ステンドグラス悪童日記

先週は那須へ。

2泊3日で行きました。

 

まずは那須ステンドグラス美術館へ、パイプオルガンも良かったです。

ランチはSHOZO  CAFE。入り口で『静かにできないお子様の入店はご遠慮ください』

と書かれてたので、やめてジョイア・ミーアへ。ペペロンチーノはかなりいい。

 

初日の宿は民宿田中屋。グレードアップしても7500円。

 

 

普通の家、大丈夫かな~?

不安でしたか賑やかそうな女将さん。

 

 

外観です。風呂は滝之湯へ、すぐ目の前。

 

 

白濁したお湯はぬるめで気持ちいい。長湯して2人で湯あたり。

 

 

夜の食事。これに炊き込み御飯。美味しかった!これはいいな~

 

「子供は5分でも湯船につかるとすぐ寝るよ」と女将に言われ再度お風呂に。

普段、お風呂は遊ぶものと思っているチビも肩までつかって静かにしていました。

帰って来て私が5分で寝ました。

 

朝はご主人さんが入れるコーヒー。焙煎機までトースターで手作りしてました。

また行きたいです。

 

2日目は雨予報だったのに晴天。

 

 

ロープウェイで茶臼岳へ。1ヶ月ぶりの晴れだったみたいです。

 

 

行けるとこまでトコトコ散歩。紅葉にはまだ早いみたいです。

 

 

昼食は生徒さんお勧めペニー・レイン。並ぶ時は1時間半も待つらしい。

テラスの雰囲気はいい。ビートルズの曲が流れています。

でも食事は昨日の方が良かったかも。

 

その後サファリパークへ。

 

 

キリンに餌やり。チビより楽しんでいます。専用バスでまわりました。

 

2日目はちょっとリッチに露天風呂付きのお部屋。

 

 

悪くはないけど、この価格なら民宿に3泊した方が良いねと意見がまとまりました。

 

3日目はどうぶつ王国。チビメインの選択です。

え~また動物、でも予想外に楽しめました。オットセイやネコのショーなど1日遊べます。

しかも都民は半額の日。ラッキー!

 

 

低空飛行で飛ぶ鷲やミミズク、高速のハヤブサなど見れます。

写真よりもけっこうな迫力!このお姉さんが客をいじります。

 

那須ってカフェや温泉、動物園などまわる所が多くて良いかも。

民宿の良さも分かりました。

 

どうぶつ王国にしても田中屋さんにしても、客を喜ばせようとする姿勢を感じました。

どの業界でも大事なことですね。

 

予報では連日雨マークだった天気も傘いらずの3日間。のんびりできました。

 

 

 


阿波踊り

 

昨日、一昨日は高円寺の阿波踊りに行きました。

なかなか踊る阿呆にはなれません。

 

初日はいつものルック2で見ました。

 

 

たまには場所を変えようと、2日目はパルのアーケードの下。

 

 

 

 

 

チビもお腹の中にいた時から4回目です。

真剣に見ています。

 

 

2日目も行くか?と聞くと[行く」と返事。チビなりに楽しいのかな?

 

初日はおにぎりを作るように(なにその踊り?)踊っていました。

2日目はウチワを振っていましたが、2日連続で疲れたのか1時間で寝ました。

 

この年齢だと大人になったら覚えていないのかな?

2年前の写真よりかなり大きくなりました。

もうすぐ2歳半です。

 

 

 


MIAKE ISSEY展

一昨日は新国立美術館のMIAKE ISSEY展に。

IMG_0022

発想の幅も広く、概念に縛られない素材、デザイン力と妥協しないで作ること。
4つ揃えたら世界的な人になるのかな。

デザインだけでも1流の人はいるし、素材に徹して良い物を作る人もいるとは思うけど。
ひらめきと、困難でも作り上げる気持ちの強さがなければ驚く作品はできない。

ファッションに疎い私でも、さまざまな素材、服を平面に置いた時の遊び心、立体になった時の驚きなど楽しめました。
特にマネキンに着せた時『良い形と色だな〜』ってオブジェでも見ているよう。

デザインの仕事は面白い。
何かを思い付くことが大切だと感じました。


鹿児島旅行。

土曜~ 月曜まで鹿児島に行ってきました。

教室はでっち先生にお任せ。ガラスを叩き売りしていませんように。
ホテルからの景色。夕日に見えて、朝日です。左が桜島。
陽が上ががると。
眩しい~っ!
旅先では家族が写っているような物がが多く、気がつけば載せる写真がなかったです。
唯一、陽気に泳ぐヨメ。
あ~カメだったか。
2日目はグレードアップした部屋に。
21畳もある部屋も含め3部屋あります。広~い。(旅館側の配慮があったようです)
田宮二郎がいそうな洋室。
奥は林でその手前に川が流れています。川沿いの露天風呂も!
携帯は圏外です。
実は取付けに家族旅行を組み合わせた感じ。
取付先の方々には本当に良くしていただきました。初日の居酒屋から2日目の海までドライブ、90歳こえたお婆ちゃんも一緒に行動しました。人見知りするチビもノリノリ!長時間7人で一緒にいたので、分かる時にはちょっと寂しい感じに。旅館の料理よりみんなで食べた魚の方が美味しかったです。
詳しくはいずれRibo’s blogに。先に書くことも溜まっているのでちょっと後になるかな。
取付けた写真、ちょっとだけよ。
旅先は1日目、水族館、2日目、取付け後オホーツク海、3日目霧島神宮と牧場。
旅のコースより話題豊富なお兄さんが印象的な旅でした。

