ステンドグラス悪童日記

ハスのデザイン画

面取りのステンドグラスと同じ施設に設置します。
ハスの花のリクエストです。
奇抜にせず、花と葉の形が綺麗に見えることを意識しました。

ハスのステンドグラス

左右でデザインを変えました。水と空のイメージです。
背景は紫色から白、透明に抜ける珍しいガラスを予定していました。
前からハスの背景で使いたいガラスでしたが、紫は高貴な色ということで青に変更。

ハスのステンドグラス

色合いが寂しいということで、ポイントで赤のジュエルを使い、色を濃い目に変更しました。

青はヴァリゲイドとグラデーションを使用。
サンドブラストでピンクの色を抜き、表情豊かにします。
葉以外はランバーツのアンティークガラスです。

現地に行った時、反射光が入る良い窓だと思いました。
クリアリーミー(波打ったガラス)が効果的なので、空のパネルで増やしました。

南北向き1F 2枚。1085×472

9月初旬取付け予定です。


面取りのデザイン

NPO法人の施設に設置するステンドグラスです。
無料塾などボランティア活動もしている、宗派をこえた寺院への設置です。

照明の色、青、緑、赤に合わせたステンドグラスがご希望です。

お寺のステンドグラス

無色や赤だけでも綺麗です。とお伝えしました。
ご希望のままデザインすることもありますが、良くなりそうなら他のご提案をします。
『見た感じが円なので朝陽と夕日を連想させる』ということで黄色から赤の色使いで、左が朝陽、右が夕日のイメージに変更です。

お寺のステンドグラス

色が物足りないということで、もっと赤を大きくして決定です。

お寺のステンドグラス

面取り以外はアンティークガラス、赤や黄色、オレンジはグラデーションを使います。
黄色はフリモント、それ以外はランバーツ。

2F東向。824×269 2枚  朝陽が差し込みます。
既存の開閉窓に設置。幅が狭いので新Yケイムで制作。

1階にもハスのデザインで設置します。


カメのステンドグラス制作中。

デザインが決定すると拡大します。

カメの表情やバランスなど、見に来ていただきました。
カメの目はリアルにするか、優しくするかなども確認します。
お任せいただくこともできます。

カメのデザイン

ガラスは円の中をオパールセント。外をアンティークガラス。
実際に使う物を2パターンずつガラスを用意して決めていきます。

ガラス

肝心な青のフラクチャーは3月に倉庫に行った時は良い物がなく、別の2社から青色の濃い物を注文。
ロンデルは作家の1点もの3〜4枚の中から選んでいただきました。

カメ ステンドグラス

2重円は強弱をつけ、円形は外で作ります。ティファニーのモールドを使いました。
小さな1センチの円はペンを使用。5ミリの金属を曲げるのは難しいです。
先に形を作ることによって綺麗な円になります。

カメ ステンドグラス

1部は外で組まないと差し込めません。
もうすぐ完成です。


カメのデザイン

仕事の依頼が来た時、どんな物がお好みかイメージや写真など見せていただきます。

今回はカメの親子を過去に制作した鳥の雰囲気で、とハッキリしていました。

カメのステンドグラス

向い合う構図でしたが、もう1歩踏み込めそうな時には別のご提案をします。
子が自由に泳ぎ、親が見守る姿も子を大切に思う気持ちが表現できるのでは。
海の中まで陽が差し込み、海中から見上げる構図も描いてみました。

元になった鳥のステンドグラスです。

鳥のステンドグラス

ご希望をお聞きしながら描き直します。

カメのステンドグラス。デザイン画

円を2重にし、より円の中が映えます。

デザインは向かい合う構図に決定です。

カメのデザイン画

2月のご注文でゆっくりご提案できました。
生徒さんにはカメの本を4〜5冊借り、水族館ではカメばかり撮影。
ロンデル(円い吹きガラス)も3月には作家さんの1点物を仕入れました。

ケイムに変化をつけ、8〜9月には完成です。


ケイムの組

色の検査が終わるとケイムで組みます。

Yの字に切り込んで、そこに差し込みます。

ステンドグラス制作

手吹きガラスなので厚みも倍ぐらい違います。

ステンドグラス制作

細かな曲線や、太めのケイムを組むのは難しいですが、これは簡単そうで、実は難しいです。
1カ所に3本重なる箇所を、差し込みで直線を綺麗に見せるのは予想以上にたいへんです。

ステンドグラス制作

組が終わりました。裏に漏れないようにハンダ付けした後、パテ詰めです。

ステンドグラス制作

馬毛ブラシで自然な黒にします。パテを固めて終わりです。

1週間パテ掃除して写真を載せます。


蚕と葉のデザイン

優良な生糸作りから始めた、会社の資料館に設置するステンドグラスです。
デザインは蚕、繭、桑の葉など、無色のご希望。
落ち着いた雰囲気で展示物の邪魔にならないように心がけました。

