ステンドグラス悪童日記

土日のこと

ゴルフの全英、久保谷の3日目17番ホール。1~2mのパットをはずした場面。
解説が「1呼吸おいてから」と言っていたが、マーカーを置かず、打って外した。
私は素人だが、「これぐらいは入る」そんな油断はなかったと思う。「マーカーを置いてからの方がいいかな」そんな一瞬の迷いがあったんじゃないかな。
そしてその後に影響してしまいそうな1打。そう思った。(いつからゴルフ解説者に?しかも素人)本当のことは本人しか分かりませんが。
日曜美術館はマーク・ロスコ。場所は私のお気に入りの川村記念美術館。
司会の姜尚中さんと、作家の高村薫さんが抽象絵画をどのような言葉に置き換えていくか興味津々。
姜さん「意味の臨海線」
高村さん「生命の手触り」
そんな言葉を使って独自の解釈を言う。さすがですね~よくま~スラスラと。
来館者の感想
「こんな絵があるなら、生きて行こうと思った」
「言葉にできない」
それに対する高村さんのコメントに『えっ』と思う。
「言葉にできないってすごく怖いことなんです。私も阪神大震災の時に・・・もう~怖くて言葉にできない」
急に現実的な・・それって言葉にできないではなく、怖くて言葉が出ない、とか腰が抜けた、レベルのことでは。
本人も『しまった!』と思ったらしく「ちょっとズレましたけど」と自分でフォロー。
テレビカメラの前で瞬時に考えるのは難しいことでしょう。
『知識ある作家さん』でも、ちょっと安心。
ただその後のコメントが長いだけで、少し支離滅裂になった気がしました。
(記憶で書いているので、多少違っているかも.再放送やるかな?)
ちなみに姜さんの日本名は永野 鉄男(ながの てつお)と言うらしい。
知的でスマートだが名前は男らしい。ネットで知った。
NHKで司会に使いにはある面で問題視する声もあったみたいだが、私は今回の2人は気に入っている。女性の方も「若ければ良いってもんじゃないのよ」と教えてくれるタイプだ。それは個人の趣味の問題もあるのだが。
夜は、クイズ番組の平山あやの回答に受ける.おばかキャラだったの?
テレビを捨てて4年以上が過ぎました。実家では見貯めしますが、普段は必要ありません。


鉛筆デッサン。

デッサンの前には鉛筆を削り準備します。以外に集中します。

最近の作品。

最後まで書ききれませんでした。薄い調子は写真では真っ白です。
過去の作品よりダメだったかも。美術展の制作にエネルギーをとられたかな。
よく描けたのは足でしょうか。

ステンドグラスでも絵付けの場合、グリザイユ(絵の具)をワインビネガーで練ることから始めます。やる気がでない時でも、練り出すと心の準備ができてきます。
きっと1つのことに集中していると、その後も集中時間が継続されるのだと思います。


新聞で・・・

昨日のことだが、留守にしていた日曜の新聞を読んだ。
折元立身(おりもとたつみ)さんの記事に釘付けだった。
認知症の母(90)をモデルに「アートママ」シリーズを発表しているらしい。
かわいいのだ、そのお婆さんが。

息子が2本目のビールを飲もうとすると、身体を気遣い必死で止める。
海外から帰ってくると夜10時なのに食事をせず待っている。耳の悪いお婆さんに、ヘルパーさんが息子が帰ることをメモで伝えていたから。
オープニングレセプションでは、ビックシューズを履いて「サンキュー サンキュー」とお客さんに声をかけ、大受け。
下着を汚した時は、自分で洗濯機をまわす。認知症とは思えません。
「写真には私も写っているんだから、売れたら半分お金ちょうだいね」って言う。息子の作品が売れることがうれしいらしい。
介護もアートにしてしまう。たくましい。
作品は慈愛に満ちたユーモアって感じ、きっとお母さんのことがかわいいのだろう。母親への愛情を持って作品にしている作家との関係こそが、作品に感じてしまう。
他人のことだが、長生きしてもらいたい。
うちのリトルピープルもアートになるだろうか?


