ステンドグラス悪童日記

山梨学院優勝!

高校サッカーの話。
私も国立競技場に行ったのですが,完売で入れませんでした。
友人から大入りのメールはもらっていたが、まさか入場できないとは・・・
歩きながら携帯で見ていたが,工房に着いた時に1点目が『ウォ~』
机を叩いて喜んだ。
横森監督よかったね。私の年代が中学時代の頃,韮崎高の監督ですごく強かった。
大柴、保坂、羽中田の頭文字でH2Oなんて言ってたっけ。覚えてる人も多いのでは。
今日はサッカー観戦以外はずっと仕事。急ぎのパネルのお手伝い。
ラウンド(丸形の鉛線)は組みづらい。金曜までに2~3枚。(50ピース強)
来週も1セット4枚が来るかも、日月は山梨で火水は夜まで教室、いつ仕上げよう。
たまにガンガンに組みたくなる。時間がない時ってちょっと燃えるかも。
しかし良いチームだったな~。キャプテンは運を持っている。
相手の10番も怖いね~、来年活躍しそうだ。
授賞式まで生で見たかった。

2 件のコメント

  • kaboとaki より:

    こんばんは。
    てっきり国立で、生で観戦しているものと思っていました。
    ちょっと残念でしたね。
    私も今日は仕事でしたので、観戦は携帯でした。
    画面が小さく、ちょっと迫力には欠けましたが(泣
    良い試合でしたね。
    実況の「横森監督の忘れ物・・」のくだりでは、
    ジーンときましたよ。そんな世代だものね(笑
    息子はね、どうだろうね~^^
    やっぱり気持ち次第だろうね。
    今月26・27日で、前期入試(自己推薦)があるのだけど、
    23日から国体強化の練習も始まり・・
    ど~するのだろう(汗
    受験が終わってからの二ヶ月で、気持ちに変化があったなら
    化けるかもしれません。
    ひょっとしたら・・
    (やっぱり親バカか・・)
    by aki

  • ribo より:

    親バカ。いいんじゃない。
    私も便乗したいのだが何バカになるんだろうね。親友バカかな。
    でも自己推薦なんてあるんだ、時代は変わるね。
    テニスも前衛と後衛の役割が前とは違うし。
    男と女の役割も変わって来るのかな、まっどうでもいいけど。
    ちなみに。東京の教室で講師である私の役割は、掃除とお茶入れです。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (148)
  • 施工例 (82)
  • 教室 (375)
  • 日々のこと (206)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2019年10月 (4)
  • 2019年9月 (2)
  • 2019年8月 (3)
  • 2019年7月 (1)
  • 2019年6月 (6)
  • 2019年5月 (6)
  • 2019年4月 (7)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (6)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (9)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up