• TOP
  •  > 
  • ステンドグラス悪童日記

ステンドグラス悪童日記

堺牧子 個展 クレールの室内

元生徒の堺さんが神楽坂で個展をします。
前回と同じかもめブックス。
勝手に載せています。

今回はのDMは名刺大。かわいいですね。

かもめブックス
新宿区矢来町123
地下鉄東西線『神楽坂駅』
2021.10.07~10.26 11:00~20:00 (最終日は18時まで)

ステンドグラスのランプは心に響くような温もりの灯り。
ガラスの不均一な揺らぎの美しさや
それゆえに出る歪みも含めて
作品の佇まいを楽しんで頂ければと思います。
(本人のコメント)

作品が堺さんの分身のように感じます。
作り手を通した風韻のあるガラス。
お気に入りのものが1つあると、
人生まで変化させるかも。

前から準備していたと思うけど、東京の感染者が100人切った週からスタートって、おこないが良いんだね。


ステンドグラス教室

ホテルの予約を間違えた妻。

待ち合わせのタワーレコード、渋谷と新宿を間違えるぐらいでは驚かなくなってますが
『今夜は焼肉』と言って肉を買い「ご飯がないからお弁当でいいよね」って肉のどんぶりを買ってきた。

それは違うのでは・・

生徒作品です。

ステンドグラス教室も再開して、作品も完成するものが出てきました。

重ねると写り込む色も綺麗ですね。

こちらもクリア系で壁に形が映ります。

かわいい色合いの箱もできました。

最後は、もうそんな時期でしたか。

って早よ、と言うより真反対。 ま〜い〜か。

妻ねたもう1つFacebookに床に落とした蜂蜜をどうしたらいい?って書き込んだまま工房に仕事に来てました。
(アリが来るよ)
知り合いから、そういえばせっかく作った出汁を濾しながら流しにジャーとしてたね。と書き込まれていたみたいです。

その記事確認したら、蜂蜜を放置したのを忘れ2回もヌルッと踏みつけたみたいです。
(誰に突っ込んでもらいたいんだ)

もう、さすがっです。

ちなみに画像見つけました。


ティファニー風ステンドグラスデザイン。

ティファニー風のステンドグラスのデザインです。
細かくてもケイムで制作します。

もう1年以上前から打ち合わせを重ねた作品です。

前に別件で描いた絵を気に入っていただきました。
どうしらもっと良くなるか、他のパターンも考えます。

格子のバランスを変え、クレマチスと薔薇風の花を入れました。

最終的に元のデザインにハチドリを入れることになりました。ハチドリはちょっ大きめに。

完成したいる絵に追加するため、バランスや向きを気にします。

カットが終わると色検査です。ガラスの選択もデザインのうちです。

良いガラスが揃いました。

4枚のご注文をいただきましたが、もう春には1枚設置しています。

すべて設置済みなので、写真が撮れたら設置後の写真も載せます。


ロンデルのステンドグラス

玄関脇の空間に枠を作り、ロンデルを使ったステンドグラスを設置します。
ドアなど小窓もご依頼いただきました。

いただいたイメージを元にデザインします。

外構部ということで細かくデザインしましたが、イマージに合わない時には描き直します。
ピースを大きくしてさざ波のようなご希望です。

どうすれば綺麗に見えるか考えます。
グラデーションのガラスを使い、弾ける波は三角の面取りガラス。
ロンデルも既製品にはない泡とグラデーション。

ロンデルは studiomammal 大村淑華様に作っていただきました。
使えて良かった。

ガラスカトが終わると色検査。お施主様にも立ち会っていただきます。
(遠方は画像をメールします)

ブルーの濃淡もいい感じです。クリアのリーミー、白のストーミー(流れのあるもの)も倉庫で選んだ良品です。ガラスの綺麗さは、アップにすると差が出ます。
ガラスは冷たいイメージなのに、依頼したロンデルには量産にはない、ひと手間かかった暖かさがありました。

雨風が直接当たる外なので全面ハンダします。


葡萄と10周年。

結婚して10年経ちました。入籍は4月ですが式が9月18日だったので、式と同じホテルを予約しました。

将棋の竜王戦など行われる湯村の常盤ホテル、せっかくなので最上階に。

フロントで妻の「「エ〜。ホント〜」みたいな驚いた声がロビーまで。
(10周年なので、最高級のスイートにでも変えてくれたのかな?)

