• TOP
  •  > 
  • ステンドグラス悪童日記

ステンドグラス悪童日記

オリジナルステンドグラス製作中

アクションペインティング風にと思い、ポロックの絵を参考に描いちゃおうかな~ッと思ったが、それじゃオリジナルとは言えないし・・・は~面倒くさい。
渋谷にペンキと刷毛を購入しに行った。
工房に戻り刷毛にペンキをからませ、深呼吸して。
バシャ  描いてみた。
おっなんかいい線、気持ちいいかも。
バシャ、バシャ、バシャ。癖になりそう。
いい感じの作品になりそうだ。手間を惜しまずやると報われるものですね。
このやり方でまだまだ作品作れそう。ただすごい手間になるが。

床に新聞をしいた。もっと広いアトリエで思う存分やってみたい。

ペンキの部分の色を抜きます。位置もレイアウトしないといけない。
腐食部分の(色ガラスの)色を抜くより、絵付け部分に色を乗せない方ががたいへんです。


私も初恋の人から手紙が来ました。

ごみちゃん、ひさしぶり。
もう女性専用車両に乗る夢は叶えましたか?毎日のように願望を話していたごみちゃんをなつかしく思います。
泣きじゃくって「別れないで済むなら何でもするから」と言ったごみちゃんにうんざりして見切りをつけたあの日から、もう26年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。
あ、そうそう、お手紙を書いたのには特に理由はないんです。ただ部屋の掃除をしていたらごみちゃんからの昔の手紙が出てきたから、なつかしくなって。びっくりさせてごめんなさい。
あのころの付き合いを思い返すと、わりと私はごみちゃんに迷惑ばかりかけていたなぁと思います。男子の友達が多くてわりと告白もされやすい私に対して、ごみちゃんは女子とも接点がなく、ネガティブにさせてしまったなぁと反省しています。よくごみちゃんは「おれのどこがいいわけ?」って聞いてきましたよね。今でも答えは見つかりませんが、何か答えてあげればよかったのだと今になって分かりました。
そういえばごみちゃんにとっては私が初恋の相手なんですよね?最初のころのごみちゃんはやけに自信がなくて「おれって元カレたちと同じようにいろいろしていいのかな?」なんて私に聞いていたのを覚えています。いろいろって(笑)。それは正直引きました。
付き合ったばかりのころのごみちゃんを思い出すと、「おまえがいなくなったらおれは死ぬ」なんて言ってくれていましたよね。重苦しかったけど、でも少し嬉しかった記憶があります。今は健やかに過ごしていますでしょうか?
ごみちゃんと付き合えて本当によかったなぁと思うところは、「恋愛をしないほうが楽なときもある」ということを学べたことです。ごみちゃんと別れた後、恋愛依存の私が「もうしばらくは恋はいいや」と思えたのは、とても大きいことです。ありがとう。
いろいろ書きましたが、私はごみちゃんが大好きでした。これからもごみちゃんらしさを大切に、当時本気でやっていた宇宙人との交信も続けて(笑)、新しい誰かを幸せにしてあげてください。
またいつか会いましょう。では。
P.S. ごみちゃんが貸してくれた秘孔の本(北斗の…)、もう売っていいですか?
これは生徒のミクシー読んでいて見つけたサイトです。
手紙もらってみれば。
初恋の人からの手紙
教室中にこんなことやってます。


遺伝子について考えること。

夜、山梨から帰りパソコンで確定申告を打ち込む。
プリンターを昨年夏に購入したのにプリントアウトできるようになったのが先週のことだ。
一般的にそんな簡単なことが私はとても苦手だ。小学校低学年レベルと思っている。
パソコンに向かうのも苦手。(ブログ書いてるが)
数字を見るのもきらいだ。(777揃うのは好き)
昔から苦手意識を持ったものは全てダメ。水泳、ボーリング、英語などだ。
認めたくはないが女性も苦手だ。誤解されると困るが女性は好きだけど苦手だ。
例えるなら桃アレルギー。私は桃が大好きだが食べると口がかゆくなる。なので食べたくなったら1分ぐらいで一気に食べる。後からカユくなっていくのをじっと我慢する。
気になる女性ができると歯車が1つ足される気がする、そして逆回転しはじめる。
(過去の話ね、今特定の人の話ではない。)
申告の打ち込みが一段落して、申告書に貼る源泉徴収書を実家に忘れたことに気が付いた。
あっ!もう~
飯でも食べようと茶の湯を沸かす。茶葉を急須ではなく隣のカップに入れた。
アッ~!
母に似て来たな・・・忘れ物が多いこと、湯のみに茶葉を入れること。
私は両親のそれぞれ悪い遺伝子を受け継いでいる気がする。
悪い所ばかりに目がいってるだけかもしれない。
悪い所ばかりに目がいくのは父親ゆずりだ。
ついでに悪い所を人のせいにする所も・・・