父親思い。

土曜は9時過ぎには実家に帰る。帰る途中で電話がきた。
「骨折したから救急病院に連れて行ってくれ」今週もリトルピープル大暴れだ。
「分かった」と電話を切ってから下石田食堂へ。
さんま、ナス、とろろ、納豆、野菜炒めをトレイに乗せいつもと変わらず食事した。
実家には叔父、叔母が駆けつけていた。心配されてご上機嫌の父。
小指が曲がらない方向へ『くの字』に曲がった。らしい。
親戚も呼んだ手前、しょうがないので2つ隣町の救急病院へ・・・
診察が終わると指には何も巻かれていなかった。
医者も人の子。普通は湿布ぐらいするものだが、それさえしなかったのは、『それぐらいで来るな!こんな時間に・・・』のメッセージのように思えた。
「くの字どころか、90度に曲がっただぞ。」(性格では?)納得いかないリトルピープル。救急車を呼ぼうとした。って所だけは、語尾を強めて注意した。
障害者の母の方が手がかからない。
『頼むから静かにしてくれ』そんな題名の本があった。そんな感じだ。
ステンドグラスのネタを増やしていこう。


生徒の婚活について考える

「なんだこのやろう」生たけしに会う。近所のフレンチの前で、生声も聞いた。
今週は番長清原(デカッ)三国連太郎さん(下の美容院の常連)などに会った、当り週だ。
生徒のお見合い相手は成城に2700坪持つ資産家のおうち。
別の生徒が「坪300万で1000坪30億、2000坪で60億」と計算。
(私は後日、計算機で2700坪81億と)
家にはフェラーリを含め7台の車。(うちも自転車を含め7台)
水曜の夜は11時まで教室だが、今週は9時に終わり6人で近所の居酒屋へ。
そこで婚活について考える。同じ曜日に通う生徒さんらが助言する。
「結婚しちゃいなよ、で別れればいい」(結婚前から・・・)
「でも原因を相手に作れせなきゃだめ」(つまり浮気させる訳だ)
「あたしじゃ~ん~どうかな?」(旦那の浮気相手にって。酔わせれば大丈夫だ)
なんて仲間思いなんだろう。私も負けじと。
「慰謝料もって嫁に来てくれれば、みんなの月謝は3000円だ」
もう生徒は、その話してくれないかもしれない・・・
前に両親のことを話してくれた。
海外旅行に出掛ける朝、荷物のことでパニクるお母さんは、お父さんが気を利かせてトランクを車に運んだことに「そんなことするから私のペースが狂ったのよ」と・・・イライラをぶつける。
そんなこともやさしく受け入れるお父さんのような、やさしい相手を見つけてもらいたいものだ。
どうでもいことだが、今朝の朝食。

焼き空豆。
「焼くとおいしい」と1週のうちに2度聞いたが、1度目に言った生徒が誰だったか、どうしても思い出せない。


コートのプリンス。

なんて言われたことは無い。
今日の晩飯。茹でたて空豆、トマト、梅酒。
窯入れしたら疲れて食事に行けなかった。

友人の息子が,ソフトテニスで関東大会を目指している。私達が(友人と私も関東に行った)熱くなった時代にいる。
27年前の話。
基礎ができてない私は中2で行き詰まった。そんな時、雑誌でイメージトレーニングの記事を見た。
部活が終わった夕食前と就寝前,好きな曲を聞きながら勝つイメージをした。願望という程強烈なものでない。3年になり勝ち始めた。それでも関東に行けるベスト8には微妙なラインだった。
関東大会予選の前日,夕食前に「ちょっと出掛ける」と言って試合のある緑が丘まで自転車で30分かけて行った。暗くなったコートに忍び込んで関東に行けるように祈った。
あの時はそれほど勝ちたかった。
関東の切符を手にし、好調をキープしていた。格上相手に2勝し神奈川1位に逆転負けした。
急成長した私を顧問は「五味は相手を弱くする」と端的に言った。
その通りだ,決して技術的に上達してはいないのだから。
勝負けは事前に分かる気がする。関東前日,六本木の有名な喫茶店に中学のジャージで行った,顧問と前衛が話をしたいたが私は加わらず窓の外を見ていた。その時とてもリラックスしていて明日は大丈夫だと思った。
茶店から。宿舎への帰り道が分からず六本木を徘徊した。雰囲気のいい居酒屋の前で顧問が「お前たちが大人になったらこんな店で飲みたい」と言った。神社でお参りし、タクシーには近すぎると乗車拒否、「試合前に疲れさせちゃいかない」と顧問が心配した。
よく憶えている。思い出がつまっている密度の濃い頃だ。
負けた試合を何度も急に思い出し、座っている座布団をたたいては祖母に「そんなに悔しガッチョし~」と言われた。試合の流れを決めた1球、それをずっと悔やんでいたんだ。
友人のブログに息子のテニスが載ると思い出してしまう。
そんな熱い時代にいるのか、本人はただ必死なのだろう。後悔しないように頑張れ!
親父が熱くなっていることは知っている。(親父は県でベスト後衛に選ばれたらしい)
私も熱かった,今は作ってる作品が良くなるように情熱を傾けよう。
生徒に負けるわけにはいかないし。
個人戦で関東行ったら見に行こうかな。