ちょっと興奮気味の妻
「予約されてないんだって」  

「・・・」   

湯村ではなく石和の常盤ホテルを予約したみたい。

(これからの10年もこんな感じ・・)

覚悟しておけってことだね。
姉妹ホテルなので調整していただきました。

最上階では無いけれど、お部屋は広くてよかった、気に入った、と自分をフォローする妻。

しばらくピンボケ写真にハマる。三脚なくて。

満月直前の月明かり。絵画みたい。

部屋から富士山も見えました。日の出前。

そしてぶどう狩りに。混雑のブドウ園は避け、みかど園さんに。

貸切〜 (IKKO風に)

安くてびっくり。
もっと買えばよかった。

ぶどうの丘にも行きました。

生徒の皆さん、今日明日はシャインマスカットあるよ〜。


9月14日からステンドグラス教室再開!

明日の14日(火)よりステンドグラス教室再開いたします。

見学、入会はできますが、体験はもうしばらくお休みしたいと思います。

今月は2割ぐらいの生徒さんがお休み予定。みんな揃うのは10月からですかね。

ここ1年ちょっとで5ヶ月ぐらいは休んだのかな。もうお休みすることはないかな。この冬のミュー株は気になります。

今朝は太陽の周りに輪ができていました。

工房の屋上から。

オリンピックも終わり、なんかあっけなかったな。
最後にパラリンピックのマラソンを観れたのはよかったです。

『観戦は自粛してください』っとボランティアがカードを持っていましたが、沿道まで近いので3回も部屋から行ったり来たりしました。
(医療関係者にはすみません)

ブログもインスタもサボりがちでした。
しっかり生徒募集や受注のことも考えないと。

明日からの教室に備え、新しいコーヒー豆仕入れました。


堀越千秋さんの絵

最近の私は曜日感覚もなく、暇でもないけど、水滸伝19巻終わった後、やっぱり司馬遼太郎がいいな。っと『功名が辻』1、2巻購入。(あれ〜なんか知ってるこの感じ・・?)
前読んでるわ!でも楽しめたので3、4巻も購入。

はぁ〜記憶力が悪くてよかった!

さて教室ですが、再開の時期を迷っています。緊急事態宣言中終了まで。でも戻ってくれないかもしれないし。感染者は減らないし。9月に入れば減るのでは?っと考え中。

2〜3000ならOK 、6〜7000以上NG金曜終わって考えます。ま、中間だろうな。

絵の話です。
今は亡き堀越千秋さんに、私の肖像画を描いてもらった時のもの。

気品と憂いのある横顔。輪郭や目、口、鼻もよく描けています。

もう何年も前に亡くなっていますが、今のコロナ禍を見通しているように、マスクのような黒の斜線。

な〜んて。
半分は嘘。堀越さんの絵を買ったのは最近で、私がモデルではありません。
ギャラリーのオーナーに似てる言われ、まんまと買ってしまいました。
(いえいえ、いつかは欲しいと思っていました)

新聞のコラムは毎週楽しみにしていました。
思えば阿波踊り好きはこの人の影響かも。

昨日からパラリンピックが始まりました。
ブルーインパルスは2回見れたけど、オリンピックのドローンは寝ていて見損ねた。残念!
オリンピック開会式の花火。マンションの屋上から。

前の建物がなければ競技場の上部がよく見えます。

璃房の中でもオリンピックモードです。

パラリンピックのマークが違うのは、昨日知ったので作っていません。


ステンドグラス教室、お休み延長のお知らせ。

8月10日再開予定の教室ですが、感染者急増のためもう2週間お休みします。

2週間後はもっと増えているかもしれませんが、その時はもう1〜2週、もしくは来れる人だけ。という形で再開する予定です。

31日再開予定ですが、7月4週目分の31日(火)1日(水)を無しにして、9月を3回分の月謝で4回来れるようににするかもしれません。

様子を見ながら、変更があるようなら26〜27日頃メールします。

最近の璃房は元生徒さんが8枚分の仕事を取ってきて、カットだけお手伝いしました。
納期が迫ってるけどあとは丁稚に任せています。丁稚に任せると何か起こるのでは?と不安ですが私を巻き込まないで、と念を押しました。

