ステンドグラス悪童日記

ステンドグラス公募展。生徒作品

ステンドグラス美術展に応募する人が7人いる。
まだ完成しない3人は教室の無い日も来て頑張っている。
先日、何処かの神社で縁結びのお参りに来る男女を集めてお見合いさせている、とラジオからながれた。会員登録は女性が男性の2倍だそうだ。
「先生も行かなきゃ~」 いつもらな突っ込みどころなのに・・・みんな無言だ。
私のお相手をしている暇はないらしい。しょうがないので自分でつっこむ。
そんな熱心に製作中の作品をちょっとだけ。展示前なので分かりづらく撮りました。

青山教室はいま週6日です。日曜の山梨教室が入ると2度目の2週連続。
そんな状況はけっこう好きかも。
今月中にはみんな完成の予定です。


ステンドグラス作品、教室。

最近教室ではこんなもの作っています。
ゾウサん、細かいパターンでコパーも細めで巻きました。
写真では見づらいですが隙間なくぴったりです。

山梨教室では水玉のキリンさんがいます。
動物に『さん』をつけると自分がいい人になった気がします。
ガラスサンプルで作りました。

同じサイズでカットされていて,いろんな色を使えるサンプル。
ガラスカットの手間が省けます。悪知恵を働かせたな!
割れた陶器を使って作りました。

割れた破片がモールド代わり。キャンドルスタンドにしてもいいですね。
作りたいからって、わざと器を割らないように。
夜の教室がおわりブログを書く。
火、水と2日連続で長時間の教室が終わるとちょっとホッとします。
音楽を聴きながらビールでも飲みたくなります。


ステンドグラス作品、教室。

夜教室は出足が遅かった。
社会人1年生のOLさんが、1人でルーターをかけていた。
「出足が遅いね」と言ったら
「だらしないですか?」と聞き返された。
また、天使がいたずらしているのかな。「この教室には天使がいるんだ」と教えてあげた。
「天使ですか?」(笑)「天使っふっ」(笑)どうやら天使はキミに乗り移ったらしい。
最近の生徒作品です。
ネコの顔はフュージング。いい表情してますね。裏にもあと2面クロネコと違う顔のネコがいます。ネコ好きなのかモチーフに使った作品が多いです。

これは家紋らしいです。いろんなデザインがありますね。
蝶の形をしています。ナギットは貼付けました。

初めてケイムでパネルを作りました。単純な形でもケイムで組むとちょっと高級な感じがします。初めてなので接点は苦労していたみたいです。2作品目に取りかかりました。

夜の教室が終わると11時過ぎます。1人でいるとまた現れそうなのでブログを書いたら帰ります。


ステンドグラスのウェルカムボード。

前回のウェルカムボードを紹介した時に、製作中だった作品が完成しました。
あのブログを見た別の生徒から
「先生という選択肢がありながらみんな結婚しちゃうね、ウェルカムボード禁止令を出したら」」ってどれだけ私がすねてると思われているのだろうか。
前に紹介したミレフィオリをキノコ型にヒュージングしたパーツを使用しました。
葉と組み合わせたウェルカムボードです。

写真の撮り方が下手ですが、後ろから光を入れると葉のグラニドがキラキラ光って綺麗です。葉脈の線はとても細いです。
ガラス部分にはオリジナルの絵が入ります。
使用したガラスのメーカーはスペクトラム、デザーグ、ウロボロス、ヤカゲニー、ココモ。とバラバラですが綺麗にグラデーションがでています。

彼女は時間の関係もあり入会してすぐにこれを作りました。ガラスのことも何も分からないまま、よくこれができたと思います。
この時期、式を挙げる人が多いみたいです。
私にしておけば作らなくていいのに・・・