週末のこと

ジャズを聴きに東京駅の近くのコットンクラブに行く。
職場が同じビルの生徒が「私のシマなので」とご馳走してくれるらしい。
会社の入口は、駅の改札のようにセキュリティーがしっかりしている。
遠慮なくビールと料理を頼む。オリーブが気に入った。
サックスとトランペットのツインリード、スタンダードは1曲も無いが予想以上に良かった。客は満席ではなかったが一体感があった。やはり生演奏はいい、定期的に行きたい。

2軒目、バカラのグラスで飲ませるショットバーに。
1杯3000円前後。私程になると、おっぉ驚かない!
普段は飲まないウイスキー白州を飲む。(白州は山梨県の地名)
2杯飲んだところで終電が気になり時計を見ると1時45分だった。
話し込んでしまった。生徒は横浜までタクシーで帰った。
昨日は、ステンドグラス美術展に提出するスライドを撮りに生徒の家をはしご。
他の生徒も引連れ2軒目は飲み会に。マッコリ、伊佐美、他いろいろだ。

おいしい料理。生徒もお行儀良く,テーブルに倒したビールは1度きりだ。
生徒のご主人様は俳優さん。朝の連ドラ、映画、某ビデオカメラのCMに出ている。
ギター片手に『君といつまでも』を歌うが奥さんは横向いてフランスパンの話をしている。
そんな美男美女を親に持つかわいい娘さんが仕事から帰ってきたました「こんばんは」
生徒を呼ぶとき,いままで「Nさん」名前で呼んでいましたが、その時から「おかあさん」自然とそう言っていました。
本当にあっという間でした。終電を気にして駅まで息子さんに送ってもらう。
電車を待ちながら『女性に対して私のどこが悪いか』生徒たちに指摘される。
「◯◯◯だからもてないのよ~」っと。
「いやっモテる」私。
「もてない!」
「モテる」
「もてない」

新宿に着き終電の時間を過ぎていたが、日頃の行いがいいので電車が遅れて間に合った。
私より遠くに帰る別の路線の生徒たちは・・・?
今日は山梨に帰らず作業しました。時間をかけてやった所をやり直し。
もうひと頑張りします。


善良な私。

実家に帰ると50枚入りマスクの買置があった。
岡崎のゴールは転んだ拍子に決まったかのようにもみえる。
鼠先輩の引退宣言はなぜか高橋尚子を思い出させた。引き際はダイアナ妃の陰に隠れたマザーテレサのように静かにひきたい。
昨日は6時30分甲府発のバスで帰ってきた。バス乗場で8人ぐらいの20代女性の団体が「道路の渋滞により新宿まで4時間です」と言われて乗車をヤメた。
私はいつも多めに時間を言うことを知っている。娘達のキャンセルにより席は空いていて良かった。(娘は好きだが娘達は嫌いだ)アイスコーヒーと本を買い、ささやかな自分時間。(ちなみに本は『夜は短し歩けよ乙女』私と同類だ)
1000,2000のナンバーが渋滞中に並んだ、時間が10:00ジャストの時だった。
バスが追い越した先にも1000がいた。10:01分のこと、しばらくナンバーを見続けていると不思議な気分になる。今度はぞろ目が重なる。
眺めながら占いのことを考えた。うろおぼえだが、骨の焼いた割れ方や,偶然出た数での占がある。占星術は統計だと聞いたが,統計とは関係ない偶然なことでもバカにできないと有名な心理学者が言っていた。
何かが数字の配列や骨の割れ方に変換されていて,それを読み取れる人がいるのだろうか。
考えたところで私が何を分かるわけではないが。
バスは4時間20分以上かかって新宿に着いた。雲間の満月が綺麗だった。
そう、日曜教室の後、生徒の友人夫婦にご馳走してもらった。真鯛とエビの香草焼き、レモンのドレッシングで。うまかった。今度は私がご馳走しよう。
いいことを考えた。
友人夫婦は2人だ。旦那、奥さん、私。旦那、奥さん、私の順でおごり合えば得ではないか。・・・そう考えた。
・・・んっ?なんかおかしい。
20秒ぐらい考えた後,得ではないことに気が付く。
善良な人というのは,悪いことを全然考えない人ではなく,悪いことを考えてもそれが悪いことではない人のことではないのか。っていうより頭悪すぎだ。