ステンドグラスのデザイン画

最初のご提案。C案は繭を大きく描き、恒星の周りをめぐる惑星のような軌道も気に入りました。ロンデル、プリズムを使用し宇宙を感じられるような気もします。
自信をを持ったデザインでも、採用されないこともあります。

変わったもの、ないものを勧めたい気持ちもありますが、押し付け過ぎないように。
相手が求めているものは分かりやすいもの、普遍的なものかもしれません。

ステンドグラスのデザイン画

C案に決定。縦線、横線で統一感あり、モチーフの輪郭が際立ちます。
直線に変化を与えている曲線の生糸も、3つのモチーフをつないでいます。
蚕は分かりやすく、繭はコロコロっと、葉は葉脈ごとに型ガラスを変えて表現します。

資料館の中で裏から照明をあて、光が床に落ちるような見せ方です。
資料の邪魔にならず、静かな光で室内の引き立て役になればと思います。


ドアのシンプルなデザイン

前回の小さな窓のステンドグラスと同じお宅です。
ドアにロンデルを使用したパネルが2枚入ります。

ステンドグラスのデザイン画

いくつかご希望と参考になる画像を見ながらイメージしました。

璃房のトップページにある無色プリズムのパネルを気に入られてのご注文。
トップページ風に右下にプリズムを入れたデザイン画です。

ステンドグラスのデザイン画

最終的に決定したのはシンプルで、1部曲線を入れたデザインです。

ステンドグラスのデザイン画

最初の案より右上を変え、左上のロンデルに4分の1の円を足しました。

2回目のプリズムを入れた案も迷われていましたが『何かを足して後悔することはあっても、引いて後悔することはなかった』とお伝えしました。絵ではよく見えてしまうこともあります。

切り終えたガラスを見て、右下はなくしてよかったと思いました。
ガラスの表情がとても豊かです。


小さな窓のデザイン画

小さな窓があるお家、ドアの上に8枚設置します。
ロンデルの使用、かわいい草花、横並びの3枚など、ご希望をお聞きしながら描きます。

ステンドグラスのデザイン画

数パターン描き、ご希望をお聞きしながら再度描き直します。

ステンドグラスのデザイン画

ステンドグラスのデザイン画

遠方ですので実際使用するガラスの画像をお送りします。
マシンメイドのガラスを多めに1部アンティークガラス。

ステンドグラスのガラス

小さな家のステンドグラス

バラの小窓のガラス選びはお任せいただき、私が良いと思えるもので制作します。
漆喰、塗り壁の雰囲気に合うように色を使わない無色のパネルもあります。


パネルの制作過程

デザイン画が決まると制作に入ります。
今回はいろんな種類のガラスを選びました。

ステンドグラス制作

カットが終わると透過光で確認し、イメージに合わない所は切り直します。

ステンドグラス制作

曲線が多く左右に曲げるので太めのケイムは湾曲します。それを綺麗に直しながらサイズぴったりに組みます。

ステンドグラス制作

ハンダが漏れると割れの原因にもなるので、接点に紙を挟みハンダ付け。

ステンドグラス制作

ケイムの組でもラウンド、面ハンダ、などのやり方もありますが、1番好きなフラットを差し込み、馬毛ブラシ仕上げています。
横3本は真鍮入り、真中のケイムには裏から真鍮棒をあてています。

ステンドグラス制作

鉛は柔らかく耐久性があります。ガラスカットを正確にすればガラスとケイムの芯に隙間はできずたわみません。
最適な補強で補助すれば、耐久性のあるステンドグラスになります。


デザイン画について。

依頼を受けるとお聞きしたイメージでデザイン画を描きます。

最初はフラミンゴ、次のご希望はシンプルな直線でした。
イメージが定まってない場合はこちらからのご提案もします。

ステンドグラス 花、自然

参考にいただいた写真とはかなり変えましたが、黄色の実のあるデザインとシンプルなものをご提案しました。
デザインを考えるのは謎解きのようで、フラミンゴもいいけど他のものでもよく、シンプルなのもの好き。
具象でも抽象でもよく、色がけんかしないように落ち着いた感じで考えました。

黄色い実は型ガラスを多めに使用し、葉が背景になじむように色が消えていくデザインにしました。
シンプルなものもたくさん描いた中から良い物を選び、余計な線を消していく。そんなやり方です。

ステンドグラスのデザイン画

黄色の実が選ばれたので、そのデザインで制作します。


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (148)
  • 施工例 (84)
  • 教室 (378)
  • 日々のこと (206)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2019年12月 (2)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (4)
  • 2019年9月 (2)
  • 2019年8月 (3)
  • 2019年7月 (1)
  • 2019年6月 (6)
  • 2019年5月 (6)
  • 2019年4月 (7)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (6)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (9)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up