ステンドグラス悪童日記

ステンドグラス作品。教室。

 私のカレー鍋は『ねとっ』としている所が中年男性を連想させるらしい。

(私がではなく、鍋の写真の雰囲気が)
(かれい臭ってギャグを思いついた、が辞めた。)
リベンジのリベンジ。昨日はブイヤベース鍋。
チキンとニンニク、鷹の爪で煮込んだ後。エビやカキ、白子を入れた。美味かった。
これで丸1週間鍋だ。明日の朝まである。
『こういうしつこい性格がいけないのかな』
生徒作品です。
  
091209_213513.jpg091208_121910.jpg
091208_120104.jpg091208_194703.jpg
小さいランプは壁に映った色が綺麗ですね。
バラはワーデンのモールド。初めての大作で仕上げるのに苦労していました。
ヒマワリはお酒の瓶に穴をあけ、ダイオードも自分で配線。
璃房最高齢のおじいちゃんの作品。次も酒瓶です。

5 件のコメント

  • kaboとaki より:

    ブイヤベースも素敵だけど、その中身がまた素晴らしい!!
    流石!食べている物が全く違う(汗;
    愛情の足りない鍋??
    だとしたら、我家に是非^^
    愛情たっぷりの鍋を、家族で作りますよ♪
    (坦々鍋も、ピリ辛で美味しいですよ)

  • アラベスク より:

    カレー鍋に鶏がらを入れている人を初めて見ました…。
    しかも、既にカレー味がついているところに…。
    私もお鍋大好きで、結構毎日でもいけますが、旦那はダメですね。
    しかも、私はさっと煮込み派、だんなはしっかり煮込み派です。
    かぼちゃどろどろなんて、先生もじっくり煮込み派ですね~。
    私のマイブーム、スンドゥブ(チゲ鍋)はインスタントラーメンを入れると
    おいしいと聞いて、早速買ってきて入れてみました。
    おいしかったですよ♪韓国料理店でラーメンを頼むと
    インスタントラーメンが出てくるらしいですよ!

  • アラベスク より:

    カレー鍋に鶏がらを入れている人を初めて見ました…。
    しかも、既にカレー味がついているところに…。
    私もお鍋大好きで、結構毎日でもいけますが、旦那はダメですね。
    しかも、私はさっと煮込み派、だんなはしっかり煮込み派です。
    かぼちゃどろどろなんて、先生もじっくり煮込み派ですね~。
    私のマイブーム、スンドゥブ(チゲ鍋)はインスタントラーメンを入れると
    おいしいと聞いて、早速買ってきて入れてみました。
    おいしかったですよ♪韓国料理店でラーメンを頼むと
    インスタントラーメンが出てくるらしいですよ!

  • ribo より:

    kaboとakiさん
    またkaboとaki家に変なおじさんが紛れ込んで、家族のふりして晩御飯を囲むのですね。
    それはいいけど、その前にタイ飯でもまたランチで。
    エビは8つ売りだったけど、2つで売ってもらいました。白子なんてなかなか使わないよ。

  • ribo より:

    アラベスク
    ご丁寧に2通もコメントありがとう。
    せっかくなので消さずにおきます。
    鶏ガラはもっと時間をかけて煮るものらしいですね。煮立ったらすぐ出してしまいました。しかもカレー鍋では、いともとの違いが分からない。
    じっくり煮込んでないけど、カボチャってすぐぐちゃぐちゃになるね。
    今度はチゲ鍋にしようかな。坦々鍋にも興味あり。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (163)
  • 施工例 (110)
  • 教室 (413)
  • 日々のこと (218)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2022年5月 (1)
  • 2022年4月 (1)
  • 2022年3月 (3)
  • 2022年2月 (5)
  • 2022年1月 (4)
  • 2021年12月 (3)
  • 2021年11月 (3)
  • 2021年10月 (3)
  • 2021年9月 (4)
  • 2021年8月 (3)
  • 2021年7月 (2)
  • 2021年6月 (3)
  • 2021年5月 (6)
  • 2021年4月 (3)
  • 2021年3月 (1)
  • 2021年2月 (4)
  • 2021年1月 (4)
  • 2020年12月 (8)
  • 2020年11月 (7)
  • 2020年10月 (3)
  • 2020年9月 (2)
  • 2020年8月 (5)
  • 2020年6月 (5)
  • 2020年5月 (12)
  • 2020年4月 (13)
  • 2020年3月 (7)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (4)
  • 2019年12月 (4)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (4)
  • 2019年9月 (2)
  • 2019年8月 (3)
  • 2019年7月 (1)
  • 2019年6月 (6)
  • 2019年5月 (6)
  • 2019年4月 (7)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (6)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (9)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up