分かれ道

昼の教室が4時30で終わり、6時まで休憩がある。今日は疲れて寝てしまった。
食事に行く時間もなく、冷蔵庫にあった納豆2パックと生徒の実家から届いたびわ、キウイ、青汁を飲む。あとはお得意の自己暗示で健康体だ!元気になった。
14年間教室をやっているが風邪で休んだことはない。体温計もないので熱があっても分からない。
最近のデッサン2作品。
時間が足りず間に合いませんでしたが、手の抜き方もうまくなりました。

もう1作品。右側描ききれず。

名前を知りませんが好きな花です。作り物なので造花っぽいでしょう。花の中も丁寧に描きました。瓶は手抜きです。

机の木目はお得意になりました。ポットの映る皿と布は描きどころでした。

デッサンではまず構図はよく考えます。徐々に良くなってきたのか、先生から直されることが少なくなりました。
鉛筆デッサンなので黒を書足していきますが、しっかり描きたいところを濃くすると良くなってきます。
ステンドグラスでは切り終わったガラスを立て掛けて色を検査します。色を変えたり同じ色でも濃さを変えるだけで良く見えます。『これくらいはいいかな~』なんて思うと、これから起こるいろんな分かれ道で影響する気がします。


また、ラジオにツッコミを入れる。

NHKFMの夕方4時からの番組にまた反応する。
高校生が大人に青春時代に聞いていた曲をリサーチするのだが。
単車に乗り朝方帰ってくるお父さんのリクエストは、クールスの紫のハイウェイ。
お父さんのお友達は、速い車を見つけると、隣に並び窓全開で曲を聴かせる。
おばあちゃんは結婚前、お腹にお母さんがいて。
おじさんは。金八の加藤君のシーンを友達と見て涙する。
君の家族って、きっと昔は暴れん坊だね。
お茶を配っていたお母さんに一目惚れしてデートに誘ったお父さん。
国語の50歳ぐらいの女教師はお風呂の掃除中に異邦人を口ずさむ。
「デッキブラシをマイクスタンド代わりに歌うのが想像できます」って女子校生のコメント。
チャー チャー チャー チャラララ チャッ チャッ チャッ チャッ チャ~
緑のブラシを口元に、右手で持ち右足で矢沢ヨロシク蹴り上げろ!
想像できません。異邦人でしょう、50の女教師、三角眼鏡かね。
金八の加藤君って記憶に残る人だよね。加藤君は10年おきに目にする気がする。
薄くなった加藤君。
太った加藤君。
昔の友達を見るように、好意的に見てしまう。
私にとって画面から消えても、いつまでも良く思えるのは、加藤君と山口百恵だけだ。
話に関係はないが、フランス料理を習い始めた生徒からお菓子いただきました。
つやつやしています。見るからにおいしそうです。おいしかったし。

金曜は今週も終わりだって感じ、街もいつもと違い感じがします。
土曜が仕事の人もいると思うけど、周りの空気に押し流されて、明日教室がある私もホッとした感じです。


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (158)
  • 施工例 (99)
  • 教室 (390)
  • 日々のこと (211)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2020年5月 (12)
  • 2020年4月 (13)
  • 2020年3月 (7)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (4)
  • 2019年12月 (4)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (4)
  • 2019年9月 (2)
  • 2019年8月 (3)
  • 2019年7月 (1)
  • 2019年6月 (6)
  • 2019年5月 (6)
  • 2019年4月 (7)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (6)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (9)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up