• TOP
  •  > 
  • ステンドグラス悪童日記

ステンドグラス悪童日記

不景気とは言うけれど・・・

満月の週末。生徒のベテランさん(OBも2人)と飲み会。

満月で私がオオカミに変わったとしても誰にも気付かれないと思う。
カレッタ汐留にある流行の豚しゃぶ屋へ。
地下鉄から向かうと綺麗なイルミネーションがありました。中心にある円錐形のツリーの下で鐘を鳴らすと、そのカップルは永遠の愛を約束される・・・らしい。

私が見ている時も鐘が鳴っていた。
「カ~ン  カ~~ン カ~ン」
そのもの悲しい音色は別れの予感を感じさせる。
2次会は歩いて銀座のホテルへ、そこの地下には行きつけのワインバーがある。
(嘘、初めてです。1人1本以上が普通な生徒達に連れて行かれるまま。)
そこでは三十路ウインクが振付けしながらさみしい熱帯魚を熱唱。続いてミニスカサンタのピンクレディーと世代も変わらないのか、聞けばどこかの病院の飲み会らしい。

その後はカラオケ、3人になりまたもや両手に花状態。しかし1輪は30分でしおれはじめた。(見てたら許せ)あとはグレイファンの娘のワンマンショー。
「会いたいから~ふーうっ!」
グロッキーな方を逆方向のマンションまで送り届けるとお1人様時間。いやっタクシーの運ちゃんがいた。諭吉の心配な私は7イレブンのATMへ、ついでに缶コーヒーを2本買った。
男ってつらいよね~。
かなり年配に見えた運転手は、最初無口だったがぽつぽつと話し出した。社会の世相のことから、前の仕事のこと、上京した時は米屋で働いていて、当時お米は配給だった。
配給?やっぱりアラウンド70ってところか。こんな遅くまでなんか悪い気がしてきた。
家に着いたら真夜中って言うより朝に近い。
ミニコン(ポ)買えたな~。


熊に注意

今日は埼玉の越生にガラスを買いに出掛けました。
副都心線ができたおかげで行きやすくなった。
帰りは4時過ぎていたので新宿でパチンコでもしようかな~でも工房で片付けたいこともあったし、こういう選択の時は工房に帰ると仕事の連絡とか来るんだよな~て思いながら帰った。
工房で作業していると、本当に見積もりの連絡が来た。
お前の歩く道はこっちの方なんだよ。と教えてくれてるみたいだ。
仕事が決まった訳じゃないが、こんな、あっ!って思えることが正しい方向に進めてくれると思う。
また思い込みかもしれないのだが。

写真は越生のガラス倉庫の近く。こんな所で仕事してるんだ~注意って言われてもね~。
寡黙に働くクールなおじさんが文字と対照的で・・・


金沢の旅

4、5日と金沢に行きました。
4日の朝、東京駅に向かう電乗に換えると周りにはやけに女性が多かった・・・多すぎた。ハッ!と思い左右を見ると全員女だった。1駅で隣に移ったが、女性専用車両と気付いてから次の駅まで時間が長く感じた。
健さん(高倉)のように愁いをおびた表情で日本海を眺めるはずの旅だったのに。
朝、おでこから湯気が出そうな私は温水のようだった。(おんすいではない、ぬくみず)

悲しいイメージの日本海も心なしか笑って見える

山城温泉には3時前に着いた。1人には広すぎる部屋。高台で眺めがいい。
お茶を4~5杯のみながら本を読む時間がとても心地良かった。
用意した本はスカイ・クロラとロリータ。ズームーデイズ(井上荒野)は前の日に読み終えた。105ページぐらいから面白くて一気に読んだ。最初はつまらなかったのに、読み終えると余韻の残る物語だった。
広い風呂に1人だった。部屋は暗くて怖かった。

次の日は、地元の作家さんと待ち合わせ。お勧めの回転寿しで昼食。21世紀美術館のカフェで今日2回目の『両手に花』(人妻の本人達がそう言っていた)状態。
金沢に転勤になった元生徒にも前日にメール。11月に勤続何周年で2週休んだので半休も無理。もう1日いればアテンドしますって。
アテンドってなんだ?
総入れ歯安定剤か。とメールすると。「金沢を堪能してくださいませ」と冷めた感じで返事が来た。
しまった!介護用おむつの方だった。
私の切り返しは人をあまりいい気持ちにさせない。
写真はアットプラットホーム。金沢で今やっている街に点在するアート。
21世紀美術館は、作品も知らずに行ったが、良かった。もっと見たかった。三葉虫の化石もあり見入ってしまった。
帰りは新幹線で3時間遅れた。しかも高崎まで戻って在来線に乗れと言われもどった。ビール2本飲んだら。こんな旅もいいかな~っとちょっとハイになった。
そんな旅でした。