ワクチン2回目は38度出ました。だるくてメールチェックだけして寝てました。
ファイザーは副反応弱いって聞いたのに。妻がもらっていた薬を飲みました。

生徒作品です。お休みに入る前に完成した作品から。
金継ぎ、みたいな。

いいね〜キレイです。
カメラが、 いいのかな。(失礼)

ドラゴンフライ。

クリアの羽はクラッケル。アンティークガラスです。

目も透けない白です。珍しい色使いですね。
落ち着いていて良いです!


勝手に作品展情報

生徒のなかしまさやさんがさんが個展をしています。
私も初日に行ってきました。

深層心理学に関心がありユングを学んだなかしまさん。
難しいことは分かりませんが、みんな奥底では繋がっているんだね。
(悪いことはできないな)

こんな表現方法もあるんだ。と思わせる作品が並びます。
写真に詳しい人に説明されるとあ〜そうか。と見える感じも違ってきます。
写真も学びたいので、色々見て写真の幅を広げたいです。

8月4日〜11日(8休廊)
13〜19時
ギャラリーヨクト
新宿区四谷4−10
ユニヴェールビル102

もう1つ。工房の斜め下にある空き地に何か作りはじめたぞ?

そこがが展示会場です。

水の波紋展。

夜はこんな感じ。

ここにタイムスができるんだ〜。っと言っていた家族がいました。
展示会場です。

ワタリウム美術館がやってるらしいけど、ちょっと暇そう。
教室再開したら行ってあげて。再開情報は今日メールします。

昨日は夕日が綺麗でした。

工房のからの夜景です。


ステンドグラス教室の休講のお知らせ

璃房ではオリンピック期間中、教室をお休みしています。
8月10日再開予定ですが、感染者数により延長することもあります。

8月6日の感染者数を確認してから、延長の場合は生徒さんにメールいたします。

24日からお休みに入りますが、工房にいますので質問、買い付けはできます。
見学、制作依頼も受け付けています。

ついでに(またまた失礼)生徒作品です。
最近のステンドグラス教室からパネルです。

なんて名前のトカゲだっけ?聞いたけど忘れました。

実際に飼っています。背景の流れを揃えました。
良く見ると見つかるハートは私に向けたのでしょうか?

はいはい違いますね。
次は木蓮の花です。

背景もボーダーのガラスも似合っています。

月と太陽。地球もあります。

カラフルで元気になりそうです。ケイムで製作しました。

あまり休んでばかりもいられないので、10日には再開したいのですがどうなるのでしょう?

会場のデザイン変更から、ロゴパクリ、延期に辞任に無観客、裏金もあったか。
(ゴタゴタで一句読もうにもネタがあり過ぎ)
こんなオリンピックも、始まれば良いもの、、なのかな?

もう何もありませんように。


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (163)
  • 施工例 (110)
  • 教室 (408)
  • 日々のこと (218)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2022年1月 (3)
  • 2021年12月 (3)
  • 2021年11月 (3)
  • 2021年10月 (3)
  • 2021年9月 (4)
  • 2021年8月 (3)
  • 2021年7月 (2)
  • 2021年6月 (3)
  • 2021年5月 (6)
  • 2021年4月 (3)
  • 2021年3月 (1)
  • 2021年2月 (4)
  • 2021年1月 (4)
  • 2020年12月 (8)
  • 2020年11月 (7)
  • 2020年10月 (3)
  • 2020年9月 (2)
  • 2020年8月 (5)
  • 2020年6月 (5)
  • 2020年5月 (12)
  • 2020年4月 (13)
  • 2020年3月 (7)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (4)
  • 2019年12月 (4)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (4)
  • 2019年9月 (2)
  • 2019年8月 (3)
  • 2019年7月 (1)
  • 2019年6月 (6)
  • 2019年5月 (6)
  • 2019年4月 (7)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (6)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (9)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up