ステンドグラス悪童日記

偶然について考えること

今日はバイトをお願いしてパテ詰めをした。来週が取付けなので早めに乾燥させたい。
今日来た人はパテ詰めを10年ぐらい前からよくお願いする。
アートスクールの後輩だが、初めて電話した日の昼に名前も知らずに偶然会っていた。
独立してすぐの頃、自分のいた工房から助っ人の依頼があり、知り合いの後輩がダメで、代わりに紹介されたその人に電話した。
用件を伝え、今しているバイトのことを聞いた。
いろんな素材を扱う大きな店で、ガラスを販売している部署だった。
私はその日そこに行っていた。ガラスについて話した娘がいると言ったらその人だった。
1~2年に1度ぐらいしか行かないのに、昨日でも明日でもなくそのだった。
たいしたことではないが、偶然はやっていることが間違いではない道標のような気がする。
璃房を始めた頃、人の紹介で助っ人に行った先の社長が「君のお母さんに会っている」と言い出した。山梨出身で前にいた工房名を言うとそう言った。
山梨にステンドグラスの作品展をした時に話したらしい。
小さな偶然はいろいろあった。
最近はそんなことも少なくなった。
今日、バイトの娘に「進むべき道を示した方がいいと言われた」
いま、言われることに意味があるのだろう。


4 件のコメント

  • アラベスク より:

    先生こんにちは。今週末からまたよろしくお願いします!
    私も先月実家に帰った時に(といってもそう遠くない)デパートで友人に
    ばったり会いました。前回彼女と会ったのも同じデパートで偶然に。
    もう3年位前でしょうか。待ち合わせて会うことは滅多にないので
    友人とは偶然会う運命かな?ちなみに学生時代の元彼とも
    会社で再会しました。これにはちょっとびっくり!

  • ribo より:

    きっとその娘は毎日デパートへ行ってるんだよ。
    元カレと会ったのはきっとその人が運命の人だったんだろうね~。
    私も学生時代の元カノと再会したいが、そもそもそんな人もいないか。ちゃんと行ってたのは高1までだからね。

  • アラベスク より:

    え~、運命の人かなぁ。。東大くんだったし、惜しかったね!
    デパートで会う友人はシングルマザーでかなり忙しいんですよー。
    私はぼーっとしているのでいつも声をかけられる方です。

  • ribo より:

    ぼーっとしているように見えて実はしっかりしていると思っていたが、やっぱりぼーっとしていたんだね。
    ま~運命の出会いは私と出会えただけでいいでしょう。って言うか少し怒ったら.あんな言い方されて。
    っで今度来たときはその新グレマザーのことなんだけど・・・

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (147)
  • 施工例 (80)
  • 教室 (372)
  • 日々のこと (205)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2019年8月 (3)
  • 2019年7月 (1)
  • 2019年6月 (6)
  • 2019年5月 (6)
  • 2019年4月 (7)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (6)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (9)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up