ステンドグラス作品、教室。

昨日は朝、イチゴとリンゴとヨーグルトにチーズの朝食をとった。
昼はカップラーメンにお菓子.朝はヘルシーだったのに・・・体に悪いと思い青汁を飲む。
バランスの取れた食生活をしている。
夜は制作の乗りが悪くパチンコに行く。
(7時から、誰かに責められてもないのに言い訳をする)
平均台の上をバランス悪く歩くぐらいなら、いっそ落っこちてしまえ、そんな時がある。
 
パチンコは心のバロメーター、行った時は精神状態のいい時ではない。
夜、腹筋鍛えて早朝、歩くのが良い精神状態の時だが、今は花粉で歩けない。
ギャンブルは強いがそれが運が良いとは思ってない。本当はあまり好きではないし。
またどうでもいいことを書いた。
ステンド屋のブログでしたね・・・すぐ忘れる。
最近仕上がった透けてるランプ3連発

まだ入会して半年たたない生徒の作品です.3作目ですね。

家に取付けるランプです.彼女はすごく小さなガラス片も作品にします。

これも家用かな.彼女は製作の途中でよくデザインを変更します。


昨日の夢

夢で母はラジオの前で競馬を聞いていた。(私も母も競馬はしたことがない)
競馬で当てたらしく、ニコニコしながら自慢げに当り券を見せてくれた。
馬券は20円分しか買ってなかった。それが当たって40円になっていた。
(たぶん100円からしか買えないと思うが・・)
「なんだ~20円しか買ってないじゃん」私が言うと母は悲しそうな顔をした。
もっと喜んであげればよかった、楽しみなんて他にないのに(そう感じた)と後悔した。
母が父から与えられているのはそれぐらいの額なのだろう。
昨日の夜 ヨガ教室の後は、生徒のお母さんが九州から送ってきたつまみを先週お裾分けしてもらっていた。それで飲んだ。母の夢を見たのはそれでだろうか。

ビールによく合う!ビーフジャーキー。宮崎県産豚肉。
宮崎県産若鶏使用。鶏のささみ薫製。
大阪屋が選ぶ宮崎の焼酎。
東国原知事も喜びそうだ。
箱の下にはビールが敷き詰められているらしい。
娘の好みを分かっているのだろう。キャベジンも入れてあげたいところだ。
今日の昼の教室はひな祭りモード。
白酒、ひな人形の和菓子、なぜかイチゴと花畑牧場のキャラメルがあった。
「次は花見だね」と言っていた。
「外に出るのもいいかしら~」(何しにきてるのかしら~)
その次は5月5日のこどもの日は昼から飲みながら作業していい日、になるらしい。
怪我しないようにね。
何かを楽しみにしてくるのもいいだろう。
ゴールデンウィークは孤独な私を気遣ってくれてありがたい。5連休のうち4日は教室だ。


ステンドグラスデザイン

デッサン最新作。次に作るステンドグラスの参考にするためミニトマトを描きました。

デザインの主役はプライヤーです。あのガラスを割る時に使う。それをミックスします。
個展でもした時にお見せできると思います。

水が飛び散ったようにしたかったので水滴も描きました。資料がなくて苦労します。
本当に描きたいのは水滴じゃなくてバケツでまいたような水です。そんな写真集があればいいのですが.誰か知らないですかね?教えていただけるとうれしいですが。
それともう1作品。デザインの段階ですがぬり絵をやっているようです.3枚目です。

どこに何を入れて,色の濃さはここを薄くして・・・などと考えてるとなかなか進みません。
2作品とも動きのある作品です、テーマは『躍動感』かな。
前回の絵付け作品は『静謐』でした。


昨日の教室で・・

お昼にお茶を出している。食事も終わり、出がらしでも飲むかとまた湯を沸かす。沸騰した頃、生徒に呼ばれて火を止めた。ちょうどそのタイミングで教室に入って来た別の生徒、来るなりレンジにお弁当を入れ、私の沸かした湯を何のためらいもなく用意された急須に入れた。(なんのことわりもなく)
お湯が沸いていたことに何の疑問も感じず,置かれた急須は私のため、みたいな・・・
怒っているのではない,その行動のスマートさに感心しているのだ。ここは我が家か!
そして僕は出がらしの出がらしを飲む~(途方にくれるのメロディーで、字余りだが)
夜の教室。
「この花は増やした方がいいね」と指導。
「もっとボリューミーにですか?」(ボリューミー?どんな使い方をするんだ『君ってボリューミーだね』なんかセクシーな感じを連想させる)
今頃ハロウィンの話をする生徒。
「私アメリカにいた頃,ハロウィン大会で優勝して8万円もらちゃいました。モンローとかやりたかったんだけど,友達が便器にしろって言うから白塗りで便器やったの~」(いいなりかい)
私は和式を想像したが洋式だった。
「でも雑な作りだった.先生ならもっと完璧にするでしょう?」
きっとやるよ、◯◯ちとかくっつけてね。
極めつけは,私の好きな合コンの話(合コンが好きではなくて、話を聞くのが好き)
「私はドキドキしてダメなんです。」
「へ~そうは見えないけどね。」
「だって好きになられちゃ困るでしょう」
(ダッテスキニナラレチャコマルデショウ)私は頭の中で繰り返した。
確かにそう言ったよな~あっ笑う所だ。でも顔はマジだ。
璃房に通う生徒は,免疫ができている娘も含めなぜにこんなに自分に自信があるのだろう。
君らの話はさんまの話より面白いよ。
そして今日入会した生徒、いきなり斉藤君(虫)に気が付いた。
「何ですかこれ」
「斉藤君って言うんだ」
「斉藤君ですか、下の名前はないんですか?」
「ないよ,つけてもいいよ」
「じゃあ、うめたろう」(センスね~)
君はには璃房でやっていける可能性を感じる。


テレビ!

