ステンドグラス悪童日記

猛暑

暑い。室温32度だ。
嬉しいこと、そうじゃないこと。
壊れていたエアコンが新品になる。   来週の木曜日には。
なので扇風機をネットで買った。コンビニ決済だと先払いなんだ~注文してから気がつき、3時までと言うから急いでコンビニに。(代引きだと1~2日遅れるというので)
少しでも涼しくなればとブルーのパネル。作品展用に作った。
販売もできるので売ってみようと思う。
グリーンの色違いも作った。それはアンケートの回答者へのプレゼント用。額に入れてアップします。


私の反省癖

今日は朝5時前には工房にいた。
朝型に切り替えたいのだが、なかなか長続きしない。
朝、昨日のブログをチェックして思った。
相変わらず意地悪な感じの文だ。(悪い癖のようだ)
本当はアンケートの提案もうれしいし、アイスクリームを食べて「少し涼しくなった気がする」と言ってくれた生徒にも感謝の気持ちもあるのに。エアコンのこともっと謝っておけばよかった。
日曜日に仕事をするのが好きだ。ラジオはFMTOKYOに合わせる。バイトがいると福山雅治の番組が始まると「あ~始まっちゃった」とよからぬものが始まったみたいに言うが,午後は各番組楽しみにしている。
今日はちょっと浮気して,大槻ケンジと安斎肇がゲストの番組を聞いてオモシロかった。あの人間性?ちょっと変わった道を行くのが良いと思った。
今日も暑かった。窓を開けて短パン、タンクトップで作業した。
夜が明るくなって行くのが好きだ。朝型は3日は続くだろう。
写真は23㎝に切って,上から下に緩やかにカーブさせようと思ったが、切り終わって並べた時、青のイメージが直線の方が合うと思い直し,16㎝に切り直した所。


昨日のこと

きのう鼻血が出た。鼻血なんて十何年ぶりだろう。
夕飯を買いに行く途中で、韓国人に(中国人かも)道を聞かれた。先月も韓国人に聞かれた。
知り合いの言葉を思い出した「道を聞く時は美人に聞く。その方が親切に教えてくれる」
ただ思い出しただけだ。
帰りは、明治公園で雷を見ていた。新宿の先の雷雲がピカピカすごかったので、買い物袋を2つぶら下げたまま、思わず立ち止まって見入ってしまった。
30m先にいたカップルが立ち上がって帰っていった。(君たちを見ていた訳じゃないんだ)
部屋に帰り、掃除洗濯、風呂、腹筋、2人目の恋人を額縁に入れた。
 
ビールを飲みながら、杉みき子の『小さな雪の町の物語』を読んだ。
やはり良かった。


ヨガ教室

男のヨガ教室に通っている,別に怪しい所ではないし、宙にも浮かない。
今週は新しい呼吸法を習った。習得するのは難しいことのように思えた。
教室の半分を過ぎる頃リラックスタイムがある、風景などをイメージしながら寝転ぶのだが。
講師が。
「日だまりをイメージしてください。」(日だまり~)
ピアノ曲を聴きながら目を閉じてイメージする。
「自分の好きな所でもかまいません」 (木陰かな~)
「そして,皮膚呼吸をしてください。」(皮膚呼吸?)
「毛穴から呼吸する感じで」     (毛穴から?)
「毛穴で呼吸するイメージができますか?」 (できません!)
「背中だったら、背中の1点に集中して」  (背中の毛穴って)
 ま~とにかくやってみよう。
想像力には自信があるのだが、毛穴をイメージしようとすると、光合成に出てくる、口を開けた緑の細胞が邪魔する。イメージしようとするとあの細胞が邪魔する。
私は植物か。
いつもなら寝てしまいこともあるのに、頭が冴えてしまいました。


道路にて

今週,生徒からこんなことを聞かされた。
道路にあるチェーンをまたごうとして、後ろ足が引っかかりころんだ。
手には紙袋を抱えて,後ろ足のヒールが危ないかな~って思ったらしいのだが・・・
分かっていたら持ち上げろよ。大人がころぶって、悪いが笑った。
今朝,道路を横断してチェーンをまたごうとしたら,前足から引っかかった。
スニーカーなのに。手には何も持っていない。しかも前足。
他人の影響を受けやすい体質なのか?軽くショックだ。
目測を誤るのは年のせい?最近は時間の読みも甘い。
昨日書いたブログを見ていたら、富士さんの絵っと書いてあった。誰?富士山だろ。
全部天使の仕業にしてしまおう。


デッサン教室

めったに予定の入らな私。木、金と飲み会があった、が2つとも流れた。そんな孤独な金曜日,そばにいてくれるのは君だけだよ。
ヌードデッサンだからって気合いを入れているわけではないが、あきらかに入魂してしまっている。前回を超える絵は描けないと思っていたが、これも悪くない。君にも額縁を作ってあげよう。前の娘が焼きもち焼かないだろうか?
バーチャルな世界の住民になりかかっている、裸の自画像を添い寝させるようになったら、誰か止めてくれ。
デッサン教室は渋谷なので、帰りに副都心線のステンドグラスを見に行った。大津英敏さん原画の青いパネル「海からのかおり」がある。浜場にたたずむ少女(娘さん?)と富士さんの絵だ。
無知で大津さんを存じ上げなかったが,安井賞も受賞している画家さんだった。
けっこう厳しいカットもしている。がらすもキャセ、アンティーク、オパール、クリア多彩だ。
ん~どれどれっ~。
私ほどの作り手になると見方も1味違う。20センチに顔を近づけ接写モードに。そしてハンダもれ(止め忘れ)を探す。ひたすら探す。3分の1程見たが変な自分に気付きヤメた。
ちょっと意地悪だね。制作者さんごめんなさい。
ハンダ漏れは発見できませんでした。


