ステンドグラス悪童日記

ステンドグラス作品。教室

続けて生徒作品です。
                        091017_132230.jpg091028_104848.jpg091028_162429.jpg091017_160741.jpg

どうやったら写真のサイズ変えれるのかな?いまだに使いこなせず。

私が現代に生きのは難しい。
先週ですが、川奈ステンドグラス美術館とグラスマレライミュージアムに行きました。正直それほど期待はしていませんでしたが良かったです。
川奈は予想より多く作品があった。マレライはシャフラットの作品以外にも日本の作家5~6人の作品がありました。入館料はステンドグラス経験者は400円、経験のない観光客は無料でした。私は払うつもりなく見ていましたが、『これだけ集めたのだから・・・』っと見終わってからお支払いしました。
ついでに
アンモナイト博物館、
アフリカンアートギャラリー
池田20世紀美術館
を巡りました。
化石は面白みがあり、池田美術館は思った以上に良く、企画展の王舒野展も見ごたえありました。
アフリカンはリサイクルアートも同時開催していましたが、なぜ?って感じ・・見せ方は残念でした。純粋にアフリカンアートだけで良かったのに・・・。
伊豆はB級美術館の宝庫。見てはいませんが他には。
ジュディオング資料館
岩崎宇宙美術館   
怪しい少年少女博物館(何、置くんだ?)
また伊豆に行っても~ たぶん行かないな。(宇宙には興味あり)
長くなりますが、日曜テレビのこと。
魁皇の勝ち越したのにうれしそうじゃない顔が印象的でした。
全体的にあんな冷めた大相撲は最近ないと思う。しらけ具合は鶴竜で最高潮(最低潮?)に達し、最後の朝青龍のやる気に少し救われた気がした。
ボクシングは内藤にプレッシャーがあったのかな?
亀田は左が当たるのを分かってたし、良く見えていた。戦術があった亀田に対し内藤は左が来るという警戒が甘かった(予想以上に早かったのかな?)動きに年齢差は感じないので、対策を練ってもう1度戦って欲しい。
JINを見た。生徒に人気の大沢たかおはどの役も同じだが、内野聖陽は役の幅が広いと感じた。中谷美紀もすごみがでてきたと思う。
ついでに、ジョージアのクリスマスバージョンのCMは好きだ。
一気に書き過ぎた。

4 件のコメント

  • kaboとaki より:

    こんにちは。
    何やらバタバタしていたら、
    気付いたときにはボクシング終わってた・・・
    さすが、プロの解説だね。
    試合を見てない私でも、雰囲気がよく分かるよ^^
    変な解説者が、あーでもない・こーでもないと
    解説してくれるより、よく分かります(笑
    川奈 結構良かったでしょ?
     
     by aki

  • アラベスク より:

    伊豆の美術館巡り、楽しそうですね♪
    私も毎年伊豆に行きますが、いつも真夏なので
    雨が降らない限りは美術館には足を運びませんね。
    海沿いを走っていてもB級美術館の看板をたくさん見ます。
    私も、来年もきっと行かないと思います…。

  • ribo より:

    akiさん
    見なかったんだ~まだ仕事忙しい?
    まあ~おもしろかったよ。
    内藤は年のわりに動くね。
    ヴァンフォーレも首の皮1枚つながってるね。
    川奈よかったよ。曇りで寒かったけど晴れたらきれいだろうね。

  • ribo より:

    アラベスク
    伊豆よく行くんだね。お勧め聞いておけば良かった。
    アラベスク家のお似合いは『怪しい少年少女博物館』だよ。
    君んちの怪獣達が思う存分暴れて、怪しい展示物を破壊してくれるだろう。
    蝋人形館もあったので、そちらを襲撃してもいいし。
    ガラス美術館は怪我するし、高くつくのでお勧めしません。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (147)
  • 施工例 (80)
  • 教室 (369)
  • 日々のこと (205)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2019年7月 (1)
  • 2019年6月 (6)
  • 2019年5月 (6)
  • 2019年4月 (7)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (6)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (9)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up