今日のこと。写真5連発

朝ーっ。
久しぶりに東京での日曜日。
知り合いのモザイク作家さんの個展を見に横須賀へ。
朝陽と共に目覚めました。


外苑の銀杏並木は見頃です。

駅に行く前にちょっと寄り道。
9時だというのに観光バスが3台。
今週で散ってしまいそうです。


ガラスの40代

逗子でバスに乗り換え葉山の先、秋谷の久留和海岸へ。
富士山がとても綺麗に見えました。
ギャラリーに行く前に海岸へ、娘さんが2人座って何か探している。
きっとガラス片だ、私も探した。茶は多いけどブルーやグリーンは少ない。紫、ピンクはもっと少なく3つしか拾えませんでした。
前に生徒が話してくれたが、海でガラスを探していると夢中になって1日中探してしまうらしい。分かる気がする。
ギャラリーで作品を見た後、また探しに来てしまった。
浜辺でシーガラスを探している40代がどう見えていたか。


今日、考えたこと。

きっとこんな景色を見たり、物思いに耽ったりすることが物作りに生かされるのだろう。
(作品にもよるが)
私は何年か前に、モザイクも勉強しようと石原新三先生の教室に通いました。
1目見てこの先生なら大丈夫(性格、作品いろんな面で)と思いました。
教室では朗らかなのに、見学者には話しかけるのが下手で、その不器用さがかえって好感が持てました。私も以前は生徒からすごくダメ出しされ、入会させる気がないんじゃないの?って・・でも押し売りみたいにしたくないだけだった。最近は良くなっただろうか?
モザイクは古典的なものから抽象的な物もあります。日本画をやっていたので絵画の基礎知識も。ステンドグラスでも日本画をかなりやった人は味わいある作品を作ると思います。
気がまわらず、作品の写真を撮ってないのでホームページを見てください。教室もしています。
スマイルアート
最近制作に関して思い悩むことも多いのですが見透かされているのでしょうか、工房に戻ってきて先生から届いたメールです。
『私はモザイクが好きで、なんとなくここまで来てしまいました。物を創るという事は厄介で愛しいものですね。何を創ったらよいのかと思い惑う時もありましたが、そんな時は、自作の作品が、微笑んでくれていたようです。』
真剣に物を創って来た人の言葉だからでしょうか、胸にしみました。自分には真剣味が足りないんじゃないか、こんなの作ってもしょうがない、とか、損とか得とか・・・
自分は教室の生徒さんに支えられ恵まれた環境にいると思います。続けて行けるチャンスを生かさないと周りにも悪い。悩みはまだ解決してなくても。
そんなことを考えた今日でした。
行って良かった。


青山通りのツリー

昨日、表参道の作品展を2つ見た後、青山通りのエイベックス前を通るとツリーが飾られていた。
サンタがお面を配っていて、あのお面の目から見る光は星型や♡型に見える。
実は去年たくさんもらって知り合いの親子にあげたらすごく喜ばれた。
欲しかったけど通り過ぎてしまった。
今の季節は好きである。いい思い出がある訳でもなく今年は良くなる予感もないが、冷気とイルミネーションが悲しげ(そう思うのは私だけ)でいい。
この季節は1人で仕事をしている時に流れるクリスマスソングを聞くのが好きだ。
ピーコックで買い物した後、遠回りだが引き返してサンタにお面をもらった。
覗くとハート型だった。ちらっと見て、すこしにんまりして、すぐに買い物袋にしまった。


