• TOP
  •  > 
  • ステンドグラス悪童日記

ステンドグラス悪童日記

最近の生徒作品

091028_134113.jpg091111_125740.jpg091111_161855.jpg091117_142248.jpg091117_180948.jpg091104_140611.jpgやっと画像の入れ方覚えたよ~。でも位置の動かし方がいまいちだ。

なんかぎこちないブログになってる。

最近通い始めた歯医者で・・・

奥さんらしき人が3回目ぐらいに。
「五味さんは作家ですか?」
「え~ま~」
「どんなもの書いているんですか?」
「あっ、いえ。作る方です!サラリーマンにはみえませんか」
「見えません。何を書くんですか?」(さっき否定したのに、先入観は恐ろしい)
確かに黙っていれば私は知的だ。(と巷の噂だ)教室ではつまらないギャグで自分の価値をどんどん下げてはいるが・・・歯医者での無口で憂鬱な表情は太宰治だ。
「ええ、売れない小説を書いております」
そう答えれば良かったかな。(謙虚なふりで自信満々に)
(くだらないブロブは書いております。最近サボり気味でございます)
久しぶりなので生徒作品。
っと言いたいところだが、画像をマイブログに送ったが届かない。
移し替えの設定を自分でやったせいかな。いろいろと変わっている。
ロリポップがジュゲムになってるし。
私の画像はどこを彷徨っているのだろう?

低価格のステンドグラス デザイン

既成のステンドグラスデザインを考えています。
窓からの景色が自然にあふれているなら、こんなデザインはどうでしょう?

背景は秋の葉です。新緑の木漏れ日差し込む窓でもきっと似合います。
2種類のガラスだけで作りました。

単純なくり返しですが4種類の透明ガラスと、ジェエル(カットガラス)面取りを使用しています。このデザインなら、横幅が3倍になってもそのまま広げられます。

画像が良ければ質感がもっと分かるのですが。
既成デザインは300×1100で5~8万円台が中心です。
色ガラスへの変更は無料です。
アンティークガラスへの変更は2~3万プラスされます。
大きさは2倍になっても価格は1、5倍です。
10パターンは考え5パターンはサンプルを作りたいです。
それが終われば鮮やかな草木の具象を2パターン作りたいです。


最近のこと。

ガーベラを買いに花屋へ。
女性だと思っていた店員が男性だった。
小さいパネルですがデッサンしてから。
いい作品になると言う気はありませんが、描いていると落ち着くので。

さて、これをどう単純化しよう。
今週は文化放送(ラジオ)で毎日2時~ガラスの特集をしているそうです。
私の所にも来ました。放送は12日(木)の予定です。
昨日は読まずに溜まった新聞が10日分あって読んだ。
宇宙の記事に惹かれる。超新星の話や、恒星の自転に逆方向にまわる惑星の話。
『研究者に予想されていた』ってどんな頭脳だ。しかし星は派手な死にかたをする。
宇宙と言えば、宇宙と永遠の概念について、最近読んだ小説で作家が語っていた・・・
宇宙が無限である意味はただひとつ。膨張を続けているということにほかならない。
千年に1度空から天女が降りてきて、3千畳敷きの岩を一掃きする。そしてその岩が磨滅してなくなるまでの時間を永遠という。
永いな~永遠っていうより永く感じる・・・


最近のこと。

仕事が忙しい,売れっ子はつらい。
正確にいうと。
(友人の)仕事が忙しい、売れっ子(を見ているのは)つらい。
辛くもないけどね。お手伝いに行ってます。なのでブログはサボり気味。
おまけに風邪ひいてました。大切に、過保護に育てられた私は気温の変化に弱くて。
と言いたいところだが・・・
先月、関西弁をお上品に話す奥様から。
「先生は風邪ひきまへんな~ここに入ってから1度も見たことがありまへんわ~」
(ちょっと言い方違うかも)って言われたばかりだ。
今日,その人に風邪をひきました報告をした。
周りの生徒は「先生が風邪をひいたの?」って。
『が』とはなんだよ『が』とは・・・
デッサン最新作です。今週は風邪のためお休みしました。

バラが造花っぽいって言われたけど,造花なのでしょうがない。

リンゴがうまく描けました。
もっと荒っぽく描いた方が味わいあるのかな?
本で見た受験用って斜線だけでうまく描いています。
最近の教室で。
CD2枚を借りたままボクちゃんに返してない。
今週。11月の月謝を支払う時に,『材料と交換でいいよね』で私の物に。
良いことがなくてお祓いをうけたボクちゃん。今は人間不信です。