ウェルカムボード

週末,新宿の世界堂に行ったら脇で撮影をしていた。
屋台がセットされ、誰だろう?と思い覗いた。
鏡かと思ったら坂口憲二だった。あ~びっくりした。
隣は中井貴一、なにかセリフを言っていた本番中だったんだ。
先週の火、水曜日だけで4作品のウェルカムボードが仕上がった。
最近は結婚式にも呼ばれなくなったが、そんなにお嫁さんになる人が周りにいるのか~
4人の中でい1番若い娘ですが、以外に落ち着いています。
両サイドは月をイメージ。周りの柄も和風なテイストですね。

アーチ型って作りづらいですね。丸いケイムを周りに巻いてしっかりしました。
色使いも明るく、2羽の小鳥は私たち・・みたいな。幸せな家庭が築けそうです。

面取りされたミラーは文字を入れてあります。業者にお願いしました。
透明部分は写真を入れて。草花が爽やかな感じを出しています。

パターン柄は統一感があってすっきりして見えますね。デザーグのニューアンティークも背後に新緑があるととても綺麗に見えます。

あ~また世の中から4人の女性が独身ではなくなったしまうのか・・・。
恐ろしいことに今日も2人がウェルカムボードを製作中だ。


ステンドグラス作品、教室。

今週、教室の帰りに生徒と一緒になり、並んで歩いた。
車道側を生徒が自転車をひいていた。(さりげない優しさを見せるチャンスだ)
でも「こっち歩けば」と言ってしまった。 (気付かれないようにしないとダメらしい)
本来は女性が怪我しないように思いやる行為だよね。(ポイントを稼いでどうする)
しかし『車が突っ込んで来るなら女性の身代わりに自分が轢かれよう』なんて本気で考えているのかな?(またどうでもいいことを考える)
私はよけちゃうかも。
または、迫り来る車に両手を前に突き出し、手のひらに力を込めて。
カ~メー  ハ~メー  波ーッ!
グシャ。
最近の生徒作品です。
四角を大量に切りました。カットは楽ですが、コパーがたいへんです。
良い色合いですね。

こちらも四角の作品です。枠に入れるとしまりますね。
落ち着いた感じに仕上がってます。

四角が続いたので丸い作品。
涙型にカットしたガラスで吊り下げランプを作りました。
いろんな型ガラスが壁に映って綺麗です。


ステンドグラス作品、教室。

40年以上生きていても知らないことは多い。
桜が葉っぱのないまま花だけで満開だったこと。
去年は「桜の木にサクランボがなるんだよね」っという問いに。
「そんなことはないでしょう」(上野公園の桜に豊作のサクランボを想像)
「山梨出身なのにそんなことも知らないの?ぎんなんのなる木とならない木みたいのものよ」(えっそうなの?)いまだに真相は分からない。
山梨出身だってそんなことは知らないし、よく聞かれるがぶどう農家でもない。
関係ないが、老舗の読み方も自信がない。
先週、見学に来た人は滋賀県出身で関西のなまりがあった。
「シガ、え~と神戸がある所だっけ?」私。
「それは兵庫です」
「あ~滋賀と岐阜と兵庫一緒になっちゃったよ」(なぜか京都、大阪を飛び越えた)
「大丈夫です。関西の人も茨城と栃木の違いがわかりませんから」
(えっいまだに区別つかない、つい2週間前に間違えたばっかりだ)
『この先生アホちゃうん!』そう思われたかもしれない。
でも入会するらしい。
意図しない所で、適度な安心感をあたえてるのかもしれない。
教室生徒さんの最新作。
恐ろしい程ぴったりだったティッシュケース。持ち上げても落ちません。

ちょうどいい頃に完成しました。同じ頃おひな様が完成した人は、1年近く早目に完成したと喜んでいます。

春らしいレターケース。合わせるのに苦労していました。

今日、新しい占いをした。結果が悪すぎてアップできない。頭にきたのでYES.NOを全部逆でもう1度占った。私に関するインタビューが表示されるのだが、『性格最高!』『女性にやさしい』などかなりいい結果が出た。どういうこと?