サイン

私が工房を始めたきっかけ、みたいなことです。
写真は原宿団地からみた工房の入ってるビル(中央の車の裏)
原宿団地は来年取壊し、19階建てのビルになるそうです。
私が工房を設立したのは28歳の時、今から13年以上前のことです。
10年間修行して山梨に帰るつもりでした。3年半の経験しかなかったので、早すぎると思われていました。
当時のことを簡単に言うと。アートスクールに2年間行った後、大手の工房に1年半いました。
1人で制作したいと思い、奥多摩の山梨県側にある廃校をお借りする許可を役場でいただきましたが、すごく迷って『もう少し東京でがんばろう』と思い直した頃でした。
工房を始める『サイン』みたいに感じたのはその頃のことです。
1995年3月。池袋の東武美術館に絵を見に行きました。なぜか迷ってセゾン美術館につきました。そこでは安井賞展をしていて、大賞受賞していたのが同郷のわたなべゆうさんでした。私はその絵をとても良く感じました。
それから2ヶ月程して、実家で地方新聞を読んでいると、わたなべゆうさんの個展を東京の豪徳寺でやることを知りました。絵を見に行くと、他にも客はいたのにオーナーは私にだけお茶をいれてくれ、床の段差に座って話をしました。作品展をする場所を探していた私に、神宮前のギャラリーを紹介してくれました。「外苑前っていう駅は知っているか?」外苑前?出不精の私は聞いたこともありませんでした。
外苑前で降りると。あれ~なんか感じのいい街、静かで、雰囲気が良くて、センスいい。そこが青山であることも知らずにギャラリーを探していました。
こんな所で工房が出来たら・・部屋借りるといくらだろう?帰りに本屋に行き、50平米15万が目に留まりました。そんなに高くない。他にも4~5件チェックして後日探しました。
本命の部屋は最後に行きました。この角を曲がるとあるはず、そう思って先の方を見ると白い3階建て、蔦が絡まる趣のいい建物がありました。あそこだったらいいな~と思いながら近づいていくと、だんだんきっとここに違いない、と思えてきました。ビル名を見た時ちょっと興奮しました。(今では蔦はありません)
それからの行動は早く、室内を見て、父に借金(意外な程すんなりOK)。物件は先に予約が入ってましたが迷っているとのこと。そんな時は神頼み『神様一生のお願いです、私に譲ってください』(ウソっぽいけど本当のことです)神様一生のお願い、は過去5回ぐらい(一生が多すぎ)しているがいつもかなえてくれる。
母に後から言われたが「白い蔦が絡まる建物は予感みたいにイメージしていたものだ」と私が言っていたらしい。
それからその部屋は私に決まった。
すばやい決断力だった。(だが一般的に決断力とは、晩飯を何処にする?とか素早く決めた方が評価される・・・気がする。)
さて、決断させたことだが。見覚えのある顔が頭の中で一致したように。道に迷ってわたなべゆうさんの絵を見た時から、新聞、豪徳寺、白い3階建てが頭の中で1っ本の線でつながっていくように感じたからです。直感でも思い込みでも何でもいいが、はっきりとしたGOサインが自分の中で出ていました。迷いはなかったです。
それがサインのお話です。工房の運営の仕方なんて何も知らないまま始まりました。
わたなべゆうさんの絵を買ったとき、豪徳寺のギャラリーのオーナーは亡くなったことを聞きました。
次はその頃の苦労話。ではなく、よくみた夢の話もまとめてかきます。


プロフィール

璃房ステンドグラス代表 五味理

五味理

ステンドグラス制作や教室のこと、日々のこと

>>詳しいプロフィール<<


ブログ内検索



カテゴリー

  • 制作について (161)
  • 施工例 (102)
  • 教室 (402)
  • 日々のこと (214)
  • 未分類 (94)


  • にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
    にほんブログ村

    月間アーカイブ

  • 2020年11月 (7)
  • 2020年10月 (3)
  • 2020年9月 (2)
  • 2020年8月 (5)
  • 2020年6月 (5)
  • 2020年5月 (12)
  • 2020年4月 (13)
  • 2020年3月 (7)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (4)
  • 2019年12月 (4)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (4)
  • 2019年9月 (2)
  • 2019年8月 (3)
  • 2019年7月 (1)
  • 2019年6月 (6)
  • 2019年5月 (6)
  • 2019年4月 (7)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (6)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (9)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (11)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (12)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (9)
  • 2017年5月 (10)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (12)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (10)
  • 2016年8月 (9)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (9)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (6)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (5)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (7)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (2)
  • 2014年9月 (5)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (7)
  • 2014年2月 (5)
  • 2014年1月 (3)
  • 2013年12月 (6)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (3)
  • 2013年9月 (7)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (3)
  • 2013年6月 (11)
  • 2013年5月 (4)
  • 2013年4月 (2)
  • 2013年3月 (6)
  • 2013年2月 (4)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年9月 (5)
  • 2012年8月 (5)
  • 2012年7月 (3)
  • 2012年6月 (2)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (4)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (5)
  • 2012年1月 (2)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (7)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (3)
  • 2011年7月 (4)
  • 2011年6月 (4)
  • 2011年5月 (6)
  • 2011年4月 (6)
  • 2011年3月 (3)
  • 2011年2月 (7)
  • 2011年1月 (4)
  • 2010年12月 (7)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年9月 (6)
  • 2010年8月 (7)
  • 2010年7月 (6)
  • 2010年6月 (7)
  • 2010年5月 (5)
  • 2010年4月 (8)
  • 2010年3月 (9)
  • 2010年2月 (9)
  • 2010年1月 (10)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (5)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年9月 (10)
  • 2009年8月 (9)
  • 2009年7月 (13)
  • 2009年6月 (11)
  • 2009年5月 (13)
  • 2009年4月 (10)
  • 2009年3月 (12)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (11)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (16)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年9月 (9)
  • 2008年8月 (14)
  • 2008年7月 (11)
  • 2008年6月 (13)
  • 2008年5月 (6)
  • 2008年4月 (7)
  • 2008年3月 (9)
  • 2008年2月 (9)
  • 2008年1月 (5)
  • page top

    Scroll Up