ステンドグラス悪童日記

吹抜けのステンドグラス

ブルー系で5枚、リビング上の吹抜けに設置します。
ガラスカットが終わると色検査。マシンメイドのガラスを使用。
ガラス選びに来ていただきましたが,カット後の色検査は画像で確認されました。

ブルーのガラス

ハンダが中に漏れないようにハンダ付け。

ハンダ付け

パテ掃除をして完成です。工房の窓から。

青いステンドグラス

設置は足場がある最終日。
枚数があるのと,足場が悪く緊張感のある現場でした。ピッタリ収まりビス止めしました。

シャンデリアのクリスタルにブルーが映り込んで効果的でした。
また撮影に行って良い写真を載せたいと思います。


3連窓の青いパネルデザイン。

新築の吹抜けに3連窓のステンドグラスを設置します。

ご希望はブルー系。あまり複雑にせずデザインします。
スタンダードなものからフランク・ロイド・ライト風なものなど4パターン提出しました。

3連窓のステンドグラス

3連窓のステンドグラス

3連窓のステンドグラス

お選びいただいたデザインに、2色の青紫、赤紫、緑をハッキリと黄色も追加してデザインが決定しました。

3連窓のステンドグラス

中心と縦2列に面取りガラス。ブルーの濃淡、鉛線の強弱をつけて制作します。

追加であと2枚、同一デザインでご注文をいただきました。
ありがとうございます。

取付けは12月初旬に璃房で設置します。


鳥のステンドグラス

新築のリビング小窓に鳥のデザインで制作します。

最初のご依頼はブルー系で自然を感じるもの。鳥などあってもいい。そんなご希望でした。
建て終わっていたので、部屋の雰囲気を見てからデザインします。

ステンドグラスデザイン画

少し離れた高い位置にある窓です。鳥は大まかにとらえ、白い壁と木目の天井、現代風な部屋に合うような抽象もご提案しました。
小さな窓なので色彩はカラフルにしても似合うと思いました。

B案が気にいったようですが、鳥が分かりづらいのでもっとリアルに、色もオレンジなど入れて。とご希望です。

ステンドグラ、鳥のスデザイン画

A案に決定です。
どれを選んでいただいても良い作品にできると思いました。

ガラスは黄色と青の混ざったストリーキーや、水色のオパック、リーミーなど良い物を揃えています。ガラス選びも工房まで来ていただきました。

9月下旬に完成です。


八角形のバラのデザイン。

マンションの玄関に設置します。
ご希望は無色のバラ。どこかに8角形を入れることでした。

8角形を斜めにずらして、その中にバラをデザインするつもりでした。でももっと遊び心があっても良いのでは。太線で2枚をまたいで8角形を入れ、斜線と色でバラを表現しました。
近くにいても気付かなくても、離れるとバラに見えてきます。

バラのデザイン

天窓にように玄関上に斜めに設置されます。直射日光が入るので面取りガラスを入れて光を反射させます。

バラはグレイのオパック、グラデーション、ヴァリゲイド、リーミーなど多様なガラスを使用。
背景は白とクリアで、バラとの輪郭を際立てせます。

両面を強化ガラスで挟みます
2016年9月中旬取付予定。
サイズ456X1134  2枚


ハスの色検査

ハスのデザインです。
カットが終わり色検査です。

セロテープで止めてあるだけですが、ケイムが入ると引き締まって見えます。

ハスの色検査

背景は水をイメージしたもの。青はランバーツのグラデーションとヴァリゲイドを使用。
ピンクはサンドブラストで色を抜きました。
青は奥にいくほど、色の抜けていく感じが綺麗にでました。

空のイメージです。

ハスの色検査

爽やかな風が流れるようなイメージです。
流れの綺麗なガラスを仕入れています。

もう1セットは朝陽と夕日のイメージです。
赤、黄色、オレンジそれぞれグラデーションを使っています。

日が昇る朝陽のイメージ。2重3重の色の差はもっとあります。

お寺の色検査

大きな黄色の円はフリモント。アメリカの綺麗なアンティークガラスを作るメーカーです。

日が沈む夕日のイメージです。

お寺の色検査

赤が綺麗に写りませんが、もっと鮮やかな赤です。

面取りガラスを多用し、東窓の光がまき散るようにしました。

設置場所は高所ですが、緑の多い所でも綺麗です。
工房の窓から。

お寺の色検査

9月初旬取付け予定。
半分が組み終わっています。


ハスのデザイン画

面取りのステンドグラスと同じ施設に設置します。
ハスの花のリクエストです。
奇抜にせず、花と葉の形が綺麗に見えることを意識しました。

ハスのステンドグラス

左右でデザインを変えました。水と空のイメージです。
背景は紫色から白、透明に抜ける珍しいガラスを予定していました。
前からハスの背景で使いたいガラスでしたが、紫は高貴な色ということで青に変更。