ステンドグラス公募展。生徒作品

今回は生徒さんも多数参加します。スライド審査があるので何人出展できるか分かりませんが、3人が完成していて5人が製作中、うち2人は今週デザインが決まったばかりです。
そんな中から、璃房最高齢のおじいちゃん作品。
この毎分180発連射の機関銃みたいな物は万華鏡投影機1号。
1号と名付けたのは、この案は却下され2号を作り始めたからです。
焦点距離、ダイオードの何ボルト、レンズなどいつも難しいことを考えています。私より頭がキレます。元は新聞のカメラマン、2号機は昔のカメラを改良します。

塔好きなボクちゃんの作品。直径25センチで1m50㎝の高さにしようとしていました。
「倒れるでしょう」私が言うと「全然考えてなかったっすよ~」(って考えろよ。)
塔の上にはメインの円型が乗るそうです。
こんなにガラスを切りました。

キミはどこに行こうとしてるの?
おじいちゃん、ボクちゃんとくれば、女子校生ちゃんに行きたい所ですが、「もう女子高生ちゃんとは呼ばないで」っと言葉を残してフランスに行ってしまいました。
なので若妻ちゃん、なんて呼んだことはありませんが、フージングが綺麗にできたので。
ミレフィオリのチップを焼きました。モレッティのガラスにしか焼けません。
ちょっと割高ですよね。
サイケな感じに・・と注文されたらしいです。


B型女に囲まれて。

教室にて、B型3人AB型1人に囲まれた。
先生は何型?と聞かれ
「A型だよ」と言うと
「なによその勝ち誇った顔」と言われた。(別にそんな顔してない・・)
いまだに、いじめられると喜ぶと信じ込まれている。
そのうちの1人は最近血液型を聞かれると「私A型」と答えるらしい。
いやっ、君は見るからにB型だよ。典型的なB、きっと両親もBのドBだろ!。
B BB B BBB BBBB クォォォォーーーッ 
エド・はるみって最近見ないね。
夜の教室です。パネルを作っている人が多い。

チェスナッツ。明かりをつける前、葉はグリーンや黄色に見えます。

つけると赤に。
ブルーがピンクに見えるものもあります。

ヒュージングします。窯に入れる前

焼上げた後です。魚になります。

でもB型って好きだな~最初から予想通りに動いてくれないのが分かるので、なんの期待もなく楽です。


ステンドグラス作品、教室。

銭ゲバ、最後の1分が見れなかった。
主人公、死んじゃったよ~愛に目覚めて改心したら興醒めだったよ・・と思ったら。ダイナマイト爆発前に時間が逆回転した。
おいっ、おいっ、おいっ、おいっ。
っで爆発前に戻り、1人ゴト、言っている時に席を立つ用事が。
戻るとエンディングテーマが流れていた。あ~すっきりしない。
今朝は早起きして、携帯電話のテレビでWBCを見る。小笠原がけん制球でさされた時は『あ~だから日本ハムにいればよかったんだよ~』と訳の分からない意見を言う。
でも、勝って良かったね。大きいテレビで見たいものだ。
桜の花咲き始めましたね。去年は御苑で見ました。トイレの列にびっくり。
教室でも作品が咲いています。最近の春っぽいもの3連発。

1足先に桜が満開です。ガラスの隙間から壁に漏れる明かりもきれいです。

春らしい三知風のパネルです。プライベートでも早く春が来るといいですね。

きてますね きちゃってますね 春ですね
1句、よんでみました。


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (161)
  • 施工例 (102)
  • 教室 (402)
  • 日々のこと (214)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2020年11月 (7)
  • 2020年10月 (3)
  • 2020年9月 (2)
  • 2020年8月 (5)
  • 2020年6月 (5)
  • 2020年5月 (12)
  • 2020年4月 (13)
  • 2020年3月 (7)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (4)
  • 2019年12月 (4)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (4)
  • 2019年9月 (2)
  • 2019年8月 (3)
  • 2019年7月 (1)
  • 2019年6月 (6)
  • 2019年5月 (6)
  • 2019年4月 (7)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (6)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (9)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up