遅いですが・・・

 3日から年賀状を書き、大掃除しました。

今日から教室なので、昨夜は晩御飯も食べずに22時まで掃除。
家に帰りワインを飲もうとグラスを持つと、肉じゃがが目に入り、お玉でワイングラスによそりそうになる。‥
おっ~と 疲れてたからね。汁が2~3滴落ちた。
教室初日、月謝を2回取ろうとしたり、ベースや木枠代つけ忘れたり、そんな始まりです。
運が良ければ高額な材料が請求されないかも。
月謝を2回請求されても、あなたがしっかりしていれば大丈夫!
そんな教室は嫌ですか?
今日もでっちがウロボロスGランクを1.5倍安いBランクの価格にして売っています。
本年もよろしくお願いします。

この1年

 戦後70年、そのことが気になる年でした。

保育園で祖父母のことを書く機会があり、戦死した祖父のことを書きました。
36歳で上海でなくなった時、5人の子供がいました。
最後に1目だけでも家族に会いたかったのだと思います。
最近実家に帰った時に、可愛がってもらった祖母より、1度も会ったことのない祖父の写真を見る時間が長くなった気がして『なんでだろう?』と思いました。
子ができたから?お墓が汚いから?理由は分かりませんが戦争が気になる1年でした。
私生活では本を読む機会も増え『銀二貫』から『みをつくし』など料理がらみを読み、料理教室に通い始めました。
とどめはお涙頂戴の本など、と思いながらも『はなちゃんのみそ汁』を読み求めていることが書かれていました。
2016年は男手ひとつで2人の子供を育てるつもりでお料理頑張ります。(1人は妻)
仕事の方は方は順調です。来年はでっち(バイト)が月1になるのでほとんど1人でやってます。
限られた時間で効率よく。綺麗に速く組めれば問題ないでしょう。
教室は私の指導力以上に上手な生徒さん揃いです!
ポールの日本公演やメッシも連れて行ってくれます。
ちなみに来年は無農薬野菜や調味料など受け付けております。
散らかった工房で、大掃除は来年だな。っと思いながら今年最後の日に書いています。
どうぞ来年もよろしくお願いいたします。

工房20年

今日は璃房の誕生日。1995年10月7日に設立しました。

あっという間の20年。
仕事も生徒も集まらず、3畳や4畳半、工房の床に寝たり作業台で寝たり。それがかえって良かったと思えます。いつの間にか軌道に乗りました。

昨日は夜は教室が22時前に終わり、ビール飲みながら時報を待ちました。『これからどうしていこうか』そんなことでも静かに考えようと。

運もあり、周りの人にも恵まれた20年。家族も増えました。

何か特別大事なことを書こうと思っていましたが、特に思い浮かびません。そんな21年目。

目の前にある仕事を、高いレベルで仕上げましょう。
そんなことを1つずつ積み重ねられるように。

そんな感じの始まりです。

生徒さんの収集品からお祝いにいただきました。
1450年頃、羊の皮に聖書を書いたフランスのものらしいです。

IMG_0032-2


阿波踊り

土日は家族で阿波踊りにいきました。
連に入るのが夢です。今の性格では無理なので来世では・・・

揃っていて綺麗です。
IMG_0110

毎回同じ所で見ています。
IMG_0104

いつのもおじさん。
IMG_0135

チビも参加。
IMG_0125

給食のお姉さんと仲が良かったチビ。
研修に来ていた学生さんに抱っこされているのを見られて破局の危機みたいです。

夏と一緒に、第1次モテ期は終わりました。


オウンゴールとガラスカット

作業板を新しい板に変えました。ハンダする時に使います。新品は綺麗で使いづらいかな?
今まで板は20年近く使ったでしょうか。璃房の20年とフラックスが染み込んでいます。
ありがとうね。

作業板

エアコンも来週には新しいものに、頑張って節電5つ星です。上が屋上なのでエアコン2台でもとても暑くて。パワーも性能もアップ!ムーブアイでルーターかけ過ぎの人直撃です。

今朝のナデシコ、相手のオウンゴールを見て思いました。
決めようと思ってもあんな際ギリギリのコースに決まらない。

ガラスカットした残りの方が、切ろうと思ってもなかなか切れない難しい形になった時のよう。

試合後、オウンゴールをした選手を励ます1人が『あなたたちも来なさいよ』っと周りの選手を手招きしていました。
中心にいる人の悲しさを、周りのあたたかさで和らげるような姿が感動的でした。


作家の絵

先月、今月と作家さんの個展を見に行きました。
どちらも過去に購入したことのある絵描きさんです。

工房の玄関にある梅田恭子さんの絵。

梅田恭子さんの絵

タイトル「ナツハオワリ」。35X55㎜の小さな作品です。
花のような鳥のような絵がガラスに描かれています。

わたなべゆうさんの絵。
リビング(といえるほどでもないが)にかけてあります。
チビの誕生した時の記念に購入したものです。

わたなべゆうさんの絵

見に行った時のギャラリーオーナーの言葉が残りました。
命を削って作家さんが描いたものを、命を削って稼いだお金で購入するわけだから・・・

そのとおりですね。
簡単に作ちゃいけない。


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (161)
  • 施工例 (102)
  • 教室 (402)
  • 日々のこと (214)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2020年11月 (7)
  • 2020年10月 (3)
  • 2020年9月 (2)
  • 2020年8月 (5)
  • 2020年6月 (5)
  • 2020年5月 (12)
  • 2020年4月 (13)
  • 2020年3月 (7)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (4)
  • 2019年12月 (4)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (4)
  • 2019年9月 (2)
  • 2019年8月 (3)
  • 2019年7月 (1)
  • 2019年6月 (6)
  • 2019年5月 (6)
  • 2019年4月 (7)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (6)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (9)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up