去2回の総売上は1万5千円。今回は買って欲しいです。

アーチ型のステンドグラス

連休前、急ぎの仕事がありました。
長方形のパネルと上にアーチ型。
予算が決められていて、赤と水色は指定の色。
IMG_1379.jpg
(指写っちゃった)
水色に似合う、淡い水色と淡いグリーンを選びました。
IMG_1386.jpg
ガラスの質感がもっと綺麗なのに・・・(画像が小さいから)
IMG_1387.jpg
取付はお任せしました。
お施主様とお会いせず,取り付いた場所も見ていません。
めったにない仕事の進め方でした。
気に入ってもらえてるといいのですが・・・
土曜は久しぶりの教室。結婚もみんなに知られ(付き合ってることすら知らない)お祝モード。体験の方には悪いことをしました。でもみなさんありがとう。
山梨では高校時代や幼馴染み、テニスのライバルにはフレンチをご馳走になりました。
  
甲府の居酒屋では、山梨に降りてきたサイババが神の声を連発していました。(友人に憑意)
この自称サイババ、スナックにくり出し。
「わったっしたっち~(チャチャ チャチャチャ~ン)
お別れ~なんですね~ え~ (タータタタタン)
お別れ~なんですね 。」
っとキャンディーズの『微笑み返し』を熱唱。
その後『別れの予感」を連続3回で歌ってました。
山梨式の手荒い祝福に、きっと打たれ強い夫婦になっていくと予感しました。
みなさんありがとうございました。


蓮の花のステンドグラス。色検。

 透明ガラスに張り付けて色検査です。

具象の花のご注文、両サイドに花を集めるように。

IMG_1354.jpg
最初のデザインを変更して、細かい部分をなくし大きめのデザインにしました。
ブルーはグラデーション。白はストーミー。
IMG_1352.jpg
オパックの水色とリーミークリア。
こちらは作品展(グループ展)の準備です。
IMG_1346.jpg
何ができるか分かりますか?楽器の一部です。
腐食して絵付けします。
5月26日から吉祥寺のギャラリーで。
詳しくはまた。
昨日は教室で生徒が地震予知の話をしてました。
それで気になるブログ見つけましたが今日は見れません。
見てる人多いのかな?「世見」で検索できます。

ステンドグラス窓パネルの色検査。

 前の工房で働いていた時は

『色検査なんて面倒くさい』って思っていました。
納期はない、残業代は出ない、自分のデザインじゃないし・・・
ま~無責任だったかな。
ある作家は『気に入らなかったら全部きり直す』と言ってました。
IMG_1328.jpg
ランバーツの緑系を何種類か使っています。14~5枚は切り直し。
赤はフラッシュガラス(クリアの上に赤の2層に)なので色が落とせます。
腐食の設備を借りたので明日、赤の色にグラデーションをかけます。
IMG_1331.jpg
まだ入ってない所も。色を見てから決めようと思って。
この周り左右と下にクリアリーミーが入ります。
明日行くのは恩師の工房で、5月末にそこの作品展に参加します。
詳しくはDMができてから。


蓮とカキツバタのステンドグラス。

 門灯を花のデザインのステンドグラスに作り替え。

元はプラスチックが嵌ってました。
IMG_1299.jpg
背景のガラスはココモ、花 葉はヤカゲニーです。
角や下など色を変えようか迷いましたが同じ白で。
真ん中のボーダーだけ、淡い色が入ってます。
IMG_1297.jpg
蓮の花にはココモとウロボロス、葉は淡い緑のグラデーション。
名前入りです。
ご希望は昭和初期風でしたが、いい花の形があったので提案したら通りました。
取り付けた写真。
110313_213835.jpg
110313_213859.jpg
今はお寺の蓮をデザインしています。シンプルに描き直し。
知合いの作品で散華って言葉をしりました。
仏さんの供養にまき散らす花びら。
そんな意味合いのものが入ってもいいのかも。
今、静岡震源の地震がありました。
どうなるのかな,嫌な感じです。