実家でテレビを見た。
銭ゲバは2回連続で見れなかった。スターウォーズの方を見た、いいね~ヨーダの動き。
その後の、恋のから騒ぎ。『食事のお支払いは気付かぬうちに済ませて欲しい』
また私につっこめと・・・
私だって女性と2人で食事をした時、トイレの間に会計を済ませることもあるが、(ごく稀に)その時の気持ちを割合で言ったら。
イイカッコしたい!             60%
それぐらい出来ないの?と思われたくない。  30%
ただ何となく。                5%
思いやり。                  4%
その他.(これもないとね)          1%
正直こんな所だろう。(私だけかもしれないが)
支払ったことなど、すぐ後で分かるのだから確信犯だ。
最近、この手の話題に批判的だよね~本当はどうでもいいけど・・・
そんなことより『おくりびと』のアカデミー賞。おめでとう!って誰に言っていいか分からないけど,今日はずっと気になってました。11月頃、映画を見た生徒からすごくいいと言われて本は読みました。映画もそのとき見ておけばよかった。ほとんどの映画は原作の本の方が良いと思っていたが,今回は映画もいいかもね、モックン似合ってるじゃん。
ネットで見た「ありがとう、ありがとう、ありがとう。」あの監督の挨拶はどうかね。流行っちゃうかも。あれは本番の挨拶とは違うのかな。
監督の両親の声とかラジオから流れてちょっと感動。少し明るい気分になりました。
生徒が作品に使うために磁石を買ってきました。
真面目に頑張った人には幸せをがちっと引き寄せるが,批判的なことばかり言ってると砂鉄が反発するように,周りに人がいなくなるぞ。
そんなことを考えた日でした。


虫の名前

教室の壁に虫がいる。斉藤君と言っている。去年の夏頃から窓の上の壁にくっついている。
斉藤君の前にも加藤君(同種の虫)がいた.2~3年はいただろうか?璃房で作品展をした時に、掃除をしていた後藤さん(虫じゃない)に取られた。
今週、生徒が斉藤君に気付いた。
「あ~こんな所に虫がいる」
「そうだよ、斉藤君って言うんだ」
「名前あるんですね、生きているんですか?」
「生きてるよ、最近、茶色くなってきたけどね」
「へぇ~そうなんだ」
(あれっ、まさか信じてないよね?他の生徒は「やだ~先生ったら」とか言うのに)
「えさ、あげなくて大丈夫ですか?」(えさっ!)
予想外の質問に応用が利かない.いつもなら「こいつね、夜になると動き出し朝には元の位置に戻るんだ~」とか言って笑っているのに。
「えさ、大丈夫かな~」(えさのこと2回言った。純粋なの?・・・それとも天然)
私は、嘘をついたこと謝った方がいいのかな。
本気で生きていると信じているのか分からないまま話は終わってしまった。表情は終始、真顔だった。(読めない・・・)
・・・でも、虫のえさって人間があげるの?


タイムスリップ

義理チョコもらえた。
バレンタインデーの2週間前、早めにくれた娘がいたのでいい機会だと思い、「みんなはチョコくれる気満々だと思うが、いらないからね」と言った。「うざ~イ」とか言われたが、気遣い無用を私風に言うと、こういう言い方になってしまう。
「うざ~イ」って言った娘は、去年産まれた赤ちゃんの顔を包装紙に使ったチョコをくれた。
バレンタインデーの朝にもう期待はしていない感じのブログを書いたが、以外にもらえた。
「バレンタインデーってなんかさ~クリスマスに比べて盛り上がりに欠けるよね~何ていうか、義理って感じで・・・」
チョコをくれた娘を前に何を言っているんだ。
嬉しい気持ちを顔に出すことができず悪いと思ってる。
山梨では中学生の娘さんと作った手作りチョコをもらった。ドキドキしちゃうね!
私も学生時代にタイムスリップ。着地点が見つけられずに現実世界に帰ってきた。
学生時代、手作りチョコなんてもらったことなかったじゃん。
とりあえず、社会に見捨てられてないみたいでよかった。


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (159)
  • 施工例 (99)
  • 教室 (392)
  • 日々のこと (211)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2020年6月 (5)
  • 2020年5月 (12)
  • 2020年4月 (13)
  • 2020年3月 (7)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (4)
  • 2019年12月 (4)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (4)
  • 2019年9月 (2)
  • 2019年8月 (3)
  • 2019年7月 (1)
  • 2019年6月 (6)
  • 2019年5月 (6)
  • 2019年4月 (7)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (6)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (9)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up