最近のこと。

昨日、一昨日は教室が夜11時過ぎに終わった。ちょっと疲れて、そのまま缶ビールでクールダウンした。
ベテランの生徒がやめた。いつもタメ口、面倒くさいように話す生徒が荷物を片付けながら。
「ね~こんなのもあるよ~」なんか私に甘えてる感じ・・気のせいかな。
マダムを知っているから12~3年はいた。辞めるとなると思うこともあるのだろう。
土曜は急に雨が降った。7人が傘がなかったが、ちょうど7本の置き傘があり玄関に置いた。
いつもは私を邪険(嫌がってるふり)にしている生徒2人が、玄関を出てから戻って来て
「先生のは?」と聞いた。
気にかけてくれるんだ。私は折り畳み傘があった。
先週は遠方より、同業者来たる。ブログの書き込みで多少やり取りしたのみだった。
無口そうな印象とは違い、ステンドグラスのことになると熱く語る・・・
彼にはまだまだ表現したいものがたくさんあるのだろう。同学年てこともあり、多いに刺激された。良い仕事をしたい。と強く思っている数少ないステンドばかに出会えてうれしい。
最近はボクちゃんにかりたCDにハマっている。返す気はない。悪いなボクちゃん。

こんなジャケット。ピアノ曲で暗~い感じ。
もう1枚は空気人形のサントラ。
ボクちゃんとは音楽の趣味は合うみたいだ。


ステンドグラスのガラスの選び方。

南田洋子の記事を興味深く読む。
長門裕之は4年も大変だっただろう。芸人さんは辛くても舞台に立たなければいけない。
ちょっと前なら気にもとめないニュースだった。
今教室では作りかけの作品がたくさんあります。そのガラスの紹介します。

紫陽花の花。鮮やかにしたいならウロボロスの60ー41はお勧めです。
光が入ると紫の部分が綺麗に出ます。

ドラゴンフライ。背景はヤカゲニー5697SP。
イエロー、レッド、ブルーが混ざっているのでグラデーションがとりやすいです。
羽はウロボロスのキュリアス。定番外なので手に入りづらいが綺麗でしょう。
ボディーはウロボロス50-51。リップル(うねうね波がある)なので、変化がでます。

ジョンキルダファディル。花の中心以外は全てヤカゲニーです。
花の白は1000HS。花弁ブルズアイ2123。花の黄色Lab.SP。葉Land.SP。
背景は1574SP。グリーンやピンク、黄色も混ざった色です。ピンクがかった肌色を上に、下の方に黄色っぽい所を切っています。
知合いの工房でもガラスを上手に組み合わせた作品を紹介しています。ステンドグラス屋さんのフォト日記。1つ1つ丁寧に作っているのが分かります。参考になるのでぜひどうぞ。ポチッとするとステンドグラスの他、ガラス工芸のブログが見れます。


勝手に作品展のお知らせ4

昨日はアートスクール先輩の東條さんの教室展に行ってきました。
今回が第1回です。1回目ってすごく大変だけど感動もあります。
第1回ステンドグラス創造と喜び展
2009年  10月19日(月)~25日(日)
10時~18時(最終日は17時)
八幡市民談話室2F 047-334-5656
市川市八幡2-4-8
JR総武線  八幡駅北口より徒歩3分
詳しくはこちら
ジュンのブログ

私も作品にサンドブラストを使用したい時にお願いしています。
サンドブラストの他にフュージングや絵付けした作品もありました。全て教えてもらえる教室です。
工房の隣のホームにお母さんを引き取り、面倒みながら仕事しています。大変そうですが、そんな人を神様が見ているのでしょうか、最近は仕事が増えてるみたいです。
ついでに土日のこと。
2日連続で学生時代の友達と飲みました。
土曜、急に電話がかかり小6時代の友と飲むことに。話題はもっぱらその当時のこと。
フルセン(古屋先生)はエロ本を風呂敷に包み学校へ。アル中で手は震えるし、革靴で体育の授業をして。家庭訪問では振る舞われたお酒で酔っぱらう。次の赴任先では問題になったらしい。そもそも勉強教える気があったんだか?でも我々には嫌われてはいないようだ。おかげで勉強嫌いな大人に育ちました。
友は不妊治療で「紙コップに出して来て」と妻に言われ。「それを受付に出すのが恥ずかしかった」という話を聞けばその夜、私が紙コップを渡される夢を見る。(今彼は2児のパパ)
日曜は高校時代の友人と駅前の居酒屋に。私達がいなくなると客が1人になりました。
そういえば昔、甲府の市役所にいるその友に、甲府の街のさびれ方を問題にした時の話。
私「甲府は落ちる所まで落ちんとダメずら~」
友「ほぉ~っわけ」(そうだよね)
いやっ君がどうにかしろっ市役所職員!
ちなみに前の日は県庁職員。君もだ。
何をやっても厳しいと思うが。
写真は山梨で1、2を争う百貨店の屋上プレイランド。