天使のいたずら

今日天使に会った。
朝、ネルドリップで珈琲を入れて、昨日買ったイチゴ入りの板チョコレートを食べようと冷蔵庫をのぞくと、森永のミルクチョコレートに変わっていた。軽くショックだ。
前にも風呂上がりにポカリスエットを飲んでいた、半分飲んだところで手に持ったペットボトルを見るとアクエリアスだった。ポカリを飲んでいたはずなのに?味もアクエリアスに変わっていた。人の味覚なんていいかげんだ。
森永のミルクチョコレートも気づかず食べればイチゴの味がするのだろうか?
年齢が上がるとともに、天使のいたずらが増えていく。
困ったもんだ。


関係ない話だが

実家に帰っていた。
テレビのない私は地震の映像を実家のテレビで見たのだが,山の崩壊は予想以上だった。
以前,講習会で出会った宮城県の作家さんにお見舞いのメールを出したいのだが,1言,2言しか話してないので迷っている。その後付き合いないし、覚えてないかも。
いつもこのパターンで何もしないのだが,変えていかないといけないことの1つだろう。
「栗駒山荘」というのがある。昨年秋に東北地方に旅行に行ったのだが、宿を探していた時に、交通の不便さとシングルの予約がいっぱいだったので、泊まりたかったが断念した。たぶん震源の近くだと思い、気になってサイトを見てみた。やはり従業員も近づけない状況で、営業できずにめども立っていないらしい。写真で見て1発で気に入ったとてもいい山荘だった。再開したら行ってみたい。
秋葉の事件もニュースで多くやっていた。
この件で、派遣社員の待遇などが改善されるなら、事件が無駄ではなかったことになってしまう。もちろんそれでははおかしい。事件が起きる前に、改善できる隙間は埋めていかなければ。
親の作文で子の価値を上げても、社会の実戦で挫折を味わうだけなのに。頭は良いと思うのだが使い方がもったいない。
今日はヨガの日だ、いろいろとリセットできる感じがする。そろそろ出かけます。歩いて恵比寿まで。


びわ

生徒の実家からびわが届きました。香川県の瀬戸内海側でみかんの時期にはみかんが届きます。
売り物よりおいしい。私は果物がとても好きです。
今日の朝陽は綺麗だったので、陽に当てて写真を撮りました。背景の木は原宿団地にある、東京のびわの木です。ちょうどたくさんの実をつけています。
びわの実でひらがなの「びわ」っと書いてブログにアップしようとしましたがやめました。
あまりおもしろくないし、受け狙いよりステンドグラスことを書くブログのはずだなーって。
食べ物で文字を書くと言えば中学時代、お弁当の白いご飯の上におかずのアスパラかなんかで「理」(私の名前)っと母に書かれました。見えた瞬間にすぐ閉めましたが、友人に気付かれ、笑われてとても恥ずかしい思いをしました。帰ってからものすごく怒りました。
母の話題を出すと、女はすぐにマザコンとか言いますが。最近、生徒から「マザコンでしょう?」って言われなくなったような気がします。
今日は夜の教室(変な言い方かも)がいつもより早めに終わりました。なのでまたどうでもいいようなこと書いています。
次はステンドの何を書こうか。


昨日の夢

写真は双子ちゃんの作品。1人は来月から海外青年協力隊としてセネガルに行ってしまいます。
写真と関係ないが、また変な夢を見た。私はよく夢を見る。変な夢や悪夢が多い。
昨日見た夢は。最近、聞きたいことがあり電話で話した後輩のIさん(女性)の夢。
私はパートナーと(誰?)ちょっといい感じのレストランで食事をしていた。近くのテーブルでIさんが1人で食事をしているのに気がついた。その瞬間パートナーは消えIさんが向かいに座っていた。
そうだ、さっきバイキングのサラダにサウザンアイランドをかけて外人に怒られていたのはIさんだった。
食事も終わりかけた頃、「そろそろ行ってくるね」と、いつの間にか鳥の着ぐるみに着替えていたIさん。厚紙でカラフルに着色された鳥の着ぐるみは大きめで「かき氷350円」などのメニューが10枚ほど前面に貼られていた。それを着てバイキングの方に行ったので私は他人のふりをした。
彼女は高学歴なので何かするのも意味があるのだろうと思った。そんな夢だった。
夢によく意味を見いだそうとする人がいる。高学歴が気になったのか、350という数字だろうか?夢占いはできないが、変な夢を見たときはその日いろいろ気をつけるようにしている。
工房を始める頃に、うまくやっていけるんじゃないかと思える象徴的な夢を見た。アートスクール卒業後から工房勤務の頃の話と一緒に、また書きたいと思います。


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (163)
  • 施工例 (110)
  • 教室 (408)
  • 日々のこと (218)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2021年10月 (3)
  • 2021年9月 (4)
  • 2021年8月 (3)
  • 2021年7月 (2)
  • 2021年6月 (3)
  • 2021年5月 (6)
  • 2021年4月 (3)
  • 2021年3月 (1)
  • 2021年2月 (4)
  • 2021年1月 (4)
  • 2020年12月 (8)
  • 2020年11月 (7)
  • 2020年10月 (3)
  • 2020年9月 (2)
  • 2020年8月 (5)
  • 2020年6月 (5)
  • 2020年5月 (12)
  • 2020年4月 (13)
  • 2020年3月 (7)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (4)
  • 2019年12月 (4)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (4)
  • 2019年9月 (2)
  • 2019年8月 (3)
  • 2019年7月 (1)
  • 2019年6月 (6)
  • 2019年5月 (6)
  • 2019年4月 (7)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (6)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (9)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up