ステンドグラスの門灯。

 レコードのポイントが1万円以上たまった。

聖子ちゃんの2枚組とビリージョエルのベストを買う。

白いパラソルと。素顔のままでを聞きたくて。
80年代はいいよね。1人感傷にひたる。
分かるとは思うが、切ない思い出などない。
花粉と確定申告と戦いながら、門灯,パネルのデザインしています。
ちょっとだけ。
IMG_1227.jpg
門灯のデザイン。燕子花が前で蓮を後ろに考えています。
蓮の花は形がとても良くて、最近描いた形があったのでそれを取り入れます。
IMG_1226.jpg
いつもデザインする時は10分の1の枠を方眼紙に書けるだけ書き,数を描いて行きます。
まだ始めたばかりです。
病院嫌いな私。ガン検診クーポンなる物が送られて来た。
クーポン券なら使わないともったいない。
ナースに会いに行くつもりで行ってみましょうか・・・

蓮のステンドグラス。

蓮とユリの デザインで2パターン描きました。

昨日の日曜美術館で、東大寺のふすまに蓮の花を描いた日本画家を紹介していました。
その蓮が良かった。
1輪ずつ描いた絵のアップが写り、画家が好きな花らしくいい表情だと思った。
私は写真集から気に入った花を選んだ。やっぱり本物を描かないと自信が持てない。
花の咲いている時期にいろんなのを描いてストックしておかないといい作り手にはなれないと感じた。
気持ちの強さの問題だ。
IMG_1212.jpg
真ん中手前に観音様が置かれるので両サイドに花を置きました。
蓮の影が水面に映ります。
グラデーションのガラスを水面と円形の葉に使う予定で選択。
IMG_1208.jpg
ユリの方はブルーのストリーキー。
お施主さんとの打ち合わせ前に選んだ紫白からクリアーになるガラスは、今回使えない。
提案する前に少しはガラスも持っていないとデザインの幅が広がらなくて。
描き終えてから、もう1度考えるとリラックスしていていい案がでそうな気もする。
山梨では放送後、体験や入会希望の人がいました。良かった。
友人のブログで。出身地の小学校にステンドグラスを寄贈した私に『フィランソロピストな一面を垣間見て感心した』と書かれていた。
嬉しいが。 
でも・・・あれは寄贈じゃないんだ。
確かに私はフィランソロピストだ。と巷の噂だ。
フィランソロピストか~
フィランソロピストね~
山に登ったりは ・・・ しないよね。

小学校に設置したステンドグラス

 冷蔵庫が臭うと思ったら、忘れてた大根がたくあんになっていた。

月曜日、昔山梨県の小学校に設置したパネルの前で地元局の取材を受けました。
見晴し台にあるステンドグラス。階段を上る所から撮影が始まりました。
(10(月)UTYニュースの星 6時過ぎ~)
IMG_1173.jpg
女子アナと2人で歩いてる背後からカメラ。階段で立ち止まって2言~3言。
簡単なやり取りですが4回撮りました。
3回目が終わり
「あの~,いま自分ではうまくいったと思うんですけど・・・」訴えてみたがもう1回。
赤いパネルの前でインタビューを受ける。
IMG_1120.jpg
「カメラは見ないでください」
「私はどこを向けば・・・」
「女子アナを見て」
(ヒィッ!こんな至近距離で見つめ合うの)
ただでさえ緊張してるのに・・・
(Fall  in  Love いやっ何言うんだっけ?)
(あ~いかんニヤケそうだ)
カンニングペーパーはスタッフに取り上げられ。複雑な顔の私が見られます。
IMG_1165.jpg
時計からデザインを起こしました。
IMG_1182.jpg
これは水色のオパックを使いたくて。
IMG_1104.jpg
ひっそりした感じ。静謐な物もあっていいかなって。
IMG_1179.jpg
差し込む光が階段を下りていきます。
IMG_1177.jpg
壁に映り込む光。
今日は電話もメールも来ない静かな日。
こんな日が好きです。
今年もあと1日,工房も綺麗にしてあげないと。

プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (148)
  • 施工例 (82)
  • 教室 (375)
  • 日々のこと (206)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2019年10月 (4)
  • 2019年9月 (2)
  • 2019年8月 (3)
  • 2019年7月 (1)
  • 2019年6月 (6)
  • 2019年5月 (6)
  • 2019年4月 (7)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (6)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (9)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up