ハスのステンドグラス

色合いが寂しいということで、ポイントで赤のジュエルを使い、色を濃い目に変更しました。

青はヴァリゲイドとグラデーションを使用。
サンドブラストでピンクの色を抜き、表情豊かにします。
葉以外はランバーツのアンティークガラスです。

現地に行った時、反射光が入る良い窓だと思いました。
クリアリーミー(波打ったガラス)が効果的なので、空のパネルで増やしました。

南北向き1F 2枚。1085×472

9月初旬取付け予定です。


面取りのデザイン

NPO法人の施設に設置するステンドグラスです。
無料塾などボランティア活動もしている、宗派をこえた寺院への設置です。

照明の色、青、緑、赤に合わせたステンドグラスがご希望です。

お寺のステンドグラス

無色や赤だけでも綺麗です。とお伝えしました。
ご希望のままデザインすることもありますが、良くなりそうなら他のご提案をします。
『見た感じが円なので朝陽と夕日を連想させる』ということで黄色から赤の色使いで、左が朝陽、右が夕日のイメージに変更です。

お寺のステンドグラス

色が物足りないということで、もっと赤を大きくして決定です。

お寺のステンドグラス

面取り以外はアンティークガラス、赤や黄色、オレンジはグラデーションを使います。
黄色はフリモント、それ以外はランバーツ。

2F東向。824×269 2枚  朝陽が差し込みます。
既存の開閉窓に設置。幅が狭いので新Yケイムで制作。

1階にもハスのデザインで設置します。


カメのステンドグラス制作中。

デザインが決定すると拡大します。

カメの表情やバランスなど、見に来ていただきました。
カメの目はリアルにするか、優しくするかなども確認します。
お任せいただくこともできます。

カメのデザイン

ガラスは円の中をオパールセント。外をアンティークガラス。
実際に使う物を2パターンずつガラスを用意して決めていきます。

ガラス

肝心な青のフラクチャーは3月に倉庫に行った時は良い物がなく、別の2社から青色の濃い物を注文。
ロンデルは作家の1点もの3〜4枚の中から選んでいただきました。

カメ ステンドグラス

2重円は強弱をつけ、円形は外で作ります。ティファニーのモールドを使いました。
小さな1センチの円はペンを使用。5ミリの金属を曲げるのは難しいです。
先に形を作ることによって綺麗な円になります。

カメ ステンドグラス

1部は外で組まないと差し込めません。
もうすぐ完成です。


カメのデザイン

仕事の依頼が来た時、どんな物がお好みかイメージや写真など見せていただきます。

今回はカメの親子を過去に制作した鳥の雰囲気で、とハッキリしていました。

カメのステンドグラス

向い合う構図でしたが、もう1歩踏み込めそうな時には別のご提案をします。
子が自由に泳ぎ、親が見守る姿も子を大切に思う気持ちが表現できるのでは。
海の中まで陽が差し込み、海中から見上げる構図も描いてみました。

元になった鳥のステンドグラスです。

鳥のステンドグラス

ご希望をお聞きしながら描き直します。

カメのステンドグラス。デザイン画

円を2重にし、より円の中が映えます。

デザインは向かい合う構図に決定です。

カメのデザイン画

2月のご注文でゆっくりご提案できました。
生徒さんにはカメの本を4〜5冊借り、水族館ではカメばかり撮影。
ロンデル(円い吹きガラス)も3月には作家さんの1点物を仕入れました。

ケイムに変化をつけ、8〜9月には完成です。


ケイムの組

色の検査が終わるとケイムで組みます。

Yの字に切り込んで、そこに差し込みます。

ステンドグラス制作

手吹きガラスなので厚みも倍ぐらい違います。

ステンドグラス制作

細かな曲線や、太めのケイムを組むのは難しいですが、これは簡単そうで、実は難しいです。
1カ所に3本重なる箇所を、差し込みで直線を綺麗に見せるのは予想以上にたいへんです。

ステンドグラス制作

組が終わりました。裏に漏れないようにハンダ付けした後、パテ詰めです。

ステンドグラス制作

馬毛ブラシで自然な黒にします。パテを固めて終わりです。

1週間パテ掃除して写真を載せます。


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (163)
  • 施工例 (110)
  • 教室 (408)
  • 日々のこと (218)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2021年7月 (2)
  • 2021年6月 (3)
  • 2021年5月 (6)
  • 2021年4月 (3)
  • 2021年3月 (1)
  • 2021年2月 (4)
  • 2021年1月 (4)
  • 2020年12月 (8)
  • 2020年11月 (7)
  • 2020年10月 (3)
  • 2020年9月 (2)
  • 2020年8月 (5)
  • 2020年6月 (5)
  • 2020年5月 (12)
  • 2020年4月 (13)
  • 2020年3月 (7)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (4)
  • 2019年12月 (4)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (4)
  • 2019年9月 (2)
  • 2019年8月 (3)
  • 2019年7月 (1)
  • 2019年6月 (6)
  • 2019年5月 (6)
  • 2019年4月 (7)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (6)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (9)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up