おむすびを食べようと行ったら、誰もいなかった。
(管理人はいて、ちらっと見てはまたぼーっとしていた)

センサーで音が鳴りだした乗り物。かえって寂しげ。
ごめんねウサちゃん。ここにいるともう現実世界へ戻れなくなりそう。
「寂しいの、乗って」君から話し掛けられても怖いし。


20代なかばからいた、ベテランの生徒が・・・

辞めたいと言い出したが、私は認めなかった。
「10月いっぱいで・・・」と生徒。
「じゃ、ここを辞めるか、私と結婚するかのどっちかだ!」
「辞めます!」
言葉の選択を間違ったみたいだ。
もう1人、結婚で辞める生徒がいる。プロポーズの言葉を聞いたが赤面して教えてくれない。
興味本位の私は2週にわたり聞いた。
「◯で~◯してたから~◯怒っちゃったんだけど~◯最後は号泣しちゃった」
あっそう、今度は私が赤面する番だった。
今、NHKのラジオでピアフの歌が流れている。
10年以上前に亡くなったマダムを思い出した。今日が命日だったのでは。
マダムは璃房が好きだった。とても楽しそうで、部屋が明るくなった。とても華やかな人でよく飲み歩いた。
癌かも知れない。「明日の検査でガンだったら、作りかけのランプ完成させてね」
それが最期になった。
亡くなったメールを生徒数人にした。『仕事中に泣いてしまいました」と返信がきた。
お通夜の帰りは仲の良かった3人で飲んだ。マダムの分のワインもあけて4本。夜1時をまわっていたが、マダムの部屋に灯りがついていたので最後の挨拶に行った。酔っぱらい3人を姉2人は快く迎えてくれ、キープしていたワインと『夢』と書かれた焼き物をいただいた。
「工房がつぶれた時にはこのワインをあけようね」そんなことを言っていた。まだ奥にある。
私のあまり好きではない言葉の『夢』は冷蔵庫の上でみんなを見れるようにしてある。
第1回の教室展に、遺言通り仕上げたが、100ピース以上切ってない。おかげで前日は貫徹だった。間に合わない生徒2人も徹夜した。
なんて曲名だったかな~マダムが好きだった曲は「歩いて行こう」みたいに記憶している。
お別れパーティーの最後に流れた。ワインとお花と、最後まで華やかだった。
忘れていたのを怒ったマダムがピアフを聞かせたのかな。


お元気ですか?木村さん。

生徒の木村さんがグループ展をしました。
美術展では2回連続の入賞。おめでとう。
ヒュージングが多いですが、工房より大きい窯を持っています。
なのであまり工房には来ません。来ると「いやっいやっいやっ・・・」から始まり、延々話し続けて帰ります。なのでここ何年も作業してる所を見たことがありません。でも璃房の生徒です。

これは前回の作品です。

裏からはこんな感じ。

最近は布に映った光をとらえるのが木村さんの流行。

これは璃房の教室展に出展しました。
次回はもっと上の賞をを目指します。教室にもっと来れるようにね!
他に1~2年来てないのに月謝だけ払っている生徒もいます。
話は変わるが、暇つぶしに見たYouTubeで変な歌見つけました。
もうみんな知ってるのかな?テレビがない私はいつも情報が遅いので。
やきとりじいさんの歌。
最後まで聞くとハマります。他のパターンも楽しいです。


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (163)
  • 施工例 (110)
  • 教室 (408)
  • 日々のこと (218)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2022年1月 (3)
  • 2021年12月 (3)
  • 2021年11月 (3)
  • 2021年10月 (3)
  • 2021年9月 (4)
  • 2021年8月 (3)
  • 2021年7月 (2)
  • 2021年6月 (3)
  • 2021年5月 (6)
  • 2021年4月 (3)
  • 2021年3月 (1)
  • 2021年2月 (4)
  • 2021年1月 (4)
  • 2020年12月 (8)
  • 2020年11月 (7)
  • 2020年10月 (3)
  • 2020年9月 (2)
  • 2020年8月 (5)
  • 2020年6月 (5)
  • 2020年5月 (12)
  • 2020年4月 (13)
  • 2020年3月 (7)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (4)
  • 2019年12月 (4)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (4)
  • 2019年9月 (2)
  • 2019年8月 (3)
  • 2019年7月 (1)
  • 2019年6月 (6)
  • 2019年5月 (6)
  • 2019年4月 (7)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (6)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (9)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up